人生にゲームをプラスするメディア

「天王洲 銀河劇場」が「代アニ劇場」へ、代々木アニメーション学院が2.5次元に進出

その他 舞台

天王洲 銀河劇場が「代アニ劇場」へ 代々木アニメーション学院が2.5次元に進出
  • 天王洲 銀河劇場が「代アニ劇場」へ 代々木アニメーション学院が2.5次元に進出
  • 天王洲 銀河劇場が「代アニ劇場」へ 代々木アニメーション学院が2.5次元に進出
1992年に天王洲の再開発と共に、誕生した天王洲 銀河劇場が2017年4月1日より新たな名称へ変わる。代々木アニメーション学院を運営する代々木ライブ・アニメイションとその親会社であるキョウデンエリアネットらが2016年2月1日付で劇場を取得、4月1日より「天王洲 YOANI劇場」となる。

天王洲 銀河劇場は1992年にスフィアが運営する「アートスフィア」との名称でスタートした。客席は746席で、馬蹄型三層構造という日本では珍しい形状となっている。天王洲アイル駅から徒歩で行けることができ、演劇をはじめミュージカルやダンスなど、様々な公演が行われてきた。
天王洲 銀河劇場は、2006年よりホリプロが同劇場をリニューアルオープンした際の名称である。今までの公演では、市村正親や鹿賀丈志、藤原竜也といったテレビや映画で活躍する俳優も多く出演している。

代々木ライブ・アニメイションはアニメーション専門教育などの代々木アニメーション学院を運営している。劇場では営業公演に加え、代々木アニメーション学院と協力関係各社による2.5次元ミュージカルの公演を行う予定だ。
さらに学院の学生を公園に出演させ、経験を積ませる。劇場を持つことで、学生達のプロへの道をより身近なものにしていくようだ。舞台はもちろんだが、上演作品とのコラボレーションによってアニメやマンガの学生たちも活躍できる場を創り上げる。

近年2.5次元ミュージカルが増えているが、大衆演劇や公演も変わらずあるため、劇場不足が深刻化している。この一手がどのように影響するのか、引き続き注目したい。

天王洲 銀河劇場が「代アニ劇場」へ 代々木アニメーション学院が2.5次元に進出

《animeanime》

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】「ゲームセンターCX」地上波で放送、『ゼルダの伝説 BoW』青沼Pが解説、『マリオカート8 デラックス』新機能や新参戦キャラをお披露目…など(1/16)

    【昨日のまとめ】「ゲームセンターCX」地上波で放送、『ゼルダの伝説 BoW』青沼Pが解説、『マリオカート8 デラックス』新機能や新参戦キャラをお披露目…など(1/16)

  2. 「Nintendo Switch」発表会、市場に溢れる思惑の正体とは【Re:エンタメ創世記】

    「Nintendo Switch」発表会、市場に溢れる思惑の正体とは【Re:エンタメ創世記】

  3. 「ガルパン」西住みほ&まほが水着フィギュアに!姉妹でキュートに登場

    「ガルパン」西住みほ&まほが水着フィギュアに!姉妹でキュートに登場

  4. 「ゲームセンターCX」1月17日26時10分より地上波で放送、PCエンジン『THE 功夫』に挑戦!

  5. 『ぷよぷよ!!クエスト アーケード』3月31日でサービス終了、ゲーセン初の基本プレイ無料ゲームに幕

  6. 『艦これ』スラリと伸びた足が魅力の「Z1(レーベレヒト・マース)」フィギュアが登場

  7. 「きのこの山」「たけのこの里」のガチ対決がオセロで実現…!「きのこの山VSたけのこの里 オセロ ゲーム3」1月18日発売

  8. 【レポート】『蒼き革命のヴァルキュリア』体験会で下里Pが語る―メインストーリーは30時間ほど、全体では60時間近い

  9. レースゲームの「ゴースト」を通して10年前に死んだ父と再会した青年

  10. 『シュタインズ・ゲート ゼロ』デザインのスニーカー・腕時計・名刺ケースが登場!スニーカーは牧瀬紅莉栖デザインに

アクセスランキングをもっと見る