人生にゲームをプラスするメディア

「ニンジャスレイヤー」は“ニンジャ全部殺すマン”ではない?よくある10の誤解が公開

その他 全般

「ニンジャスレイヤー」は“ニンジャ全部殺すマン”ではない?よくある10の誤解が公開
  • 「ニンジャスレイヤー」は“ニンジャ全部殺すマン”ではない?よくある10の誤解が公開
B.ボンド&P.N.モーゼズが生み出した、サイバーパンクニンジャアクション小説「ニンジャスレイヤー」。日本国内では、有志による日本語訳がTwitter上で連載されるという形でスタートし、書籍化やアニメ化も実現しました。

独特ながらもクセになる言い回しや、先が見えない展開など、特徴的な世界観を舞台に進行する物語に多くの方が虜となり、高い人気と関心を獲得。この春からはテレビ放送も予定されており、その注目度は更に増すものと思われます。そんな「ニンジャスレイヤー」の翻訳チームが運営している公式ファンサイト「ネオサイタマ電脳IRC空間」にて、「ニンジャスレイヤーに関する10のよくある誤解」に迫る記述が公開されました。


人間の脳というのは、よく間違いをするもの。特に本作は世界観が特殊なため、誤解されやすい一面もあるようです。読んだことはないもののその名前を知っているという人が陥りやすい間違いから、ファンでも一度は経験したかもしれない勘違いまで、「ニンジャスレイヤー」に関する10の誤解が解説されています。

代表的なところでは「ニンジャスレイヤー"ズ"だと思われている」というもの。確かに「~ズ」と複数形で締めくくるタイトルのものも多いため、無意識に混同してしまうケースもあるでしょう。ちなみに一例として、こちらも人気の高い小説「スレイヤーズ」を上げている辺り、さすがのセンスと言わざるを得ません。

また、「カタナと銃で戦う」というのも誤解だとしており、「ニンジャスレイヤーはカタナも銃も使わず、KARATEやSURIKENやNUN-CHAKUで戦います」と戦闘スタイルを説明。カタナは、彼の妻子を殺したダークニンジャの武器です。この辺りの勘違いは、ニンジャが出る映画やゲームなどの影響かもしれません。また「単純にデッドプールと間違っている可能性があります」との鋭い指摘も。ちなみに、「ニンジャスレイヤーの中身はロボットかサイボーグ」というのも大きな間違いで、これは「NINJA WARRIORS」との混同と見られています。

このほかにも、「全てのニンジャを問答無用で惨殺する」「どっかの出版社のステマに決まっている」「全てフリーで公開しないと滅びる」という穏やかならざる誤解や、「舞台はLAで“ドウモ、ニンジャスレイヤー、デス”みたいに片言日本語で喋る」という他作品のイメージが影響しているものなど、幅広い間違いを取り上げては丁寧に解説しています。

中には、「調理器具である」といった驚きの勘違いに対する訂正も。ちなみにこれは、「Ninja Master Prep」というフードプロセッサーとの混同で、よくAmazonで間違われるそうです。さらに詳しく知りたい方は、記載ページも合わせてチェックしてみてください。

■ニンジャスレイヤーに関する10のよくある誤解
URL:http://ninjaheads.hatenablog.jp/entry/2016/02/10/134535

ちなみに、個々の誤解とそれに対する解説を行った理由は、こういった誤ったミームを取り締まるような意図や目的はまったくなく、「血眼で取り締まったりせず、ゼンを心がけて奥ゆかしく穏やかに構えてほしい」といった考えからとのこと。誤記や誤用を見つけても、「温かい目で見守ってあげてください」と締めくくられています。

どれだけ作品の知名度が高まろうと、詳しく知らないという人や、勘違いして覚えてしまっている方は存在することでしょう。それすらも受け止めていく“ゼン”の精神、体得したいものです。
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「タッチ我慢スターター」欲望を刺激し過ぎて“おっぱい修理中”に…詫びパイとして“GカップからIカップに膨乳”

    「タッチ我慢スターター」欲望を刺激し過ぎて“おっぱい修理中”に…詫びパイとして“GカップからIカップに膨乳”

  2. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

    このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

  3. 『マインクラフト』を通して、親子でプログラミングが学べる書籍が登場! 「気軽に楽しく」がキーワード

    『マインクラフト』を通して、親子でプログラミングが学べる書籍が登場! 「気軽に楽しく」がキーワード

  4. 【週刊インサイド】任天堂と「マリカー」の訴訟問題が話題に…『ポケモンGO』や「タッチ我慢スターター」など多彩な記事が賑わう

  5. ゲームフリークの増田順一も登壇するトークライブを開催…ゲームプログラマー学科体験説明会の一環として

  6. 人類、おっぱいの誘惑に敗北か!? パイタッチは800万回を超え、D3P新作発表は100日以上先に…アクセス過多で接続も困難

  7. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  8. 『ファイプロ』復活か!? スパチュンが「謎のサイト」オープン

  9. 【昨日のまとめ】PSVRが再販するも売り切れに、『ゼルダの伝説 BoW』海外ゲーム映像が続々と、「AbemaTV」が女の子が活躍するアニメを一挙7作品配信…など(2/25)

  10. 【新企画】「インサイドちゃんのゲーマー人生相談」―ログボの呪いに悩むゲーマー

アクセスランキングをもっと見る