人生にゲームをプラスするメディア

「ゼロ魔」「このすば」「オーバーロード」などの“二次創作”が解禁!KADOKAWAの小説サイト「カクヨム」正式稼動に伴い

その他 全般

「ゼロ魔」「このすば」「オーバーロード」などの“二次創作”が解禁!KADOKAWAの小説サイト「カクヨム」正式稼動に伴い
  • 「ゼロ魔」「このすば」「オーバーロード」などの“二次創作”が解禁!KADOKAWAの小説サイト「カクヨム」正式稼動に伴い
  • 「ゼロ魔」「このすば」「オーバーロード」などの“二次創作”が解禁!KADOKAWAの小説サイト「カクヨム」正式稼動に伴い
  • 「ゼロ魔」「このすば」「オーバーロード」などの“二次創作”が解禁!KADOKAWAの小説サイト「カクヨム」正式稼動に伴い
  • 「ゼロ魔」「このすば」「オーバーロード」などの“二次創作”が解禁!KADOKAWAの小説サイト「カクヨム」正式稼動に伴い
  • 「ゼロ魔」「このすば」「オーバーロード」などの“二次創作”が解禁!KADOKAWAの小説サイト「カクヨム」正式稼動に伴い
  • 「ゼロ魔」「このすば」「オーバーロード」などの“二次創作”が解禁!KADOKAWAの小説サイト「カクヨム」正式稼動に伴い
  • 「ゼロ魔」「このすば」「オーバーロード」などの“二次創作”が解禁!KADOKAWAの小説サイト「カクヨム」正式稼動に伴い
KADOKAWAとはてなが共同で開発する新たなWeb小説サイト「カクヨム」(https://kakuyomu.jp)が、2月29日に正式オープンを迎えました。。

誰でも自由なスタイルで物語を書ける、読める、お気に入りの物語を他の人に伝えられる、という3つのポイントに特化した、新たな場所の創出を目指す「カクヨム」。この小説投稿サイトの大きな特徴のひとつとして、対象となっている商業作品に関しては、同サイト内での二次創作の投稿が解禁されています。


当初の発表だけでも、「オーバーロード」「ココロコネクト」「涼宮ハルヒの憂鬱」「バカとテストと召喚獣」「フルメタル・パニック!」「問題児たちが異世界から来るそうですよ?」「闇の皇太子」「幼女戦記」「ログ・ホライズン」など、多彩な人気作品がラインナップに上がっており、話題を集めていました。

その後も対象タイトルが続々と明らかになっており、「犬とハサミは使いよう」「この素晴らしい世界に祝福を!」「石膏ボーイズ」「ゼロの使い魔」なども加わっています。またゲーム方面では、先日発売されたばかりの『勇者死す。』も対象となっています。

第1回カクヨムWeb小説コンテストの読者選考も開始されているので、興味が湧いた方は「カクヨム」を直接チェックしてみてはいかがでしょうか。また正式オープンを記念して、人気イラストレーター「しのとうこ」氏、「so-bin」氏による描き下ろしイラストを使用した壁紙も配布中なので、そちらもお見逃しなく。






(C) カクヨム
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. イタリア美女による『FF7』ティファのセクシーコスプレショット!

    イタリア美女による『FF7』ティファのセクシーコスプレショット!

  2. 「ガールズ&パンツァー 最終章」の制作決定!

    「ガールズ&パンツァー 最終章」の制作決定!

  3. 【レポート】PS4版も発売決定!『モンスターハンター フロンティアZ』メディア先行イベントで「極まる」新要素を体験

    【レポート】PS4版も発売決定!『モンスターハンター フロンティアZ』メディア先行イベントで「極まる」新要素を体験

  4. リオ五輪閉会式「安倍マリオ」は海外ゲーマーからも大好評…「総理がマリオになるとかマジでヤバい」

  5. 【アニサマ2016】2日目のトリを飾ったのははLiSA…シークレットゲストでGirls Dead Monstarの復活も

  6. 【総力特集】『可愛い洋ゲー女子に萌えー!』10選

  7. 【週刊インサイド】リオ五輪閉会式「安倍マリオ」が国内外で注目集める…『ポケモンGO』関連も引き続き話題に

  8. 名前の書かれた“ゲームカセット”の持ち主を探すサイト「名前入りカセット博物館」とは

  9. 東映×ガストによる完全オリジナル企画始動!キャスト出演の無料試写会も決定

  10. 【アニサマ2016】デーモン小暮閣下からシンデレラガールズまで!ALTIMAからは活動休止も

アクセスランキングをもっと見る

page top