人生にゲームをプラスするメディア

映画「デスノート2016」新ビジュアルに竜崎が登場

その他 映画

(C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
  • (C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
2016年秋に公開を予定映画『デスノート 2016』が日本だけでなく、早くも海外で注目されている。2月11日から21日まで第66回ベルリン国際映画祭が開催され、併設の国際映画見本市European Film Marketで本作が大きく紹介された。
会場に設けられた本作のブースにてスペシャルムービーが公開。さらに会期中、会場で配られた映画専門誌「SCREEN Daily」の表紙を『デスノート 2016』の新画像が飾り、作品を強く印象づけた。

ブースでスペシャルムービーを目にしたバイヤーには「すぐに本編が見たい」と声を上げ、何度もブースに足を運ぶバイヤーが続出したという。
また「SCREEN Dairy」の表紙は、池松壮亮演じる竜崎がひょっとこのお面を被り、トイレのようなものへ腰を掛けている。一見留置所のような場所で、肌と髪の色だけに色味があるという特徴的なビジュアルだ。
映画『デスノート』でも、松山ケンイチ演じるLがひょっとこのお面を被っていたシーンもあり、どのような関係があるのか気になるところだろう。床には「The new saga begins(新たな伝説の始まり)」といったワードが書かれている。

映画『デスノート 2016』は、大場つぐみと小畑健による人気マンガ『デスノート』を原作とする。アニメ、小説、舞台と様々な展開を広げ、2015年にはテレビドラマ化、国内をはじめ127カ国で放映、配信された。いまなおその世界を拡張している。
『デスノート 2016』は、2006年に公開された映画『デスノート』の正当な続編として制作されている。これまでどこにも語られなかったストーリーとなっている。
2016年秋の公開に向け、海外からも大きく注目を集めるなかで、出演者の情報も続々明かされ、今後も動きがありそうだ。引き続き情報を待ちたい。

映画『デスノート 2016』
2016年秋、全国超拡大ロードショー
(C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

映画「デスノート」に竜崎の姿?! ベルリン国際映画祭で注目のビジュアル

《animeanime》

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】とあるPSNユーザーの本名アカウントがBAN、シリーズ25周年で『FF外伝』『2』『LOM』がセール、『FGO』推奨環境外からのプレイが不可能に…など(6/28)

    【昨日のまとめ】とあるPSNユーザーの本名アカウントがBAN、シリーズ25周年で『FF外伝』『2』『LOM』がセール、『FGO』推奨環境外からのプレイが不可能に…など(6/28)

  2. 「ニコニコチャンネル」有料登録者数が50万人突破!上位5チャンネルの平均年間売上額は1億円台

    「ニコニコチャンネル」有料登録者数が50万人突破!上位5チャンネルの平均年間売上額は1億円台

  3. ハリウッド映画版『テトリス』物語はとてつもなく壮大に

    ハリウッド映画版『テトリス』物語はとてつもなく壮大に

  4. 「エヴァンゲリオン」7月2日19時か一挙放送

  5. PS4/XB1で進化した『バイオハザード5』インプレッション、女子が人生で最高にハマったゲームてなに?、英EU離脱で想定される10のシナリオ・・・編集部員も見るべきまとめ(6/28)

  6. 海外ゲーム系コメディ映像集団による『FFVII』新作映像公開!邪魔過ぎるクラウドが大暴れ

  7. 「傷物語〈II 熱血篇〉」8月19日公開!追加キャストに入野自由、大塚芳忠、江原正士

  8. スマホMMO『アヴァベルオンライン』TVアニメ製作中止へ

  9. ゲームのスチールケースを使ったインテリアが話題に

  10. 空間プロジェクション技術を用いた「ゴーストバスターズ」の超感覚アトラクションが愛知県に誕生

アクセスランキングをもっと見る

page top