人生にゲームをプラスするメディア

ラグビーアニメ「ALL OUT!!」2016年秋より放送、トムス×MADHOUSEがスクラム

その他 アニメ

ラグビーアニメ「ALL OUT!!」2016年秋より放送 トムス×MADHOUSEがスクラム!
  • ラグビーアニメ「ALL OUT!!」2016年秋より放送 トムス×MADHOUSEがスクラム!
  • ラグビーアニメ「ALL OUT!!」2016年秋より放送 トムス×MADHOUSEがスクラム!
  • ラグビーアニメ「ALL OUT!!」2016年秋より放送 トムス×MADHOUSEがスクラム!
  • ラグビーアニメ「ALL OUT!!」2016年秋より放送 トムス×MADHOUSEがスクラム!
  • ラグビーアニメ「ALL OUT!!」2016年秋より放送 トムス×MADHOUSEがスクラム!
「月刊モーニング・ツー」(講談社)にて連載中、現在単行本は第7巻まで刊行されている高校ラグビーマンガ『ALL OUT!!』。すでにアニメ化も決定している本作だが、今回は制作スタジオや放送時期、ティザービジュアルが公開された。
まず放送時期は、2016年秋からに決定。ティザービジュアルでは、本作のメインキャラクターである祇園健次、石清水澄明、赤山濯也、八王子睦の面々が映しだされている。

キャラクタービジュアルに加えて、キャストはそれぞれ千葉翔也、安達勇人、細谷佳正、逢坂良太が担当することも明らかにされた。
千葉は「作品の熱さを皆さんに伝えられるように、一生懸命頑張りたいと思います」と意気込みを語れば、細谷は「学生時代にしか味わえない、今の僕からすると羨ましいとも思える、特別な“悔しさ”や“喜び”という感情を、丁寧に視聴者の皆様に伝えていければと思います」と、作品に対する情熱の高さをコメントで残している。

そしてアニメーション制作を担当するのは、トムス・エンタテインメントとMADHOUSEが手掛ける。『巨人の星』など多くのスポコン作品を作り上げたトムスと、『ダイヤのA』『ワンパンマン』といった作品で知られるMADHOUSEがスクラムを組んだ格好だ。
メインスタッフには、監督として『寄生獣 セイの格率』の清水健一、シリーズ構成・脚本には「Free!」の横谷昌宏が抜擢。同じく脚本として、『黒子のバスケ』を担当した経歴も持つ入江信吾も加わっている。そしてキャラクターデザインを担当するのは、『BLACK LAGOON』『はじめの一歩』『デジモンアドベンチャーtri.』の筱雅律だ。

監督の清水は今回のアニメ化について、「自分が学生時代ラグビーをやっていた事もあり、かねてからの念願であるラグビーアニメへの参加、大変ありがたく思っております。」と語っている。
また、原作の登場人物からほとばしる熱量を、アニメからも見て感じ取れるよう制作していくと意気込みを述べた。
さらに横谷は、祇園や石清水をはじめ、ライバル校のキャラも抱える悩みやコンプレックスを乗り越え、強くなる姿を描かればと話した。

『ALL OUT!!』
(C)雨瀬シオリ・講談社/神高ラグビー部

ラグビーアニメ「ALL OUT!!」2016年秋より放送 トムス×MADHOUSEがスクラム!

《ユマ》

その他 アクセスランキング

  1. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

    【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  2. 【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

    【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

  3. 【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

    【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

  4. 「TGS2017」は9月21日~24日開催に、VR/AR・e-Sports・動画配信などの要素を強化

  5. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

  6. 【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

  7. 【特集】ゲーム業界の重鎮が夜な夜な集う“住所非公開”の会員制飲食店「84」へ潜入、そこはまさに聖地だった

  8. 【レポート】現実世界で戦うARロボット「メカモン」登場 ― カスタマイズや対戦も可能で、大会もサポート予定

  9. 破壊された“200体の人形”が伝える『ニーア オートマタ』の世界観とは…ヨコオタロウ氏原案のMVをお披露目

  10. 【特集】『ゲームの名シーン・感動編』5選―鮮烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

アクセスランキングをもっと見る