人生にゲームをプラスするメディア

AC『スター・ウォーズ:バトル ポッド/フラットスクリーン・エディション』5月稼働開始!2人プレイに対応

その他 アーケード

『スター・ウォーズ:バトル ポッド/フラットスクリーン・エディション』筐体
  • 『スター・ウォーズ:バトル ポッド/フラットスクリーン・エディション』筐体
  • 「フォースの覚醒」ステージも今夏アップデートで登場
バンダイナムコエンターテインメントは、アーケードゲーム『スター・ウォーズ:バトル ポッド/フラットスクリーン・エディション』を5月より順次稼働開始すると発表しました。

『スター・ウォーズ:バトル ポッド/フラットスクリーン・エディション』は、アミューズメント施設などで好評稼働中のドームスクリーン型シューティングゲーム『スター・ウォーズ:バトル ポッド』の新バージョンです。デザインを一新した筐体にはフラットスクリーンを採用。シリーズ初の2人協力プレイにも対応しています。


◆新筐体&マルチプレイ対応



本作では筐体デザインを一新。フラットスクリーンタイプの42インチLCDモニターを採用しており、クリアな映像と迫力の大画面を楽しめます。また、スクリーンとシートに傾きをもたせ、操作と連動してレバーやシートが振動する“体感ギミック”を搭載し、ゲーム中のマシンを操縦する没入感や臨場感を高めています。

さらに、シリーズで初めてマルチプレイに対応。筐体を2台連結することで、プレイヤーは2人で協力しつつ、競い合いながらミッションクリアを目指せます。これまでとは異なる楽しみ方で、「スター・ウォーズ」の世界を堪能しましょう。


◆「フォースの覚醒」ステージも今夏アップデートで登場



本作は今夏のアップデートで、これまでプレイできた「エピソード4~6」を舞台にしたステージに加えて、話題の最新作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」から新ステージの搭載を予定。クライマックスのひとつである空中戦「タコダナの戦い」を追体験できるステージが楽しめるようになります。

もちろん『スター・ウォーズ:バトル ポッド』や、個人向け販売中の『スター・ウォーズ:バトル ポッド/スタンダード・エディション』『スター・ウォーズ:バトル ポッド/プレミアム・エディション』も同ステージの追加アップデートが2016年初夏に予定されています。こちらもどうぞお楽しみに。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『スター・ウォーズ:バトル ポッド/フラットスクリーン・エディション』は、2016年5月稼働開始予定で、価格は1プレイ200円(出荷時設定)です。

STAR WARS (C) & TM 2014-2016 Lucasfilm Ltd. All rights reserved.
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 初代『ドラクエ』の「竜王」「ラダトームの城周辺マップ」がナノブロックに登場―ドット絵みたいだ!

    初代『ドラクエ』の「竜王」「ラダトームの城周辺マップ」がナノブロックに登場―ドット絵みたいだ!

  2. 【昨日のまとめ】手のひらサイズの「ニンテンドークラシックミニ ファミコン」発表、モリガンのナースVer.フィギュア発売、『ぺルソナ5』出荷数が55万本突破…など(9/30)

    【昨日のまとめ】手のひらサイズの「ニンテンドークラシックミニ ファミコン」発表、モリガンのナースVer.フィギュア発売、『ぺルソナ5』出荷数が55万本突破…など(9/30)

  3. 赤青メガネを用意せよ!TGS美人コンパニオンの魅力を懐かしの3Dでお届け

    赤青メガネを用意せよ!TGS美人コンパニオンの魅力を懐かしの3Dでお届け

  4. なんでもあり!「多様性」で世界と戦う東京ゲームショウ【オールゲームニッポン】

  5. 『ダンガンロンパ2』をアニメ化しない理由とは? 小高和剛「あのキャラ達の物語はあれでお終い」

  6. “不気味の谷を超えた”と話題のCG美少女「Saya」が更に進化! 既に動きのシステムも稼動

  7. モリガンのナースVer.フィギュア発売開始―やばい、妖艶すぎる…!

  8. 『テイルズ オブ ベルセリア』主人公ベルベット・クラウが1/8フィギュア化!

  9. 【特集】CGアニメ「RWBY」の魅力とは ― 凛々しく可愛い少女の成長を爽快アクションで

  10. 【昨日のまとめ】映画「君の名は。」がLINEスタンプに、「PS Plus」10月フリープレイに『バイオハザード HD』登場、CGアニメ「RWBY」の魅力とは…など(9/29)

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top