最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
「タチコマ」ついに実現か?1/2サイズのコミュニケーションロボットとして開発決定

「タチコマ」ついに実現か?1/2サイズのコミュニケーションロボットとして開発決定

2016年2月14日(日) 12時00分

「攻殻機動隊S.A.C.シリーズ」に登場する多脚戦車「タチコマ」を題材としたコミュニケーションロボットの実装を目指す、リアライズプロジェクトが始動しています。

「タチコマ」リアライズプロジェクトは、DMM.comおよび「攻殻機動隊 REALIZE PROJECT」が総合プロデュースを担当し、設計・開発・製造を海内工業と「karakuri products」が担当。このほかにも多くの協賛企業が参加しており、コミュニケーションロボットの社会実装に挑んでいます。


このプロジェクトは、2015年に「多脚ロボットプロジェクト」としてスタートし、国際ロボット展にて一次試作機「Daniel 61」を出展。その後、主に重量の面で設計を見直して再開発した二次試作機「MUSASHI」をプロモーションの一環として採用し、「タチコマ1/2サイズ・リアライズプロジェクト」として公式に開発を進める形となりました。


機械と人との境界が曖昧になった近未来で、様々な社会問題を描いてきた「攻殻機動隊S.A.C.シリーズ」。フィクションからノンフィクションへの架け橋となる本プロジェクトが、どのような成果に辿り着くことができるのか。今後の開発状況はwebサイトなどで発表されていくとのことなので、これからの動向にもご注目ください。

Copyright (C) Amauchi Industry Co,Ltd All Right Reserved.
(C) 2016 karakuri products

  • 「タチコマ」ついに実現か?1/2サイズのコミュニケーションロボットとして開発決定の画像
  • 「タチコマ」ついに実現か?1/2サイズのコミュニケーションロボットとして開発決定の画像
(Article written by 臥待 弦(ふしまち ゆずる))

その他アクセスランキング