人生にゲームをプラスするメディア

映画「デスノート2016」新ビジュアルに竜崎が登場

その他 映画

(C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
  • (C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
2016年秋に公開を予定映画『デスノート 2016』が日本だけでなく、早くも海外で注目されている。2月11日から21日まで第66回ベルリン国際映画祭が開催され、併設の国際映画見本市European Film Marketで本作が大きく紹介された。
会場に設けられた本作のブースにてスペシャルムービーが公開。さらに会期中、会場で配られた映画専門誌「SCREEN Daily」の表紙を『デスノート 2016』の新画像が飾り、作品を強く印象づけた。

ブースでスペシャルムービーを目にしたバイヤーには「すぐに本編が見たい」と声を上げ、何度もブースに足を運ぶバイヤーが続出したという。
また「SCREEN Dairy」の表紙は、池松壮亮演じる竜崎がひょっとこのお面を被り、トイレのようなものへ腰を掛けている。一見留置所のような場所で、肌と髪の色だけに色味があるという特徴的なビジュアルだ。
映画『デスノート』でも、松山ケンイチ演じるLがひょっとこのお面を被っていたシーンもあり、どのような関係があるのか気になるところだろう。床には「The new saga begins(新たな伝説の始まり)」といったワードが書かれている。

映画『デスノート 2016』は、大場つぐみと小畑健による人気マンガ『デスノート』を原作とする。アニメ、小説、舞台と様々な展開を広げ、2015年にはテレビドラマ化、国内をはじめ127カ国で放映、配信された。いまなおその世界を拡張している。
『デスノート 2016』は、2006年に公開された映画『デスノート』の正当な続編として制作されている。これまでどこにも語られなかったストーリーとなっている。
2016年秋の公開に向け、海外からも大きく注目を集めるなかで、出演者の情報も続々明かされ、今後も動きがありそうだ。引き続き情報を待ちたい。

映画『デスノート 2016』
2016年秋、全国超拡大ロードショー
(C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

映画「デスノート」に竜崎の姿?! ベルリン国際映画祭で注目のビジュアル

《animeanime》

その他 アクセスランキング

  1. 登場から26年…初代『ストリートファイターII』の新コンボが発見!

    登場から26年…初代『ストリートファイターII』の新コンボが発見!

  2. 『ニーア オートマタ』コラボカフェ第2期が決定!―展示の2Bドールにも大反響

    『ニーア オートマタ』コラボカフェ第2期が決定!―展示の2Bドールにも大反響

  3. 劇場版「ソードアート・オンライン」×「神田祭」コラボアイテムがAJ2017で先行販売決定

    劇場版「ソードアート・オンライン」×「神田祭」コラボアイテムがAJ2017で先行販売決定

  4. ファン制作『マインクラフト』未来版の映像がスゴすぎる…―現実とゲームが融合!

  5. アタリアーケード名作の隠し要素、40年越しに見つかる

  6. なんと「信号機」が超リアルにカプセルトイ化…!本物の図面を参考に作られ、すべて点灯する本格仕様

  7. 噂: 『Call of Duty WWII』のイメージが多数出現―第二次世界大戦が舞台か

  8. 【昨日のまとめ】「信号機」が超リアルにカプセルトイ化、『マリオカート8 デラックス』一新されたバトル5種の映像公開、『ゼルダの伝説 BotW』のカプセルトイ登場…など(3/24)

  9. 【日々気まぐレポ】第191回 ギャラルホルンの象徴「HG ガンダムバエル」を神々しく組み立ててみた

  10. 「けものフレンズ」最終回に備える、一挙振り返り放送を実施─ニコニコ生放送にて3月25日に

アクセスランキングをもっと見る