人生にゲームをプラスするメディア

「僕のヒーローアカデミア」轟焦凍は梶裕貴、新PVでメインキャラのボイス公開

その他 アニメ

「僕のヒーローアカデミア」轟焦凍は梶裕貴、新PVでメインキャラのボイス公開
  • 「僕のヒーローアカデミア」轟焦凍は梶裕貴、新PVでメインキャラのボイス公開
  • 「僕のヒーローアカデミア」轟焦凍は梶裕貴、新PVでメインキャラのボイス公開
2016年4月より毎週日曜17時からアニメ『僕のヒーローアカデミア』が放送開始する。“日5”の愛称でファンから親しまれる放送枠で予定する期待の新作だ。これまでに山下大輝、三宅健太、岡本信彦といった人気声優にキャスト陣が明かされ、その全貌も見えてきた。加えて今回、新たに轟焦凍(とどろき しょうと)役として、梶裕貴の出演が発表された。さらなる人気声優の参加だ。

轟焦凍は、知力、身体能力いずれもトップレベルで、クラスメイトも一目置く実力者。また、右手で凍らせ左手で燃やす「半冷半燃」の個性を持ち、原作に登場する個性豊かなキャラクターの中でも、特に人気の高い人物だ。そして梶裕貴といえば、『ワールドトリガー』三雲修役、『進撃の巨人』エレン・イェーガー役などを演じ、人気、実力ともに申し分ない声優だ。轟焦凍ではどんな演技を見せてくれるのか、注目が集まる。

また、この発表に合わせて梶からのコメントも発表された。「パワフルな絵柄、ダイナミックな展開、エネルギッシュなキャラクターたち…。原作を読んで、純粋に「面白い!」と感じる作品でした。口数少なくクールな雰囲気とは裏腹に、本当は熱い想いを抱えている轟くん。複雑な背景を持つ彼の繊細な表情を、声音とお芝居を通してリアルに表現出来ればと思っています。心を込めて演じさせていただきます。よろしくお願いします!」と意気込んでいる。そんな梶は、AnimeJapan2016での『僕のヒーローアカデミア』スペシャルステージに出演することも決定している。ここでしか聞けないトークに注目だ。

『僕のヒーローアカデミア』スペシャルステージは、3月27日12時からREDステージにて実施予定。観覧応募権付きのチケットは2月21日まで販売されているので、まだ購入していない人は、早めの行動が大切だ。



さらに、放送に向けたPVの第3弾がアニメ公式サイトにて公開された。PV第3弾では、轟焦凍をはじめ、蛙吹梅雨、峰田実、八百万百、常闇踏陰、切島鋭児郎、上鳴電気といったキャラクターが総登場。テレビアニメ放送を前に、今年に入ってから発表されてきたキャスト陣の共演を一足早く楽しめる。作品への期待も、これまで以上に高まるはずだ。

記事提供元: animeanime
《アニメ!アニメ》

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】『ゲームの名シーン・感動編』5選―鮮烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

    【特集】『ゲームの名シーン・感動編』5選―鮮烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  2. 【昨日のまとめ】D3Pの斬新な「タッチ我慢スターター」がアクセス過多、『ニーア オートマタ』“TVCM無規制版”お披露目、『FFVII リメイク』などの画像公開…など(2/20)

    【昨日のまとめ】D3Pの斬新な「タッチ我慢スターター」がアクセス過多、『ニーア オートマタ』“TVCM無規制版”お披露目、『FFVII リメイク』などの画像公開…など(2/20)

  3. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

    このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

  4. 人類、おっぱいの誘惑に敗北か!? パイタッチは800万回を超え、D3P新作発表は100日以上先に…アクセス過多で接続も困難

  5. 書籍「幻の未発売ゲームを追え!」3月25日発売…ファミコンソフト『オフザーケン』などの関係者にも迫る

  6. 【レポート】現実世界で戦うARロボット「メカモン」登場 ― カスタマイズや対戦も可能で、大会もサポート予定

  7. SDガンダムの新食玩シリーズ「FW SDガンダム NEO」発売開始、デフォルメながらもサイズ感やディテールにこだわりが

  8. 『遊☆戯☆王』第6作目タイトルは「VRAINS」に決定、舞台はVR空間

  9. 【特集】『ゲームの名シーン・暴力編』5選―強烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  10. 破壊された“200体の人形”が伝える『ニーア オートマタ』の世界観とは…ヨコオタロウ氏原案のMVをお披露目

アクセスランキングをもっと見る