人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、平成28年3月期第3四半期決算を発表…『スプラトゥーン』406万本、『マリオメーカー』334万本

任天堂 その他

任天堂は、平成28年3月期第3四半期決算を発表しました。

売上高は4,256億円で、前年同期と比べると3.9%減ですが、営業利益は424億円と34.4%増。しかし、経常利益は552億円(前年同期比 40.1%減)、また四半期純利益405億円(同 31.9%減)になっています。

「当四半期決算に関する定性的情報」によれば、当第3四半期(平成27年4月~12月)の3DS関連は、Newニンテンドー3DS / LLが販売の中心となり、ハードウェアの販売台数は588万台に。またソフトウェアでは、『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』が293万本を記録。この他にも定番タイトルが堅調に推移し、ソフト全体の販売本数は3,887万本にのぼりました。

Wii Uは、『スプラトゥーン』が406万本、『スーパーマリオメーカー』が334万本と、両タイトルとも大きなヒットを記録。プラットフォームの活性化にも貢献する勢いを見せています。このほかの定番タイトルの後押しもあり、ハードウェアの販売台数は306万台、ソフトウェアの販売本数は2,262万本となっています。

3DSやWii Uのゲームにおける追加コンテンツなどの販売も伸びており、ダウンロード売上高合計は305億円に。また、主力のひとつとして数えられている「amiibo」ですが、フィギュア型が約2,050万体、カード型は約2,150万枚を販売。世界的に好調な推移を見せました。

今後の展開として、3DSは『マリオ&ソニック AT リオオリンピック』などの自社ソフトや、サードパーティーからの有力タイトル発売を挙げており、Wii Uは『スプラトゥーン』『スーパーマリオメーカー』の話題性を維持させながら、『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセスHD』などの新作ソフトをリリース。そして「amiibo」を使った新しいゲーム体験を提案していくことで、さらなる販売拡大を目指すとしています。

スマートデバイス向けアプリの第一弾となる『Miitomo(ミートモ)』の配信開始も予定されており、この更なる動きにも注目が集まることでしょう。なお当期の業績予想については、平成27年5月7日に公表しました業績予想からの変更は行わないとのことです。
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『モンハン ダブルクロス』狩猟スタイル「レンキン」詳細や、新サポート傾向「ビースト」の情報が公開

    『モンハン ダブルクロス』狩猟スタイル「レンキン」詳細や、新サポート傾向「ビースト」の情報が公開

  2. 【レポート】『めがみめぐり』発売記念イベントに伊藤彩沙&尾崎由香が登場、ツクモのおみくじでミラクルを見せる!

    【レポート】『めがみめぐり』発売記念イベントに伊藤彩沙&尾崎由香が登場、ツクモのおみくじでミラクルを見せる!

  3. 短編アニメ「ポケモンジェネレーションズ」EP1~6公開!ゲームの名シーンがアニメに

    短編アニメ「ポケモンジェネレーションズ」EP1~6公開!ゲームの名シーンがアニメに

  4. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  5. 『ポケモン サン・ムーン』ヨーロッパで210万本の販売を達成、発売から12日で

  6. 「ニンテンドースイッチ」のVCがゲームキューブタイトルに対応か

  7. 日活第2弾タイトル『クリーピング・テラー』正式発表!女子高生が恐怖の屋敷を探索

  8. 海外TV番組に「ニンテンドースイッチ」が登場!『ゼルダの伝説』最新作を実機プレイ

  9. 【インタビュー】箕星太朗が語る『めがみめぐり』の魅力 ― ツクモちゃんとのやりとりで癒されて貰いたいです

  10. 『ポケモン サン・ムーン』最速攻略本+完全攻略ガイド発売決定!ポケモンの生まれながらの能力を最大まで上げる「きんのおうかん」付属

アクセスランキングをもっと見る