人生にゲームをプラスするメディア

【レポート】「スプラトゥーン甲子園」や「自作ブキ展示」で盛り上がった「闘会議2016 任天堂ブース」を写真で

その他 フォトレポート

【闘会議2016】スプラトゥーン任天堂ブースレポート
  • 【闘会議2016】スプラトゥーン任天堂ブースレポート
  • 【闘会議2016】スプラトゥーン任天堂ブースレポート
  • 【闘会議2016】スプラトゥーン任天堂ブースレポート
  • 【闘会議2016】スプラトゥーン任天堂ブースレポート
  • 【闘会議2016】スプラトゥーン任天堂ブースレポート
  • 【闘会議2016】スプラトゥーン任天堂ブースレポート
  • 【闘会議2016】スプラトゥーン任天堂ブースレポート
  • 【闘会議2016】スプラトゥーン任天堂ブースレポート
全国最強のナワバリバトルチームが決するSplatoon甲子園やSplatoon自由研究展示など、見所満載の闘会議2016のSplatoonブースをレポート。会場に行けなかった人も現場の熱気をご堪能ください。


ブース最大の動員を誇るはやっぱりSplatoon甲子園エリア。ご覧くださいこの観客の多さ!30日は関東地区大会A・Bブロックが、31日は関東地区大会Cブロック及び全国大会が行われ白熱のバトルを繰り広げました。


ブース向かって右手側にはSplatoon甲子園用に描き下ろされたイラストパネルの撮影スペースもあります。



イカス号の前には優勝チームに贈られる「金烏賊杯」もありました。


イカス号の背面は記念撮影エリアになっており、トラックに描かれたイラストを背景に撮影が可能。なんとリスポーン地点の上で撮影できてしまうんです。4人で行くと雰囲気が出るかも。シオカラーズのパネルもあり絶好の撮影スペースです。


寄せ書きエリアでは熱心にイラストとメッセージを残すファンの姿が見られました。


Splatoonに関する「自由研究」の発表エリアでは自作ブキや自作グッズなどが展示されていました。





サブウェポンも存在感出してますね。お気に入りのブキはありましたか? 


ガラスケースの中には自由研究による自作のグッズが展示されています。




どれもこれも愛情たっぷり。クオリティも高いです。

Splatoon甲子園で盛り上がるイカス号。その裏では職人たちが技術を愛情を注いだ作品が多数展示されており、甲子園の合間も見て楽しめるブースになっておりました。リスポーン地点の撮影スペースではガール、ボーイ、シオカラーズのコスプレをした方も撮影に来ており、おもいおもいに楽しんでいる様子でした。また、イカTシャツを着ていると高確立でペアルックになったようです。
《みかめ》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 『イナズマイレブン』新作は7月発表!宇宙には行かず、タイムスリップもせず、主人公は新キャラに

    『イナズマイレブン』新作は7月発表!宇宙には行かず、タイムスリップもせず、主人公は新キャラに

  2. 【昨日のまとめ】『イナズマイレブン』『レイトン教授』新作を7月発表、『ブレイブルー セントラルフィクション』Esのプレイスタイル判明、VR版『RO』を台湾ユーザーが開発…など(6/24)

    【昨日のまとめ】『イナズマイレブン』『レイトン教授』新作を7月発表、『ブレイブルー セントラルフィクション』Esのプレイスタイル判明、VR版『RO』を台湾ユーザーが開発…など(6/24)

  3. 「ニコニコチャンネル」有料登録者数が50万人突破!上位5チャンネルの平均年間売上額は1億円台

    「ニコニコチャンネル」有料登録者数が50万人突破!上位5チャンネルの平均年間売上額は1億円台

  4. 『レイトン教授』新作も7月発表!超大作かつ映画クラスのキャスティングに

  5. レベルファイブ、クロスメディアシリーズ第5弾を7月発表!イメージアートをお届け

  6. TRIGGER制作「リトルウィッチアカデミア」TVアニメ化決定

  7. 『スパロボ大戦V』寺田氏&佐竹氏が最新作を語る、90年代セガPRの立役者・竹崎氏が明かすソニックチームとの絆、人間の起源を解説したアニメーションムービー・・・編集部員も見るべきまとめ(6/24)

  8. E3の振り返り、そして編集長退任します【オールゲームニッポン 第34回】

  9. 「comico」2000万DL突破、週間読者数は350万人に

  10. VR版『ラグナロクオンライン』を台湾ユーザーが開発、これがリアルVRMMOか…

アクセスランキングをもっと見る

page top