人生にゲームをプラスするメディア

「ここさけ」「バケモノの子」「楽園追放」「ラブライブ!」などアニメ オブ ザ イヤーのノミネート作品決定

その他 アニメ

(C)TAAFEC.All Rights Reserved.
  • (C)TAAFEC.All Rights Reserved.
2016年3月18日から3月21日まで、東京アニメアワードフェスティバル 2016が開催される。フェスティバルのメインイベントになっているのが、コンペティションや功労賞、そしてアニメ オブ ザ イヤーといった各賞である。
アニメ オブ ザ イヤーは、2014年11月1日から2015年10月31日までの1年間を対象に日本国内で製作、放送、公開されたアニメを対象に、優れた作品を顕彰する。そのノミネート作品がこのほど発表された。

劇場映画部門、テレビ部門で各4作品が候補作に挙げられた。劇場映画部門は、水島精二監督『楽園追放-Expelled from Paradise-』、長井龍雪監督の『心が叫びたがってるんだ。』、細田守監督の『バケモノの子』、京極尚彦監督の『ラブライブ!The School Idol Movie』である。いずれも大ヒットを記録し、話題となったタイトルだ。
テレビ部門では、2014年10月から2015年3月まで放送された『四月は君の嘘』(イシグロキョウヘイ監督)、『SHIROBAKO』(水島努監督)、2015年10月から放送された『ワンパンマン』(夏目真悟監督)、『おそ松さん』(藤田陽一監督)。こちらも話題の4作品である。

アニメ オブ ザ イヤーは、今回ノミネートに挙がった作品は、100名を超えるアニメ関係者の投票で全489作品の中から選ばれた。
2015年は、劇場映画部門は『アナと雪の女王』、テレビアニメーション部門は『ピンポン THE ANIMATION』がグランプリを受賞している。2016年は、このなかからどの作品が選ばれるのか注目される。3月21日に開催される授賞式で、各賞が発表される。

[アニメ オブ ザ イヤー]

■ 劇場映画部門 候補作品
「心が叫びたがってるんだ。」
「バケモノの子」
「「バケモノの子」-Expelled from Paradise-」
「ラブライブ!The School Idol Movie」

■ テレビ部門 候補作品
「おそ松さん」
「四月は君の嘘」
「SHIROBAKO」
「ワンパンマン」

「東京アニメアワードフェスティバル 2016」
開催日程: 2016年3月18日(金)~21日(月・祝)
会場: TOHOシネマズ日本橋
《animeanime》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

その他 アクセスランキング

  1. マイニンテンドーストアのNintendo Switchカスタマイズ本体、発売日発送分の予約受付終了

    マイニンテンドーストアのNintendo Switchカスタマイズ本体、発売日発送分の予約受付終了

  2. 【昨日のまとめ】「マイニンテンドーストア」オープンするもアクセス困難に、『バイオハザード』シリーズの軌跡を振り返り、『DARK SOULS III』DLC第2弾が3月28日配信…など(1/23)

    【昨日のまとめ】「マイニンテンドーストア」オープンするもアクセス困難に、『バイオハザード』シリーズの軌跡を振り返り、『DARK SOULS III』DLC第2弾が3月28日配信…など(1/23)

  3. 【レポート】『大逆転裁判2』の最新情報も!ファンが大いに沸いた「逆転裁判 15周年 特別法廷」

    【レポート】『大逆転裁判2』の最新情報も!ファンが大いに沸いた「逆転裁判 15周年 特別法廷」

  4. TVアニメ「フレームアームズ・ガール」2017年4月より放送スタート! 最新PVで勇姿を披露

  5. 【週刊インサイド】多くの読者がニンテンドースイッチの予約に注目! 『Year Of The Ladybug』開発中止も大きな話題に

  6. 【昨日のまとめ】ニンテンドースイッチ予約開始、『ゼルダの伝説 BoW』は任天堂最後のWii Uタイトル、PSVR『Fate/Grand Order VR feat.マシュ・キリエライト』発表…など(1/21)

  7. 【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

  8. 【クイズ】GAMEMANIA!:ゲームのキャッチコピー特集 ― 『ワンダと巨像』と『MOTHER3』のキャッチコピーに共通するワードは?

  9. 『逆転裁判』15周年を記念するイベント&展開が続々と! コンサート開催に、『モンハン エクスプロア』や『NAVITIME』とのコラボも

  10. 【特集】ゲームブックはオワコンなのか ― 「ドルアーガの塔」を電子書籍化した幻想迷宮書店が語る今と未来

アクセスランキングをもっと見る