人生にゲームをプラスするメディア

TVアニメ「ベルセルク」7月スタート発表 ― WOWOW先行、MBS“アニメイズム”で放送

その他 アニメ

 
  •  
2015年12月25日に発表され大きな話題を呼んだ「ベルセルク」新アニメプロジェクト。12月末のコミケをスタートのPVも公開され、CGもたっぷり盛り込んだ迫力の映像が注目を集めた。
本作がいよいよ姿を見せてきた。2月4日に、新アニメプロジェクトがテレビシリーズであること、タイトルが『ベルセルク』であること、そして放送開始が7月であることが明かされた。

またテレビ放送が、これまでやや異なった試みであることも見逃せない。最速放送はプレミアチャンネルでお馴染みのWOWOWの「WOWOWプライム」となる。ここで先行放送した後に、MBSなどでお馴染みのアニメ放送枠「アニメイズム」で放送する。衛星局、そして地上波放送が有力番組で手を結ぶ。

『ベルセルク』は、三浦健太郎が描く、伝奇ファンタジーだ。青年マンガ誌「ヤングアニマル」(白泉社)の人気作となっている。マンガ単行本のシリーズ累計発行部数は全世界で4000万部にも達する。人気の秘密は壮大かつ独自の世界観、それを完全に表現する作画、そして重厚なストーリーと魅力あるキャラクターだ。
作品はこれまでに1997年から98年のテレビシリーズ、2012年から13年の劇場3部作と2度にわたりアニメ化されている。いずれも傑作だけに、今回はどういったストーリーを、どのように描くのかファンの関心も集めそうだ。

一方で、気になるスタッフやキャスト、音楽アーティストなどは今回も発表されなかった。放送開始まであと半年足らず、どのタイミングで発表されるかも気になるところだ。今後の展開から目が離せない。



『ベルセルク』
7月よりMBSほかアニメイズム枠、WOWOWにて放送開始
(C)三浦建太郎(スタジオ我画)・白泉社/ベルセルク製作委員会

TVアニメ「ベルセルク」7月スタート発表 WOWOW先行、MBS“アニメイズム”で放送

《animeanime》

その他 アクセスランキング

  1. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

    【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  2. 「すーぱーそに子」10周年記念の指輪付き約52万円フィギュアが登場、まさに婚約気分になれる一品に

    「すーぱーそに子」10周年記念の指輪付き約52万円フィギュアが登場、まさに婚約気分になれる一品に

  3. 【昨日のまとめ】『ニーア オートマタ』“違和感”と“爽快感”から読み解くプレイレポ、「すーぱーそに子」指輪付き約52万円フィギュア、SIE吉田修平氏がニンテンドースイッチを体験…など(2/23)

    【昨日のまとめ】『ニーア オートマタ』“違和感”と“爽快感”から読み解くプレイレポ、「すーぱーそに子」指輪付き約52万円フィギュア、SIE吉田修平氏がニンテンドースイッチを体験…など(2/23)

  4. 【日々気まぐレポ】第187回 王の名を冠した鉄華団の悪魔「HG ガンダム・バルバトスルプスレクス」キットレビュー

  5. 【hideのゲーム音楽伝道記】第53回:『いけにえと雪のセツナ』 ― 雪の世界の旅を彩る、繊細で切ないピアノの音色

  6. 共に一時代を築いた“ビックリマン”と“キン肉マン”がコラボ! 「肉リマン(にっくリマン)チョコ」2月28日より発売

  7. 【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

  8. 海外Netflixのアニメ版『悪魔城ドラキュラ』ポスターイメージが初披露!

  9. 『FFXV』限定特典の『A KING'S TALE: FFXV』、国内向けの無料配信も明らかに

  10. 【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

アクセスランキングをもっと見る