人生にゲームをプラスするメディア

『シャリーのアトリエ Plus』新要素を総まとめ…黄昏シリーズ主人公の登場や新たな物語など

ソニー PSV

『シャリーのアトリエ Plus』新要素を総まとめ…黄昏シリーズ主人公の登場や新たな物語など
  • 『シャリーのアトリエ Plus』新要素を総まとめ…黄昏シリーズ主人公の登場や新たな物語など
  • 『シャリーのアトリエ Plus』新要素を総まとめ…黄昏シリーズ主人公の登場や新たな物語など
  • 『シャリーのアトリエ Plus』新要素を総まとめ…黄昏シリーズ主人公の登場や新たな物語など
  • 『シャリーのアトリエ Plus』新要素を総まとめ…黄昏シリーズ主人公の登場や新たな物語など
  • 『シャリーのアトリエ Plus』新要素を総まとめ…黄昏シリーズ主人公の登場や新たな物語など
  • 『シャリーのアトリエ Plus』新要素を総まとめ…黄昏シリーズ主人公の登場や新たな物語など
  • 『シャリーのアトリエ Plus』新要素を総まとめ…黄昏シリーズ主人公の登場や新たな物語など
  • 『シャリーのアトリエ Plus』新要素を総まとめ…黄昏シリーズ主人公の登場や新たな物語など
コーエーテクモゲームス ガスト長野開発部は、PS Vitaソフト『シャリーのアトリエ Plus ~黄昏の海の錬金術士~』の新キャラクターや物語の一部などを公開しました。

『黄昏』シリーズの3作目となる『シャリーのアトリエ』をベースに、魅力溢れる多彩な追加要素を搭載する『シャリーのアトリエ Plus ~黄昏の海の錬金術士~』では、黄昏” の核心に迫る新たなストーリーが展開。さらに過去の『黄昏』シリーズの主人公が勢ぞろいし、時にシャリーたちを導く存在となって物語を彩ります。


物語面を中心に多彩な新要素が用意されている本作ですが、今回は各要素のおさらいを兼ねて様々なポイントをご紹介します。また新たに、登場が明らかとなったキャラクターたちの情報も到着しているので、そちらも合わせてチェックし、再来週に迫った発売日に備えておきましょう。

◆集う「黄昏の錬金術士」たち、その裏に見え隠れする「中央の意図」とは


【“黄昏”の真実に挑む「黄昏の錬金術士」】

ステラードに集ったのは、“黄昏”に深い関係を持った錬金術士たち。想いや思惑は違えど、“黄昏”の真実に向け、共に歩むことになります。そんな彼らのことをエスカはこう呼びました。「黄昏の錬金術士」と。


集まったのは、名を馳せた一流の錬金術士ばかり。シャリーたちは、気おくれしながらも頼もしさを感じます。また自分の大切な人のため、“黄昏”に対峙する決意を固めるミルカも、立派な「黄昏の錬金術士」です。

【「黄昏の錬金術士」が集まることでそろう、2種類の錬金術】
「黄昏の錬金術士」たちが用いる錬金術には、2つのタイプがあります。釜を使って材料を組み合わせる古来からの手法、古式錬金術。そして中央によって学問として体系化された最新の手法、新式錬金術。2つの錬金術がそろうことで、“黄昏”のカギとなる謎が明らかになっていきます。

■感覚が重要な、古式錬金術

伝承や民間療法をベースとした土着型の「古式錬金術」。シャリーたちやアーシャ、エスカが用いる手法で、優れた感覚の持ち主にしか扱えません。

■中央で体系化された、新式錬金術

ロジーやミルカ、キースグリフの用いる「新式錬金術」は、多くの人が使用できるよう、中央で体系化された錬金術です。

■2つの錬金術が解き明かしてゆく謎

アーシャの持つ古式錬金術の知識と、キースグリフの持つ新式錬金術の知識を用いて、物語のカギとなる、フラメウの種の正体に迫ります。

■新旧錬金術が拓く、新しい道

以前中央で新式錬金術を学んでいたミルカは、「黄昏の錬金術士」たちと出会い、自分の目指す道を見つけます。それは古式でも新式でもない、新たな錬金術の道になるかもしれません。

【新式錬金術の拠点、中央とは】
中央は錬金術研究の拠点であり、各地で“黄昏”を調査し、解決策を模索している機関でもあります。エスカ、ソール、そしてロジーをステラードに派遣したのも中央でした。はたして、中央とはいったいどのような存在なのでしょうか。

■最新の錬金術の研究、そして“黄昏”の解決を目指す中央

中央には最新の錬金術の技術があり、様々な夢を叶えるための選択肢がそろっています。ロジーもかつて、中央で自分の夢を追っていましたまた中央は、各地で起こる“黄昏”の現象にも目を光らせており、必要とあれば優秀な役人を派遣し、解決の糸口を探っているのです。


一見すると、錬金術を研究し、“黄昏”を解決しようとしてるように見える中央。しかしソールをはじめ一部の人たちは、その裏に隠された、中央の真意の存在を感じ始めます。

【浮かび上がる疑問、見え隠れする中央の意図】
“黄昏”の真実を追い求めるなかで、ところどころで現れる中央の存在。そして浮かび上がる、いくつかの疑問。彼らは純粋に“黄昏”の解決を目指しているのでしょうか、それとも・・・。

■疑問1:性急すぎる派遣

“水涸れ”に高い関心があるとはいえ、まだ地盤も固まっていないステラード支部に、立て続けにエスカとロジーを派遣した中央。その意図はどこにあるのでしょうか。

■疑問2:中央の求める古式錬金術の技術

“黄昏”の解決と共に、ソールが中央から求められたのは、古式錬金術についての情報。中央の目的は“黄昏”の解決だけではないのか。謎は深まるばかりです。

■疑問3:ミルカの考え

中央への留学の経験もあるミルカが、「中央は、古代の錬金術知識を一手に集めて、かつてのやり方をただなぞろうとしているようにしか思えない」と言い放ちます。ミルカが口にした、かつてのやり方とは一体。そして中央の目的は、本当に“黄昏”の解決だけなのでしょうか。

《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『ストリートファイターV』ゼニー廃止に伴う追加補填が発表、バトルコスチューム配布へ

    『ストリートファイターV』ゼニー廃止に伴う追加補填が発表、バトルコスチューム配布へ

  2. 「PS4本体+ソフトを収納するスタンド」発売決定…レトロゲーム機向けアクセサリーなども

    「PS4本体+ソフトを収納するスタンド」発売決定…レトロゲーム機向けアクセサリーなども

  3. 『シェンムー3』クラウドファンディング始動から1年、鈴木裕が開発状況を報告

    『シェンムー3』クラウドファンディング始動から1年、鈴木裕が開発状況を報告

  4. PS4/PS3『ブレイブルー セントラルフィクション』PV公開、初公開のイベントや「Es」のバトルをチェック

  5. 【PS4 DL販売ランキング】『バトルフィールド 4』連続首位、『初音ミク Project DIVA Future Tone』初登場ランクイン(6/29)

  6. カプコン公式「ミス春麗決定戦」で「ザンギエフ」が優勝、その結果と再現度に会場困惑

  7. 『初音ミク Project DIVA Future Tone』シェアプレイの“音なし”は著作権的仕様、アケコン検討に対するコメントも

  8. 『アイマス プラチナスターズ』新たなゲームシステムからイベント情報まで一挙判明! DLCや新CDなどの展開も

  9. 【インタビュー】『ベルセルク無双』の圧倒的なダークファンタジーへの挑戦とは

  10. 『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』ゴシックな“失敗型”人形兵が登場! 戦闘や合成に関する新要素も明らかに

アクセスランキングをもっと見る

page top