人生にゲームをプラスするメディア

バーチャル美術館「IJC MUSEUM」オープン、草間彌生・天明屋尚などの作品がブラウザ上で楽しめる

その他 全般

バーチャル美術館「IJC MUSEUM」オープン、草間彌生・天明屋尚などの作品がブラウザ上で楽しめる
  • バーチャル美術館「IJC MUSEUM」オープン、草間彌生・天明屋尚などの作品がブラウザ上で楽しめる
  • バーチャル美術館「IJC MUSEUM」オープン、草間彌生・天明屋尚などの作品がブラウザ上で楽しめる
  • バーチャル美術館「IJC MUSEUM」オープン、草間彌生・天明屋尚などの作品がブラウザ上で楽しめる
  • バーチャル美術館「IJC MUSEUM」オープン、草間彌生・天明屋尚などの作品がブラウザ上で楽しめる
  • バーチャル美術館「IJC MUSEUM」オープン、草間彌生・天明屋尚などの作品がブラウザ上で楽しめる
  • バーチャル美術館「IJC MUSEUM」オープン、草間彌生・天明屋尚などの作品がブラウザ上で楽しめる
  • バーチャル美術館「IJC MUSEUM」オープン、草間彌生・天明屋尚などの作品がブラウザ上で楽しめる
  • バーチャル美術館「IJC MUSEUM」オープン、草間彌生・天明屋尚などの作品がブラウザ上で楽しめる
全日本空輸は、バーチャル美術館プロジェクト「IJC MUSEUM」を公開しています。

「IJC MUSEUM」は、訪日外国人向けのプロモーションメディア「IS JAPAN COOL?」の一環として実施されるプロジェクト。訪日外国人向けに、日本のアートの魅力を伝えるためのプロジェクトとして立ち上げられました。


コンセプトは「雲の上の美術館」となっており、実際に建築家の監修の元に設計された展示空間を、360°のパノラマ視点で見渡すことができます。作品は、最新鋭の機器により3Dスキャンされたデータとして、あるいは超高精細な画像データとして、実際に近づいて見る以上に細部まで拡大して鑑賞できます。


今回このプロジェクトに参加するアーティストは、総勢7組。日本初の展示となる大規模な立体作品や、再制作は困難とされる幻のインスタレーション作品など、一堂に集まることが稀なシリーズ作品が含まれています。

●出典アーティスト(敬称略)
・草間彌生
・天明屋尚
・Nerhol
・束芋
・小畑多丘
・名和晃平
・池田学

■PV

《すしし》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

    【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  2. 【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

    【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

  3. 【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

    【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

  4. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』新ステージ公開、絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AI、『FGO』新章「亜種特異点I」は2月24日19時から…など(2/22)

  5. 「TGS2017」は9月21日~24日開催に、VR/AR・e-Sports・動画配信などの要素を強化

  6. 【特集】『ゲームの名シーン・感動編』5選―鮮烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  7. 【特集】ゲーム業界の重鎮が夜な夜な集う“住所非公開”の会員制飲食店「84」へ潜入、そこはまさに聖地だった

  8. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

  9. 【レポート】現実世界で戦うARロボット「メカモン」登場 ― カスタマイズや対戦も可能で、大会もサポート予定

  10. 人類、おっぱいの誘惑に敗北か!? パイタッチは800万回を超え、D3P新作発表は100日以上先に…アクセス過多で接続も困難

アクセスランキングをもっと見る