人生にゲームをプラスするメディア

ふるさと納税に『ドラクエ』グッズ、堀井雄二の出身地・洲本市のユニークな試み

その他 全般

ふるさと納税に『ドラクエ』グッズ、堀井雄二の出身地・洲本市のユニークな試み
  • ふるさと納税に『ドラクエ』グッズ、堀井雄二の出身地・洲本市のユニークな試み
近年注目度が増している「ふるさと納税」ですが、兵庫県洲本市が『ドラゴンクエスト』のキャラクターグッズを返礼品に加えると発表し、話題を呼んでいます。

スクウェア・エニックスの協力により、洲本市はこのユニークな返礼品を実現。牛肉や海産物といったリストの中に、「スライム」や「さまようよろい」、「スライムマグカップ」に「ロトの剣・盾」など、ゲームファンに親しみ深いラインナップが並んでいます。

続報❗️ドラゴンクエスト グッズ (洲本市ふるさと納税) みんなでシェアしてね!※申込み開始日時は、2月10日正午に決定しました。 特産品の数は、寄付額1万円~10万円の21種類 約400セット限定となっています。 ...

Posted by 洲本市ふるさと納税 on 2016年2月5日

洲本市は、『ドラクエ』シリーズを手がけてきた堀井雄二氏の出身地。その点を考えれば、確かに縁のある返礼品と言えるかもしれません。この『ドラクエ』グッズは、寄付額1万円から10万円の21種類、約400セット限定となります。また申込み開始日時は、2月10日の正午から。既に大きな注目を集めているので、欲しい返礼品がある方は、開始日時をお忘れなく。

洲本市はFacebookにて、「好評のようでしたら、第2弾、第3弾を実施したいと考えております」とのコメントしており、「堀井さんや、ドラクエ部門トップの三宅様を通じて、担当の方と1年近く協議して、やっと商品を特産品として扱うことで契約させていただきました。キャラの絵を使ったり、洲本独自の事業等は、権利関係の壁を越えられませんでした。」とのこと。今後更なる展開を迎える可能性もありますが、まずは第1弾の反響次第。盛り上がることを期待しておきましょう。

(C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】ゲーム業界の重鎮が夜な夜な集う“住所非公開”の会員制飲食店「84」へ潜入、そこはまさに聖地だった

    【特集】ゲーム業界の重鎮が夜な夜な集う“住所非公開”の会員制飲食店「84」へ潜入、そこはまさに聖地だった

  2. 【特集】『ゲームの名シーン・暴力編』5選―強烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

    【特集】『ゲームの名シーン・暴力編』5選―強烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  3. 【クイズ】GAMEMANIA!:スーファミ特集

    【クイズ】GAMEMANIA!:スーファミ特集

  4. 8bitカルチャーショップ「CONTROLLER」が札幌にオープン! 「KOG」や「TOKYO PiXEL.」などの商品を取り扱い

  5. 青森シネマディクト、手配違いで「この世界の片隅に」最終完成前バージョンを上映…返金対応など発表するも、SNS上では「むしろ羨ましい」の声も

  6. 【週刊インサイド】『ポケモンGO』アップデート情報など新情報相次ぐ…『金・銀』ポケモン登場や新たな展開に関心集まる

  7. 劇場版「ソードアート・オンライン」×「神田明神」コラボ絵馬が発売、縁起物のオリジナルイラストデザインが使用

  8. 「figma 雪ミク Twinkle Snow ver.」2017年7月に一般販売―各ストアで予約受付開始

  9. 【お知らせ】「ゲームクラウドアワード2017」の投票を開始しました

  10. 【インタビュー】『バイオハザード7』の恐怖を支えた新技術が凄い ― 写真から3Dモデルを生成、各キャラには実在モデルが居た

アクセスランキングをもっと見る