人生にゲームをプラスするメディア

アインシュタインやニュートンなどの偉人たちによる格闘ゲーム『Science Combat』が開発中

ゲームビジネス 開発

Behanceより
  • Behanceより
  • Behanceより
  • Behanceより
  • Behanceより
  • Behanceより
さまざまな偉人を格闘ゲームの形式でドット絵にした『Science Combat』が話題になっています。

『Science Combat』は、ブラジルの雑誌「Superinteressante」により開発されているゲームです。今回は、本作のゲームデザインやアート、そしてアニメーションを担当しているDiego Sanches氏が、Behanceなどでこの作品に使われているドット絵のアニメーションを公開しています。



登場するキャラクターは、「ダーウィン」「アインシュタイン」「スティーヴン・ホーキング」「キュリー夫人」「ニュートン」「ピタゴラス」「ニコラ・テスラ」など、誰でも知っているであろうあの偉人たち。彼らはそれぞれの業績に関連した“必殺技”を繰り出し、戦いを繰り広げるようです。


ダーウィンは「進化」という技で進化論を表現し、アインシュタインは「E=mc2」という飛び道具で相手を攻撃、そしてキュリー夫人には「ポロニウム」「ラジウム」といった元素の技が用意されています。また、ラスボスとなる神のドット絵も公開されており、「ガネーシャ」や「トール」といった科学者たちに負けない迫力の必殺技を見ることができます。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『Science Combat』のリリース時期・対応ハードなどは未定です。
《すしし》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【e-Sportsの裏側】「放送」×「ゲーム」はまだまだ伸びる―韓国ゲーム専門チャンネル放送会社のCEOが語る日本e-Sports市場のこれからとは

    【e-Sportsの裏側】「放送」×「ゲーム」はまだまだ伸びる―韓国ゲーム専門チャンネル放送会社のCEOが語る日本e-Sports市場のこれからとは

  2. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  3. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

    『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  4. 日本のデジタルマーケティングカンパニーアイモバイル社が見据える海外戦略とは?-海外事業部担当者インタビュー

  5. 【e-Sportsの裏側】韓国トップランナーが説く、Eスポーツビジネス論―「市場は選手が作る」

  6. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  7. ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

  8. 日本の新規IPを海外へ ― KADOKAWAとフロム・ソフトウェアが切り開く未来とは

  9. 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?

  10. 劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案

アクセスランキングをもっと見る