人生にゲームをプラスするメディア

「前を向きつつ真下が見えるメガネ」登場!会話や授業中のゲームプレイに最適か

その他 玩具

「前を向きつつ真下が見えるメガネ」登場!会話や授業中のゲームプレイに最適か
  • 「前を向きつつ真下が見えるメガネ」登場!会話や授業中のゲームプレイに最適か
  • 「前を向きつつ真下が見えるメガネ」登場!会話や授業中のゲームプレイに最適か
  • 「前を向きつつ真下が見えるメガネ」登場!会話や授業中のゲームプレイに最適か
  • 「前を向きつつ真下が見えるメガネ」登場!会話や授業中のゲームプレイに最適か
  • 「前を向きつつ真下が見えるメガネ」登場!会話や授業中のゲームプレイに最適か
ドスパラ上海問屋がこのたび、まっすぐ前を見たまま真下が見えるメガネの販売を開始しました。

このユニークなメガネがもたしてくれる視界は、顔が向いている方向ではなく、その真下。立っている状態で使用すれば、「前を向きつつ足元が見える」という状態となります。


商品説明には、「頭をクッションや枕に沈めたまま、リラックスしてテレビを観ることができます」とあり、より幅広いライフスタイルを提供するアイテムとして紹介。また、友人やパートナーと会話している最中、「きちんと話を聞いている雰囲気を演出しながら手元のスマホを操作できます」ともあり、人間関係と自身の欲求の両立も図れるとのことです。


確かに、露骨に視線を下げてスマホを弄られたら、向き合っている相手からすればかなりぞんざいな態度に映るもの。ですがこのメガネを使うことで、少なくともその視線はかなり辿られづらくなることでしょう。会話中だけでなく、例えば授業を受けている間に、教師の方を向きながらスマホや携帯ゲーム機を楽しむ、というのも不可能ではなさそうです。


ただ問題は、このメガネそのものが実に目立つということ。このメガネを着用した際に、相手がいつも通り振る舞ってくれるかどうかが難しいポイントと言えるでしょう。「効果には個人差があります」ともあるので、授業や会話中などには使用せず、あくまでにユニークに楽しむことをお薦めします。ちなみに、価格は999円(税込)です。

Copyright (C)SHANGHAI DONYA. All rights reserved.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 初代『ドラクエ』の「竜王」「ラダトームの城周辺マップ」がナノブロックに登場―ドット絵みたいだ!

    初代『ドラクエ』の「竜王」「ラダトームの城周辺マップ」がナノブロックに登場―ドット絵みたいだ!

  2. なんでもあり!「多様性」で世界と戦う東京ゲームショウ【オールゲームニッポン】

    なんでもあり!「多様性」で世界と戦う東京ゲームショウ【オールゲームニッポン】

  3. 赤青メガネを用意せよ!TGS美人コンパニオンの魅力を懐かしの3Dでお届け

    赤青メガネを用意せよ!TGS美人コンパニオンの魅力を懐かしの3Dでお届け

  4. “手塚治虫タッチの初音ミク”公式イラストが公開!手塚アニメ楽曲の初CD化も決定

  5. 【昨日のまとめ】映画「君の名は。」がLINEスタンプに、「PS Plus」10月フリープレイに『バイオハザード HD』登場、CGアニメ「RWBY」の魅力とは…など(9/29)

  6. 【特集】「男が惚れる漢ゲームキャラ」10選

  7. 奥さんとの青春を記したレトロゲーム恋愛小説「モノクローム・サイダー」書籍化決定!文体はエッセイ調に変更

  8. 【特集】CGアニメ「RWBY」の魅力とは ― 凛々しく可愛い少女の成長を爽快アクションで

  9. 『テイルズ オブ ベルセリア』主人公ベルベット・クラウが1/8フィギュア化!

  10. 【オトナの乙女ゲーム道】第18回:乙女ゲー主人公の「変化」について ― 自己投影の対象から1人のキャラクターへ

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top