人生にゲームをプラスするメディア

ドスパラ、VRの安定動作が望めるPCを発売…約15万円から

ゲームビジネス VR

 
  •  
  •  
ドスパラは、NVIDIAのVR認定プログラム「GeForce GTX VR Ready」に対応したPC2種類を発売しました。価格は149,980円(税別)から。

「GeForce GTX VR Ready」とは、VRゲームやアプリを快適に利用できる仕様のGeForce搭載システムおよびハードウェアに専用ロゴを添付し、VR対応機器をすぐに確認できるようにするもの。提供元のNVIDIAによると、VRコンテンツは90フレーム/秒(fps)以上のフレームレートで2枚の映像(左右の目に1枚ずつ)を描けなければならないので、グラフィックス処理能力が通常の3Dのゲームやアプリの約7倍必要となり、GeForce GTX 970かそれ以上のGPUが必要とのこと。

今回ドスパラから発売された「GeForce GTX VR Ready」対応VR PC「GALLERIA XF」と「GALLERIA ZI」には、グラフィックス処理能力の他に、CPU、メモリ、電源ユニットなどもVRコンテンツ再生時に安定した動作が望める高品質パーツが採用。各スペックは以下のとおり。

■GALLERIA XF
CPU:Core i7-6700
GPU:GeForce GTX 970(4GB)
チップセット:H170 チップセット
メインメモリ:8GB DDR4
ストレージ:2TB HDD
光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
電源:500W 80PLUS BRONZE 認証
OS:Windows 10 Home 64 ビット
価格:149,980円(税別)

■GALLERIA ZI
CPU:Core i7-6700K
GPU:GeForce GTX 980 Ti 6GB
チップセット:Z170 チップセット
メインメモリ:16GB DDR4
ストレージ:2TB HDD
光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
電源:750W 80PLUS SILVER 認証
OS:Windows 10 Home 64 ビット
価格:239,980円(税別)

記事提供元: vsmedia
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 目線で敵をロックオンするVRロボゲー『Project Falcon』がTGSに登場、コックピット視点のゲーム画面も公開

    目線で敵をロックオンするVRロボゲー『Project Falcon』がTGSに登場、コックピット視点のゲーム画面も公開

  2. 【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

    【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

  3. 【CEDEC 2016】新たなトレンドはゲームにどのような変化をもたらすのか…シブサワ・コウが考えるゲームの未来

    【CEDEC 2016】新たなトレンドはゲームにどのような変化をもたらすのか…シブサワ・コウが考えるゲームの未来

  4. 【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

  5. 【CEDEC 2016】VR空間における「手」のあるべき姿とは…Oculus Touchを通して見えたVR操作系の未来と問題点

  6. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  7. 【CEDEC 2016】『シャドウバース』にも応用されたCygamesの次世代技術研究とは

  8. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  9. SF映画に出てきそうなハイクオリティーVRグローブ「Dexmo」デモ映像

  10. 【CEDEC 2016】『ドラクエ』30年の歴史、そして堀井雄二が語るゲームデザイナーに必要な3つの資質とは

アクセスランキングをもっと見る

page top