人生にゲームをプラスするメディア

ふるさと納税に『ドラクエ』グッズ、堀井雄二の出身地・洲本市のユニークな試み

その他 全般

ふるさと納税に『ドラクエ』グッズ、堀井雄二の出身地・洲本市のユニークな試み
  • ふるさと納税に『ドラクエ』グッズ、堀井雄二の出身地・洲本市のユニークな試み
近年注目度が増している「ふるさと納税」ですが、兵庫県洲本市が『ドラゴンクエスト』のキャラクターグッズを返礼品に加えると発表し、話題を呼んでいます。

スクウェア・エニックスの協力により、洲本市はこのユニークな返礼品を実現。牛肉や海産物といったリストの中に、「スライム」や「さまようよろい」、「スライムマグカップ」に「ロトの剣・盾」など、ゲームファンに親しみ深いラインナップが並んでいます。

続報❗️ドラゴンクエスト グッズ (洲本市ふるさと納税) みんなでシェアしてね!※申込み開始日時は、2月10日正午に決定しました。 特産品の数は、寄付額1万円~10万円の21種類 約400セット限定となっています。 ...

Posted by 洲本市ふるさと納税 on 2016年2月5日

洲本市は、『ドラクエ』シリーズを手がけてきた堀井雄二氏の出身地。その点を考えれば、確かに縁のある返礼品と言えるかもしれません。この『ドラクエ』グッズは、寄付額1万円から10万円の21種類、約400セット限定となります。また申込み開始日時は、2月10日の正午から。既に大きな注目を集めているので、欲しい返礼品がある方は、開始日時をお忘れなく。

洲本市はFacebookにて、「好評のようでしたら、第2弾、第3弾を実施したいと考えております」とのコメントしており、「堀井さんや、ドラクエ部門トップの三宅様を通じて、担当の方と1年近く協議して、やっと商品を特産品として扱うことで契約させていただきました。キャラの絵を使ったり、洲本独自の事業等は、権利関係の壁を越えられませんでした。」とのこと。今後更なる展開を迎える可能性もありますが、まずは第1弾の反響次第。盛り上がることを期待しておきましょう。

(C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【週刊インサイド】多くの読者がニンテンドースイッチの予約に注目! 『Year Of The Ladybug』開発中止も大きな話題に

    【週刊インサイド】多くの読者がニンテンドースイッチの予約に注目! 『Year Of The Ladybug』開発中止も大きな話題に

  2. 『ロックマンX』長編ノベルが1月26日発売、ボンボンで連載されていたコミック版の設定をベースに長編小説化

    『ロックマンX』長編ノベルが1月26日発売、ボンボンで連載されていたコミック版の設定をベースに長編小説化

  3. 『逆転裁判』15周年を記念するイベント&展開が続々と! コンサート開催に、『モンハン エクスプロア』や『NAVITIME』とのコラボも

    『逆転裁判』15周年を記念するイベント&展開が続々と! コンサート開催に、『モンハン エクスプロア』や『NAVITIME』とのコラボも

  4. 「魔法陣グルグル」主人公・ニケ役に石上静香、ヒロイン・ククリ役に小原好美が決定

  5. 【昨日のまとめ】ニンテンドースイッチ予約開始、『ゼルダの伝説 BoW』は任天堂最後のWii Uタイトル、PSVR『Fate/Grand Order VR feat.マシュ・キリエライト』発表…など(1/21)

  6. KOGから『ゼルダの伝説』モチーフのスウェットが登場! 懐かしいファミコンTシャツも再販

  7. 「闘会議2017」にて『ペルソナ5』や『ダンガンロンパV3』の音楽ステージを実施

  8. 中世の職業を“ゲームユニット”風に解説する「十三世紀のハローワーク」発売…松野泰己が「これ、パクってイイ?」と絶賛

  9. ニンテンドースイッチ本体、海外での初回予約は続々終了

  10. 【姫子さんのゲーム本能寺!】第50話:神ゲー糞ゲー裁判。そのゲームは神か糞か?

アクセスランキングをもっと見る