最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
実在した精神病院が舞台の新作スリラー『The Town of Light』配信開始

実在した精神病院が舞台の新作スリラー『The Town of Light』配信開始

2016年2月29日(月) 14時14分
  •  の画像
     
  •  の画像
     
  •  の画像
     
  •  の画像
     
  •  の画像
     
  •  の画像
     

イタリアのデベロッパーLKA.itが手がける一人称視点のサイコロジカルスリラー新作、『The Town of Light』のPC版がSteamにて配信開始となりました。不気味な雰囲気で心をざわつかせる最新トレイラーも公開されています。

本作はかつてイタリアに実在した精神病院を舞台にしています。同院は一時6,000人近い患者が入院していましたが、電気ショックや患者の拘束など、残酷な“治療”が問題となり1978年に閉鎖。当時は「一度入ると出られない場所」とされていました。ゲームでは記憶を失い精神疾患に苦しむ16歳の少女、Reneeの目を通して院内を探索し、彼女自身の過去を追い求めます。



■主な特徴
・リアリスティックな3Dグラフィックス
・事実や現実の出来事がベース
・強いストーリー要素
・ゾンビや超自然的な存在はいない
・オリジナル・サウンドトラック

『The Town of Light』の価格は通常1,880円。3月5日までは11%オフの1,673円です。なお、本作はXbox One版の開発も進められています。

記事提供元: Game*Spark

(Article written by Game*Spark)

ソーシャル・オンラインゲームアクセスランキング