人生にゲームをプラスするメディア

「前を向きつつ真下が見えるメガネ」登場!会話や授業中のゲームプレイに最適か

その他 玩具

「前を向きつつ真下が見えるメガネ」登場!会話や授業中のゲームプレイに最適か
  • 「前を向きつつ真下が見えるメガネ」登場!会話や授業中のゲームプレイに最適か
  • 「前を向きつつ真下が見えるメガネ」登場!会話や授業中のゲームプレイに最適か
  • 「前を向きつつ真下が見えるメガネ」登場!会話や授業中のゲームプレイに最適か
  • 「前を向きつつ真下が見えるメガネ」登場!会話や授業中のゲームプレイに最適か
  • 「前を向きつつ真下が見えるメガネ」登場!会話や授業中のゲームプレイに最適か
ドスパラ上海問屋がこのたび、まっすぐ前を見たまま真下が見えるメガネの販売を開始しました。

このユニークなメガネがもたしてくれる視界は、顔が向いている方向ではなく、その真下。立っている状態で使用すれば、「前を向きつつ足元が見える」という状態となります。


商品説明には、「頭をクッションや枕に沈めたまま、リラックスしてテレビを観ることができます」とあり、より幅広いライフスタイルを提供するアイテムとして紹介。また、友人やパートナーと会話している最中、「きちんと話を聞いている雰囲気を演出しながら手元のスマホを操作できます」ともあり、人間関係と自身の欲求の両立も図れるとのことです。


確かに、露骨に視線を下げてスマホを弄られたら、向き合っている相手からすればかなりぞんざいな態度に映るもの。ですがこのメガネを使うことで、少なくともその視線はかなり辿られづらくなることでしょう。会話中だけでなく、例えば授業を受けている間に、教師の方を向きながらスマホや携帯ゲーム機を楽しむ、というのも不可能ではなさそうです。


ただ問題は、このメガネそのものが実に目立つということ。このメガネを着用した際に、相手がいつも通り振る舞ってくれるかどうかが難しいポイントと言えるでしょう。「効果には個人差があります」ともあるので、授業や会話中などには使用せず、あくまでにユニークに楽しむことをお薦めします。ちなみに、価格は999円(税込)です。

Copyright (C)SHANGHAI DONYA. All rights reserved.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「すーぱーそに子」10周年記念の指輪付き約52万円フィギュアが登場、まさに婚約気分になれる一品に

    「すーぱーそに子」10周年記念の指輪付き約52万円フィギュアが登場、まさに婚約気分になれる一品に

  2. 【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

    【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

  3. 「AbemaTV」が女の子が活躍するアニメを一挙配信…「ご注文はうさぎですか?」「NEW GAME!」など7作品

    「AbemaTV」が女の子が活躍するアニメを一挙配信…「ご注文はうさぎですか?」「NEW GAME!」など7作品

  4. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  5. 【昨日のまとめ】『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を任天堂が提訴、『艦これ』叢雲改二が1/8フィギュアに、ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし…など(2/24)

  6. 【特集】『ゲームの名シーン・感動編』5選―鮮烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  7. 『艦これ』「叢雲改二」が1/8フィギュアに!“ストッキング越しの脚線美”に見惚れる出来映え

  8. 【週刊インサイド】『ポケモンGO』アップデート情報など新情報相次ぐ…『金・銀』ポケモン登場や新たな展開に関心集まる

  9. ゲームにハマり過ぎた男性がメーカー訴訟を検討、仕事と妻を失う

  10. 『Call of Duty』に登場する実在人物一家がメーカーへの訴訟検討 ―「野蛮に描かれている」

アクセスランキングをもっと見る