人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、平成28年3月期第3四半期決算を発表…『スプラトゥーン』406万本、『マリオメーカー』334万本

任天堂 その他

任天堂は、平成28年3月期第3四半期決算を発表しました。

売上高は4,256億円で、前年同期と比べると3.9%減ですが、営業利益は424億円と34.4%増。しかし、経常利益は552億円(前年同期比 40.1%減)、また四半期純利益405億円(同 31.9%減)になっています。

「当四半期決算に関する定性的情報」によれば、当第3四半期(平成27年4月~12月)の3DS関連は、Newニンテンドー3DS / LLが販売の中心となり、ハードウェアの販売台数は588万台に。またソフトウェアでは、『どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』が293万本を記録。この他にも定番タイトルが堅調に推移し、ソフト全体の販売本数は3,887万本にのぼりました。

Wii Uは、『スプラトゥーン』が406万本、『スーパーマリオメーカー』が334万本と、両タイトルとも大きなヒットを記録。プラットフォームの活性化にも貢献する勢いを見せています。このほかの定番タイトルの後押しもあり、ハードウェアの販売台数は306万台、ソフトウェアの販売本数は2,262万本となっています。

3DSやWii Uのゲームにおける追加コンテンツなどの販売も伸びており、ダウンロード売上高合計は305億円に。また、主力のひとつとして数えられている「amiibo」ですが、フィギュア型が約2,050万体、カード型は約2,150万枚を販売。世界的に好調な推移を見せました。

今後の展開として、3DSは『マリオ&ソニック AT リオオリンピック』などの自社ソフトや、サードパーティーからの有力タイトル発売を挙げており、Wii Uは『スプラトゥーン』『スーパーマリオメーカー』の話題性を維持させながら、『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセスHD』などの新作ソフトをリリース。そして「amiibo」を使った新しいゲーム体験を提案していくことで、さらなる販売拡大を目指すとしています。

スマートデバイス向けアプリの第一弾となる『Miitomo(ミートモ)』の配信開始も予定されており、この更なる動きにも注目が集まることでしょう。なお当期の業績予想については、平成27年5月7日に公表しました業績予想からの変更は行わないとのことです。
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  2. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

    『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  3. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  4. 警視庁のケモノ娘「テワタサナイーヌ」から『ポケモンGO』を遊ぶうえでの注意点が発表

  5. 【Wii U DL販売ランキング】『ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊』、『マリオテニス64』などのVCが初登場ランクイン(7/25)

  6. ゲーム攻略SNS「Lobi」にて「ポケモンGO攻略マップwiki」公開、現時点でポケモンの50%以上を発見

  7. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  8. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  9. 『ポケモンGO』サービス混雑で13歳未満の新規プレイヤーが遊べない状況に

  10. 株式会社ポケモンが『ポケモンGO』に導入した安全対策を公開…トレーナーガイドラインやサービス利用規約も

アクセスランキングをもっと見る

page top