人生にゲームをプラスするメディア

『マッピー』新作、製作決定!「ゲーム界のエクスペンダブルズ」を自称する平均年齢50歳以上の開発陣が開発

モバイル・スマートフォン iPhone

『マッピー』新作、製作決定!「ゲーム界のエクスペンダブルズ」を自称する平均年齢50歳以上の開発陣が開発
  • 『マッピー』新作、製作決定!「ゲーム界のエクスペンダブルズ」を自称する平均年齢50歳以上の開発陣が開発
  • 『マッピー』新作、製作決定!「ゲーム界のエクスペンダブルズ」を自称する平均年齢50歳以上の開発陣が開発
  • 『マッピー』新作、製作決定!「ゲーム界のエクスペンダブルズ」を自称する平均年齢50歳以上の開発陣が開発
スマートフォン向けゲームアプリ『マッピー・リターンズ』のクラウドファンディングが達成しました。

これは、バンダイナムコエンターテイメントの「カタログIPオープン化プロジェクト」下で行われる『マッピー』の新作ゲーム開発計画です。同プロジェクトではバンダイナムコエンターテインメントのIPを使った二次創作が可能となっており、タビー田平氏企画のもと、スマートフォン向けの『マッピー』開発プロジェクトが発足。開発資金獲得のためクラウドファンディングが実施されていました。


クラウドファンディングは、残り20時間の時点で目標金額の109%を達成。晴れて開発計画がスタートすることとなりました。ドット絵、サウンド、監修には実際に当時ナムコで開発を手掛けていたメンバーが集められており、「ゲーム界のエクスペンダブルズ」を自称する開発陣の平均年齢は50歳以上となっています。

『マッピー』は1983年にナムコ(現バンダイナムコエンターテインメント)から発売されたアーケードゲーム。主人公のネズミの警官マッピーを操り、泥棒猫のニャームコとミューキーズの攻撃を避けながらお宝を奪い返していくアクションが話題となりました。


今回のスマートフォン版は、マッピーがニャームコ達から盗品を取り返してから約15年後が舞台。マッピーが奪い返したお宝を再び盗み出すことに成功ニャームコ団と対決すべく警部となったマッピーが立ち上がるというストーリーが展開します。


本作はマッピーを操作するのではなく「指で誘導する」というスマホに特化したゲーム性が特徴の作品になるとのことで、プレイヤーは画面をスワイプして作った床で、トランポリンを上下に移動するマッピーをお宝に誘導。お宝は館内の壁に飾られていて、マッピーがすべてのお宝を取り戻すとステージクリアです。

◆スタッフ


■プログラム・ディレクション:森一申
■監修:佐藤英治
■サウンド:ZUNKO
■デザイン:小野 Mr.Dotman 浩
■企画・プロデュース:タビー田平

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

なお、本作の試遊は東京都内にて2016年3月頃が予定されているとのことです。

(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.  
《ひびき》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 【プレイレポ】現代のボトルメール・アプリ『ひとりぼっち惑星』は人々の孤独感を受け止める器だった

    【プレイレポ】現代のボトルメール・アプリ『ひとりぼっち惑星』は人々の孤独感を受け止める器だった

  2. アバターは何と1垓(1兆の1億倍)通り!リアルタイムRPG『ドラゴンハンターCOOP』がサービス開始

    アバターは何と1垓(1兆の1億倍)通り!リアルタイムRPG『ドラゴンハンターCOOP』がサービス開始

  3. 『Fate/Grand Order』推奨環境外からのプレイが不可能に…Jailbreak、エミュレータ、rootなどが対象

    『Fate/Grand Order』推奨環境外からのプレイが不可能に…Jailbreak、エミュレータ、rootなどが対象

  4. 話題アプリ『ひとりぼっち惑星』人気のあまりサーバーダウン…復旧の目処は?

  5. ヤマト運輸「LINE」で配送日時の変更などが可能に!ゲームの通販購入でも使える

  6. アプリ『SAO メモリー・デフラグ』発表!3人オンラインマルチプレイ対応ACT

  7. メテオや疫病に耐え、羊を増やしまくるカードゲーム『シェフィ』がアプリ化

  8. 『ひとりぼっち惑星』サーバーが復旧、Ver.1.1.1で“こえ”の送受信が可能に

  9. 『超ド級!美少女RPG(仮)』の正式タイトルが『あくしず戦姫』に決定…種田梨沙、金元寿子、原由実ら声優20名以上参加

  10. Android版『艦これ』本稼働は今夏…“希望する全ての提督”に提供

アクセスランキングをもっと見る

page top