人生にゲームをプラスするメディア

【レポート】異国からの刺客、現る!『ストリートファイターV』発売記念、店頭体験&トーナメント開催

ソニー PS4

【レポート】異国からの刺客、現る!『ストリートファイターV』発売記念、店頭体験&トーナメント開催
  • 【レポート】異国からの刺客、現る!『ストリートファイターV』発売記念、店頭体験&トーナメント開催
  • 【レポート】異国からの刺客、現る!『ストリートファイターV』発売記念、店頭体験&トーナメント開催
  • 【レポート】異国からの刺客、現る!『ストリートファイターV』発売記念、店頭体験&トーナメント開催
  • 【レポート】異国からの刺客、現る!『ストリートファイターV』発売記念、店頭体験&トーナメント開催
  • 【レポート】異国からの刺客、現る!『ストリートファイターV』発売記念、店頭体験&トーナメント開催
  • 【レポート】異国からの刺客、現る!『ストリートファイターV』発売記念、店頭体験&トーナメント開催
  • 【レポート】異国からの刺客、現る!『ストリートファイターV』発売記念、店頭体験&トーナメント開催
  • 【レポート】異国からの刺客、現る!『ストリートファイターV』発売記念、店頭体験&トーナメント開催
2月18日、ついに発売を迎えた『ストリートファイターV』。その発売記念店頭イベントが、ソフマップ秋葉原 アミューズメント館にて行われました。体験会やトーナメント大会が開催され、大いに盛り上がったイベントの様子をお届けします。


最初に行われていたのは、本作の体験会。2月の寒空の下、しかも平日の昼間という時間帯にもかかわらず、体験希望者とギャラリーの人だかりは絶えませんでした。

杉山プロデューサー

イベントには本作のプロデューサーを務める、杉山晃一氏と綾野智章氏も駆けつけ、対戦の様子を実況。また、対戦相手として自ら席に座りその腕前を披露していました。

体験会の後には杉山氏、綾野氏への囲み取材が行われました。まず、発売日を迎えた感想を問われ、杉山氏は「みなさまのおかげで発売を迎えられました、ホッとしています」と回答。綾野氏は「これからが本番。国内外通して大きな大会を開催していくので、『ストリートファイターV』でみなさんと盛り上がっていきたい」と回答していました。

綾野アシスタントプロデューサー

今後の抱負は?という質問には「日本での大きな大会も考えているので、ご期待ください。そして『ストリートファイターV』は対戦だけではなく、ソロでも楽しめます。ぜひ手にとってほしい」と杉山氏が回答。「『ストリートファイターV』をやっていれば有名になれる、モテるという世界を作りたい」とも答えてしました。綾野氏は「今年は新キャラがどんどん追加されます。お得なシーズンパスを買って『ストリートファイターV』をより楽しんでください」と回答。さらに、来年で『ストリートファイター』シリーズが30周年を迎えるということで、盛り上げるための仕込みをしていく、という言葉も飛び出しました。



イベントの後半は12人の猛者たちによるトーナメント大会。豪華賞品も用意され、中でも大会優勝者に贈られる『ストリートファイターV』仕様のPS4HDDベイカバーは、本来PS4とセットでないと手に入らないレア物とのことです。

トーナメント表

大会には女性の姿も

大会では寒さも吹き飛ぶような熱戦が繰り広げられ、ギャラリーを沸かせていました。そして、決勝へ駒を進めたのは、本作で初登場となるラシードを使うコム氏と、なんとイタリアからやってきたというリュウ使いのガエターノ氏。『ストリートファイターV』の主人公とも言われるラシードと、シリーズ通してのメインキャラクターであるリュウ。主人公同士の戦いは熾烈を極め、ギャラリーも固唾を呑んで見守ります。

イタリアからの刺客、リュウ使いのガエターノ氏

そして、激戦を制したのはガエターノ氏のリュウ。日本初の『ストリートファイターV』公式大会ともいえる本大会の優勝者がイタリアの方というまさかの結末を迎えました。最後は決勝で争った2人に綾野氏から直々に賞品が贈呈され、イベントは幕を閉じました。

日本のみならず世界でも注目を集める『ストリートファイターV』。これからも様々なコンテンツが追加され、さらに来年はシリーズ30周年と、ますます盛り上がりを見せそうな本作から目が離せなさそうです。

《末永 拓也》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『PSO2』FFXIVコラボ「オーディン」戦の映像が公開!「真・斬鉄剣」が発動すると全滅する…実装は7月6日

    『PSO2』FFXIVコラボ「オーディン」戦の映像が公開!「真・斬鉄剣」が発動すると全滅する…実装は7月6日

  2. 『ブレイブルー セントラルフィクション』Esのプレイスタイルが明らかに!スタンダード&スピーディー、山なり空中ダッシュ、自己強化も

    『ブレイブルー セントラルフィクション』Esのプレイスタイルが明らかに!スタンダード&スピーディー、山なり空中ダッシュ、自己強化も

  3. 『初音ミク Project DIVA Future Tone』シェアプレイの“音なし”は著作権的仕様、アケコン検討に対するコメントも

    『初音ミク Project DIVA Future Tone』シェアプレイの“音なし”は著作権的仕様、アケコン検討に対するコメントも

  4. 『AKIBA'S BEAT』主要キャラの声優陣が明らかに! 増田俊樹や上坂すみれなどが参加

  5. 【インタビュー】『バイオハザード7』は“間違いなくバイオだ”と思える作品に!リブート・リセットはしておらず、オープンワールドに匹敵する密度の作品へ

  6. ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

  7. 『うたわれるもの 二人の白皇』店舗特典イラスト公開、タペストリーやクリアファイルなど

  8. 【特集】精神障害を歌うRPG『カリギュラ』の楽曲に迫る ― 歌詞がざわめきへと変わり、心をえぐる

  9. 「ホラー×VRは怖すぎて遊びたくない」バイオハザードチームが贈るMorpheusデモ『KITCHEN』を体験

  10. 『テイルズ オブ ベルセリア』DLCの先行予約開始、水着衣装や「アイテム所持数拡張」など

アクセスランキングをもっと見る

page top