人生にゲームをプラスするメディア

マイクロソフトのARデバイス「HoloLens」開発機版が予約開始、ゲーム3本を収録

ゲームビジネス VR

 
  •  
  •  
Microsoftは、新型ARヘッドマウントディスプレイ「HoloLens」開発者向けエディションの予約受付を、米国/カナダで開始しました。

その価格は3,000ドル(約33万円)。今回は開発プログラムへの招待を受けたデベロッパーを対象としたリリースであるとのこと。出荷時期は3月30日を予定しています。

この開発者向けエディションには「HoloStudio」や「Skype」、「Holo Tour」と言った専用アプリケーションに加えて、『Fragments』『Young Conker』『RoboRaid』の3本のゲームも同梱されているとのこと。配信アプリケーションの詳細はこちら。なお、一般消費者向けの販売については明かされていないものの、予約注文までの流れはこちらのページからチェックできます。

《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート  サイバー感溢れる映像が360度で展開

    「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート サイバー感溢れる映像が360度で展開

  2. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

    【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  3. 【CEDEC 2010】プラットフォームホルダーの品質管理とは?

    【CEDEC 2010】プラットフォームホルダーの品質管理とは?

  4. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  5. 【GTMF 2009】Flashで優れたUIを設計する・・・Scaleform GFx

  6. 稲船氏によるゲーム企画体験会&comceptインターンシップ選考会がヒューマンアカデミー校で実施

  7. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  8. スクエニ、執行役員制度を復活 ― 『ドラクエX』齋藤氏や『FFXIV』吉田氏も役員に名を連ねる

  9. 任天堂との決裂、イノベーションでなし得た初代プレイステーション立ち上げ秘話(1)

  10. HTC、SIE、バンナムなどVR先進企業が業界を語る―「VRサミット in 秋葉原」3月25日開催

アクセスランキングをもっと見る