最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
劇場版「アクセル・ワールド」7月23日全国24館で公開、TVから4年待望の新作アニメ

劇場版「アクセル・ワールド」7月23日全国24館で公開、TVから4年待望の新作アニメ

2016年2月21日(日) 15時00分
  • (c)2015 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/AWIB Projectの画像
    (c)2015 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/AWIB Project

ヒットメーカーの小説家・川原礫、その代表作のひとつが2009年より電撃文庫にて書き綴られている『アクセル・ワールド』だ。第15回電撃小説大賞・大賞受賞作、そしてシリーズ累計450万部越えのスーパータイトルである。
仮想ネットワークの発達した未来、東京に住むいじめられっ子のハルユキが謎のアプリケーションソフト「ブレイン・バースト」とつながったことで巻き込まれるアドベンチャーと戦いを描く。2012年にはテレビアニメ化され、こちらも大ヒット作になった。

そのアニメ『アクセル・ワールド』が、4年ぶり還ってくることになった。完全新作の劇場アニメが制作され、2016年7月23日に全国劇場公開される。
映画のタイトルは『アクセル・ワールド INFINITE∞BURST(インフィニット・バースト)』、ストーリーは映画のために川原礫が新たに書き下す。いまは誰も知らない『アクセル・ワールド』が、2016年夏に劇場のスクリーンに登場することになる。公開劇場は北は札幌から南は福岡まで全国24館を予定している。
書き下ろしだけに、その内容は現在、謎だ。しかし、テレビをさらに上回るハイクオリティを期待していいだろう。

そして4年ぶりということで気になるのはスタッフだ。しかし、現在発表されている名前は、アニメーション制作のサンライズをはじめテレビシリーズから続投となっており、ファンには安心だ。
監督は小原正和、キャラクターデザイン/アニメーションディレクターに愛敬由紀子、デュエルアバターデザイン/アクション監督に椛島洋介。そして脚本には吉野弘幸に、原作者の川原礫も名前を連ねている。川原が映画に大きく関わることが期待される。
キャストも続投で黒雪姫に三澤紗千香、ハルユキに梶裕貴、チユリに豊崎愛生、タクムに浅沼晋太郎が明らかにされている。この4人の映画出演は間違いなさそうだ。
さらにテーマソングが既に決定している。KOTOKOとALTIMAで「PLASMIC FIRE」を歌う。

映画公開に向けて2月27日(土)からは、早くの劇場前売券の発売が始まる。特典付き劇場前売券第1弾となり、一般券1,500円(税込)、先着で特製クリアファイルが配布される。
特典付き劇場前売り券は今後第2弾の販売も予定とのこと。公開までいろいろな楽しみが待っていそうだ。前売り情報は今後、決定次第、作品公式サイトなどで告知する。

『アクセル・ワールド INFINITE∞BURST』
http://www.accel-world.net/
2016年7月23日(土)
新宿ピカデリー ほか全国24館

[スタッフ]
原作: 川原礫(電撃文庫刊)
原作イラスト: HIMA
監督: 小原正和
脚本: 川原礫 吉野弘幸
キャラクターデザイン/アニメーションディレクター :愛敬由紀子
デュエルアバターデザイン/アクション監督: 椛島洋介
テーマソング: KOTOKO×ALTIMA「PLASMIC FIRE」
アニメーション制作: サンライズ
配給: ワーナー・ブラザース映画
(c)2015 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/AWIB Project

[キャスト]
黒雪姫: 三澤紗千香
ハルユキ: 梶裕貴
チユリ: 豊崎愛生
タクム: 浅沼晋太郎 ほか

[公開劇場]
北海道: 札幌シネマフロンティア
新潟: TJOY新潟万代
宮城: MOVIX仙台
栃木: MOVIX宇都宮
埼玉: MOVIXさいたま
東京: 新宿ピカデリー、シネリーブル池袋、TOHOシネマズ日本橋、MOVIX昭島
千葉: 京成ローザ
神奈川: 横浜ブルク13、川崎チネチッタ、109シネマズ湘南
静岡: シネシティザート
愛知: 109シネマズ名古屋、MOVIX三好
京都: MOVIX京都
大阪: 梅田ブルク7、なんばパークスシネマ、TOHOシネマズ鳳
兵庫: 109シネマズHAT神戸
岡山: TOHOシネマズ岡南
広島: 広島バルト11
福岡: TJOY博多

(原題:「アクセル・ワールド INFINITE∞BURST」7月23日全国24館で公開 TVから4年待望の新作アニメ)
(Article written by animeanime)

その他アクセスランキング