人生にゲームをプラスするメディア

【特集】「ゲーム史に残るFPSの名曲」10選

その他 音楽

【特集】「ゲーム史に残るFPSの名曲」10選
  • 【特集】「ゲーム史に残るFPSの名曲」10選
  • 【特集】「ゲーム史に残るFPSの名曲」10選
  • 【特集】「ゲーム史に残るFPSの名曲」10選
  • 【特集】「ゲーム史に残るFPSの名曲」10選
  • 【特集】「ゲーム史に残るFPSの名曲」10選
  • 【特集】「ゲーム史に残るFPSの名曲」10選
  • 【特集】「ゲーム史に残るFPSの名曲」10選
  • 【特集】「ゲーム史に残るFPSの名曲」10選
名作ゲームには名曲がつきもの。読者の皆さんも、つい口ずさんでしまうような、心に焼き付くお気に入りの曲がたくさんあるはず。ということで今回の特集記事では、ファーストパーソン・シューティングゲーム、いわゆるFPSゲームに限定して、新旧問わず歴史に残る名曲をピックアップしてご紹介します。

Halo: Combat Evolved
Halo


『Halo: Combat Evolved』のメインテーマとしてタイトル画面で流れる曲。宇宙空間に浮かぶリング状惑星をバックに、荘厳なコーラスから入り徐々に激しさを増していく曲展開は、これから始まる物語への期待を大いに高めました。



Duke Nukem 3D
Grabbag


『Duke Nukem』シリーズのメインテーマでもあり、スラッシュメタル四天王の1つとして知られるMegadethにもカバーされたデューク様らしさ全開の曲。最新作の『Duke Nukem Forever』はある意味で伝説となってしまいましたが、このテーマ曲は多くのゲーマーの記憶に刻まれていることでしょう。



Deus Ex
Main Title


新作『Deus Ex: Mankind Divided』の発売が予定されている『Deus Ex』シリーズの第一作目テーマ曲。作曲者のAlexander Brandon氏は『Unreal』や『Unreal Tournament』にも携わっており、その流れを汲む重厚なサウンドが非常に特徴的です。ちなみにBrandon氏はボイスアクターとしても活動しており、『The Elder Scrolls V: Skyrim』ではアンカノとアマウンド・モティエールの声を担当しています。



Call of Duty: World at War
The Final Push


ミリタリーFPS『Call of Duty: World at War』のソ連軍パート最終ミッション「Downfall」において、いよいよ最後の攻めというところで流れる曲。思わず「ウラー!」と叫びたくなります。『Call of Duty: Black Ops』のミッション、「Project Nova」で再びこの曲を聴いたプレイヤーはテンションが上がったのではないでしょうか。



GoldenEye 007
Main Theme


30代前後のゲーマーの一部にとっては青春かもしれない『GoldenEye 007』のメインテーマ。ベースとなっているジェームス・ボンドのテーマが既に名曲ですが、本作でのアレンジは非常に素晴らしいですね。また、各ステージで流れる曲もメインテーマに負けず劣らず印象的となっています。



S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl
Dirge for the Planet


硬派なオープンワールドFPS『S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl』の中で、ラジオから流れてくるとても穏やかな曲。ゲームの雰囲気にあった切ない曲調と歌詞は、野郎だらけの灰色の世界で荒むプレイヤーの心を癒やしてくれます。なお、ゲームで使用されているのはカバーバージョンであり、オリジナルバージョンは随分と感じが違います。



Doom
At Doom's Gate


FPSジャンルを確立した伝説的な作品『Doom』のファーストステージ(E1M1)で使用されている曲です。敵をブチのめすゲームプレイの爽快感とこのメタルなサウンドの組み合わせは、当時のプレイヤーのアドレナリンを爆発させたのではないでしょうか。ちなみに本曲はMetallicaの“No Remorse”がベースになっているのではないかと言われています。



Medal of Honor
Medal of Honor


ミリタリーFPSのはしりである『Medal of Honor』のメインテーマ。オーケストラ演奏による映画的音楽はゲームを大いに盛り上げます。作曲家のMichael Giacchino氏は本作で高く評価され、その後多くのテレビ・映画の音楽制作に携わりました。



Portal
Still Alive


名作パズルアクション『Portal』のエンディングテーマである“Still Alive”。ゲームの中では敵であったGLaDOSが、主人公Chellに優しく語りかけるような歌詞は多くのプレイヤーの心を直撃。YouTubeでは多くのカバーがアップロードされるなど旋風を巻き起こしました。続編『Portal 2』の“Want You Gone”も“Still Alive”に負けず劣らず名曲ですね。



Battlefield 1942
Vehicle IV


“デデンデッデデンデン”でお馴染み『Battlefield 1942』のメインテーマです(正確にはロード画面用の“Vehicle 4”)。一度聴いたら忘れられない、興奮高まるこの曲は、後のシリーズでもアレンジバージョンが使用されており、長年にわたってファンに愛されています。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

いかがでしたでしょうか。どの曲も非常に印象的でいつまでも色褪せませんね。もちろん今回ご紹介した以外にも多くの名曲があると思います。皆様にとっての名曲はぜひコメント欄にて教えて下さい!

記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

特集

その他 アクセスランキング

  1. インディーゲーム祭典「A 5th Of BitSummit」2017年5月に規模拡大し開催―出展受付も開始

    インディーゲーム祭典「A 5th Of BitSummit」2017年5月に規模拡大し開催―出展受付も開始

  2. クトゥルフ神話系TRPGが遊べる商業店舗「DARKGAME」オープン、人狼型ゲームやLARPも開催

    クトゥルフ神話系TRPGが遊べる商業店舗「DARKGAME」オープン、人狼型ゲームやLARPも開催

  3. 【昨日のまとめ】『人喰いの大鷲トリコ』プレイレポ、クトゥルフ神話系TRPGが遊べる商業店舗「DARKGAME」、『妖怪ウォッチ』人気投票の1位は「3兆円」…など(12/6)

    【昨日のまとめ】『人喰いの大鷲トリコ』プレイレポ、クトゥルフ神話系TRPGが遊べる商業店舗「DARKGAME」、『妖怪ウォッチ』人気投票の1位は「3兆円」…など(12/6)

  4. 「君の名は。」興行収入200億円突破!IMAX上映も決定

  5. 『ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン』新システムや登場キャラが明らかに!シーザーの名シーンも再現

  6. 【オトナの乙女ゲーム道】第1回 乙女ゲームの歴史を振り返る ― ネオロマからオトメイト、ハードの変化まで

  7. NHKスペシャル「戦艦武蔵の最期」12月4日より放送―深海に眠る“今”の姿とは…?

  8. 【特集】「LINE MUSIC」「AWA」を比較!アニソン・ゲーム音楽・ボカロ曲を聞くならどっち?

  9. セガ、「セガフェス」チャリティの売上金額を発表―お金は被災地支援NPOに全額寄付

  10. スクウェア・エニックス、ダウンロード版の売上が全体の3割を超えたと発表

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top