人生にゲームをプラスするメディア

「アニメ化してほしいマンガ」アンケート、未完結部門1位に「ダンジョン飯」

その他 漫画

「アニメ化してほしいマンガ」アンケート、未完結部門1位に「ダンジョン飯」
  • 「アニメ化してほしいマンガ」アンケート、未完結部門1位に「ダンジョン飯」
アニメ!アニメ!では、2016年2月20日から2月24日までの期間「アニメ化してほしいマンガ」の読者アンケートを行った。「アニメ化してほしいマンガ」アンケートは今回が2回目、前回2015年のランキングでは10位内の作品のうち、その後5作品のアニメ化、もしくはアニメ化が決定している。

選択肢には、事前にツイッターで意見を募集、さらに話題のマンガなどから完結作品編、未完結作品編をそれぞれ約30作品を挙げた。投票者は、ここから3つまで回答するかたちとした。
約1年ぶりとなるアンケートだが、前回の投票者1800名から大幅に増え5072名から回答をいただいた。回答者は男女ほぼ半々で、20代前半が最も多かった。今回は、このうち現在も連載が続く、未完結作品の10位までを発表する。

■ 1位は話題の「ダンジョン飯」

1位には講談社の新鋭マンガ誌「ハルタ」で連載している九井諒子の『ダンジョン飯』だった。まだ2巻までしか発売していないが、様々なマンガのアワードでも注目を集める作品だ。男性からの支持は1位、女性からも5位と高い。
2位には前回3位だった「月刊コミック電撃大王」(KADOKAWA)で連載している『よつばと』がランクイン。引き続きアニメ化の要望が高い。
3位には「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載している『斉木楠雄のψ難』。男性と女性のいずれかも人気だ。

4位は「月刊コミックガーデン」(マッグガーデン)で連載している『魔法使いの嫁』。3月10日にドラマCDがセットになった第5巻が発売予定で、アニメ化の期待も高い作品だ。5位は「週刊少年ジャンプ」で連載している『背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~』が続いた。
その他の回答欄には1200以上の回答があったが、10位以内に入るものはなかった。しかし、自由回答では『ぐらんぶる』、『ホリミヤ』、『左門くんはサモナー』や『ヒビキのマホウ』、『ULTRAMAN』などが目立った。
5位以内に「週刊少年ジャンプ」の連載作品が2つ入り、その人気の高さを示している。前回もトップ10入りした『俺様ティーチャー』は7位となった。

[アニメ化してほしいマンガ・未完結作品編]

1位 「ダンジョン飯」  九井諒子
2位 「よつばと」  あずまきよひこ
3位 「斉木楠雄のψ難」  麻生周一
4位 「魔法使いの嫁」  ヤマザキコレ
5位 「背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~」  横田卓馬
6位 「ニーチェ先生」  原作/松駒 作画/ハシモト
7位 「俺様ティーチャー」  椿いづみ
8位 「宝石の国」  市川春子
9位 「この音とまれ!」  アミュー
10位 「ゴールデンカムイ」  野田サトル

(回答期間:2016年2月20日(土)~2016年2月24日(水))

前年度結果:「アニメ化してほしいマンガ作品」ランキング 未完結作品は3位「よつばと」2位「ワンパンマン」1位は…

「アニメ化してほしいマンガ」アンケート 未完結部門1位に「ダンジョン飯」

《animeanime》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

その他 アクセスランキング

  1. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

    このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

  2. 人類、おっぱいの誘惑に敗北か!? パイタッチは800万回を超え、D3P新作発表は100日以上先に…アクセス過多で接続も困難

    人類、おっぱいの誘惑に敗北か!? パイタッチは800万回を超え、D3P新作発表は100日以上先に…アクセス過多で接続も困難

  3. figma「Fate/GO セイバー・リリィ第三再臨ver.」が2017年7月に一般販売決定!

    figma「Fate/GO セイバー・リリィ第三再臨ver.」が2017年7月に一般販売決定!

  4. 【特集】ゲーム業界の重鎮が夜な夜な集う“住所非公開”の会員制飲食店「84」へ潜入、そこはまさに聖地だった

  5. 書籍「幻の未発売ゲームを追え!」3月25日発売…ファミコンソフト『オフザーケン』などの関係者にも迫る

  6. 「figma 雪ミク Twinkle Snow ver.」2017年7月に一般販売―各ストアで予約受付開始

  7. 【週刊インサイド】『ポケモンGO』アップデート情報など新情報相次ぐ…『金・銀』ポケモン登場や新たな展開に関心集まる

  8. 破壊された“200体の人形”が伝える『ニーア オートマタ』の世界観とは…ヨコオタロウ氏原案のMVをお披露目

  9. 【インタビュー】『バイオハザード7』の恐怖を支えた新技術が凄い ― 写真から3Dモデルを生成、各キャラには実在モデルが居た

  10. 青森シネマディクト、手配違いで「この世界の片隅に」最終完成前バージョンを上映…返金対応など発表するも、SNS上では「むしろ羨ましい」の声も

アクセスランキングをもっと見る