人生にゲームをプラスするメディア

Wii U『ポッ拳』1人用モード発表…AC版未登場トレーナーや「ダークミュウツー」のわざも

任天堂 Wii U

Wii U『ポッ拳』1人用モード発表…AC版未登場トレーナーや「ダークミュウツー」のわざも
  • Wii U『ポッ拳』1人用モード発表…AC版未登場トレーナーや「ダークミュウツー」のわざも
  • Wii U『ポッ拳』1人用モード発表…AC版未登場トレーナーや「ダークミュウツー」のわざも
  • Wii U『ポッ拳』1人用モード発表…AC版未登場トレーナーや「ダークミュウツー」のわざも
  • Wii U『ポッ拳』1人用モード発表…AC版未登場トレーナーや「ダークミュウツー」のわざも
  • Wii U『ポッ拳』1人用モード発表…AC版未登場トレーナーや「ダークミュウツー」のわざも
  • Wii U『ポッ拳』1人用モード発表…AC版未登場トレーナーや「ダークミュウツー」のわざも
  • Wii U『ポッ拳』1人用モード発表…AC版未登場トレーナーや「ダークミュウツー」のわざも
  • Wii U『ポッ拳』1人用モード発表…AC版未登場トレーナーや「ダークミュウツー」のわざも
株式会社ポケモンは、Wii Uソフト『ポッ拳 POKKE'N TOURNAMENT』の1人用モード「フェルムリーグ」などの情報を公開しました。

人気シリーズ『ポケットモンスター』に登場するポケモンたちが結集して激戦を繰り広げる、対戦型アクションゲーム『ポッ拳』。現在アーケードで好評稼働中ですが、いよいよ約1ヶ月後にWii U版がリリースを迎えることに。参戦する「ミュウツー」や「ガブリアス」、「テールナー」といったポケモンたちの情報も徐々に判明しており、発売日に向けての活気を増しつつあります。


そんなWii U版『ポッ拳』に用意されている新要素や、「ミュウツー」「ダークミュウツー」のポケモンわざなどの情報が到着しました。アーケード版にはない要素の数々や、ダイナミックなポケモンわざをじっくりとご覧ください。

◆.ミュウツー・ダークミュウツーのダイナミックなポケモンわざをご紹介


Wii U版にて新たにバトルポケモンとなる、ミュウツーとダークミュウツーの強力なポケモンわざを紹介します。

【ミュウツー】

ミュウツーは、遠近ともに強力なポケモンわざを持ち、バランスよく戦うことのできるポケモンです。共鳴ゲージはたまりづらいものの、その分強力な攻撃が多数あるので、あらゆる相手に対応することができます。

■はかいこうせん
フィールドフェイズ・デュエルフェイズの両方で使える強力なポケモンわざ。隙も大きく、共鳴ゲージを消費しますが、ブロックで防ぐことができず、遠距離からでも大ダメージを与えることができます。

■サイコカッター

フィールドフェイズ・デュエルフェイズの両方で使えるポケモンわざ。共鳴ゲージを消費しますが、隙が小さいうえに、派生攻撃で一気に距離をつめて接近戦に持ち込むことも可能です。

■きあいだま

フィールドフェイズ・デュエルフェイズ両方で使えるポケモンわざ。地面に触れると大爆発を起こすきあいだまを放ち、広範囲を攻撃して相手を足止めできます。ボタンを押し続けてから発射すると、ダメージと攻撃範囲が大幅にパワーアップ。

■ほのおのパンチ~れいとうパンチ、かみなりパンチ

デュエルフェイズ専用のポケモンわざ。順番に出すことで、3つのわざを連続でヒットさせることができます。すべて当てれば大ダメージを狙えるうえ、共鳴バースト中であれば、敵を「攻撃力ダウン」、「移動速度ダウン」状態にすることが可能。

【ダークミュウツー】

ダークミュウツーは、体力こそ少ないものの強力で、テクニカルなポケモンわざを多く使えるポケモンです。中でも特徴的なのが、ポケモンわざの動作中に繰り出す攻撃を変化させることのできる、派生攻撃を多数覚えていることです。相手は何をしてくるかわからないダークミュウツーに、苦戦すること間違いありません。

■サイコウェーブ

フィールドフェイズ・デュエルフェイズ両方で使えるポケモンわざ。使っている途中で、形や効果の異なる3つの攻撃に、サイコウェーブを変化させることができます。

●サイコウェーブ:斬撃

相手に接近して、コンボを決めることができます。ダークミュウツーの主力ポケモンわざ。

●サイコウェーブ:大渦

近くの敵を巻き込んで、攻撃することができます。相手の通常攻撃をブロックして、ダメージを与えられます。

●サイコウェーブ:射出

ためこんだエネルギーを発射して、遠距離攻撃ができます。相手の足止めに有効。

■リフレクター

フィールドフェイズ・デュエルフェイズ両方で使えるポケモンわざ。ガードのできない空中で、敵の通常攻撃をブロックすることが可能。わざを使っている途中で、性質の異なる3つの強力なポケモンわざに移行することができます。

●かえんほうしゃ

正面の敵に対して炎による攻撃を繰りだし、ダメージを与えることができます。

●かみなり

かみなりを落として、遠くの敵にダメージを与えることができます。

●じしん

空中から落下しつつ地面を殴りつけ、周囲に地震を起こす範囲攻撃です。

◆フェルムバトルの頂点を目指す1人用モード「フェルムリーグ」



Wii Uソフト『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT』には、アーケード版にはない新たなモード「フェルムリーグ」があります。本モードでは、フェルムバトルの最高峰である「フェルムリーグ」に挑戦します。フェルムリーグを勝ち進んでいくと、バトルで使えるサポートポケモンや、バトルの舞台として選べるステージが増えていきます。

■闘いの舞台は、「フェルム地方」

フェルム地方。”共鳴石”と呼ばれる不思議な石が、人間とポケモンをつなぐ世界。そこでは、”フェルムバトル”と呼ばれる独自のポケモンバトルが行われていた。

■「フェルムバトル」で、頂点を目指せ!

ポケモンたちが1対1で強さを競い合うスポーツバトルは、かつて人間とポケモンの絆を確かめるための儀式だったという。現在でも、バトルトレーナーとポケモンとの共鳴の強さが試されるバトルである。今では、フェルム地方全土で行われる大人気スポーツとなったフェルムバトル。その頂点を決める戦いが、幕を開ける!

■「フェルムリーグ」に登場するキャラクターたち
●アバター(男性/女性)

『ポッ拳』ではバトルトレーナーの外見を設定することができ、性別・肌の色・顔などを選べます。

●ニア

フェルムバトルのバトルトレーナー。プレイヤーに『ポッ拳』の世界をナビゲートしてくれます。パートナーポケモンにマニューラを選んだ理由は、「可愛いから」らしい。

■Wii U版にしか登場しないバトルトレーナーたちも!!
新たに登場する、3人のフェルムバトルのバトルトレーナー達。いずれも高い実力を持っているようです。
●トラヴィス

●キース

●エリン


■フェルムリーグに乱入してくる謎のポケモン「ダークミュウツー」

アーケード版に突如登場し、その圧倒的な強さから大きな話題となった謎のポケモン「ダークミュウツー」。Wii U版でも、フェルムリーグを勝ち進んでいくと、突如ダークミュウツーが現れます。アーケード版では語られることのなかった、ダークミュウツーの秘密が、Wii U版で明らかになるかもしれません。ダークミュウツーと行動をともにする、謎の少女も気になるばかり。



◆.『ポッ拳』を、より楽しめる要素


Wii Uソフト『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT』には、フェルムリーグ以外でも、アーケード版にはない様々な機能が搭載され、『ポッ拳』をより楽しめるようになっています。

■お気に入りのポケモンを極めよう! 「プラクティスモード」

プラクティスモードでは、時間や体力を気にせず、好きなだけバトルの練習をすることができます。自由に練習できる「フリートレーニング」のほか、ポケモンごとの強力なコンボが紹介され、実際に試すことのできる、「コンボ道場」といったモードがあります。

■姿やさまざまな設定ができる「マイタウン」

マイタウンでは、バトルトレーナーの外見や、身につけるアイテムを変えることができます。また、ゲーム内マネーのポケゴールド(PG)を使って、新しいアイテムを入手することもできます。

■バトルをサポートする、新たなサポートポケモンたち
●カラカラ「ホネブーメラン」

・効果:攻撃
・チャージタイム:はやい
往復して攻撃する、遠距離攻撃を行う。相手を近くに引き寄せることができる。

●ディグダ「あなをほる」

・効果:攻撃
・チャージタイム:はやい
相手に向かっていき、突き上げ攻撃を行う。ヒット後にコンボを狙いやすい。

●レアコイル「トライアタック」

・効果:攻撃
・チャージタイム:おそい
斜め上方向への遠距離攻撃を放つ。空中戦を得意とする相手に有効。さらに、相手の攻撃力・移動速度などを下げる。

●ヌオー「どろばくだん」

・効果:攻撃
・チャージタイム:おそい
地上にいる相手に対して強力な範囲攻撃。ガードされても、体力を大幅に減らす。

●エーフィ「あさのひざし」

・効果:強化
・チャージタイム:はやい
自分のバッドステータスを解除し、体力も回復させる。残り時間が少ないほど、回復量が上昇する。

●ブラッキー「バークアウト」

効果:妨害
チャージタイム:おそい
相手の共鳴ゲージを吸収する範囲攻撃。一定時間、相手がクリティカルを出せなくなる。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『ポッ拳 POKKE'N TOURNAMENT』は2016年3月18日発売予定。価格は、パッケージ版が7,200円(税抜)、ダウンロード版が6,800円(税抜)です。

(C)2015 Pokemon.
(C)1995-2015 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
(C)2015 BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

    『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

  2. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  3. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  4. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  5. 最弱なポケモン「コイキング」の歌が泣ける…!コイキングへの愛を語るサイト「I LOVE コイキングさん」オープン

  6. 『ゼルダの伝説』30周年記念画集「ハイラルグラフィックス」8月26日発売、歴代アート2,000点以上を収録

  7. 【3DS DL販売ランキング】『妖怪ウォッチ3 スシ』連続首位、電子コミック『デジコロ』続々ランクイン(7/28)

  8. 【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

  9. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  10. キデイランドにて「カービィのプププなサマーキャンペーン」8月27日開催、キュートすぎる新グッズが登場

アクセスランキングをもっと見る

page top