人生にゲームをプラスするメディア

【レポート】「スプラトゥーン甲子園」や「自作ブキ展示」で盛り上がった「闘会議2016 任天堂ブース」を写真で

その他 フォトレポート

【闘会議2016】スプラトゥーン任天堂ブースレポート
  • 【闘会議2016】スプラトゥーン任天堂ブースレポート
  • 【闘会議2016】スプラトゥーン任天堂ブースレポート
  • 【闘会議2016】スプラトゥーン任天堂ブースレポート
  • 【闘会議2016】スプラトゥーン任天堂ブースレポート
  • 【闘会議2016】スプラトゥーン任天堂ブースレポート
  • 【闘会議2016】スプラトゥーン任天堂ブースレポート
  • 【闘会議2016】スプラトゥーン任天堂ブースレポート
  • 【闘会議2016】スプラトゥーン任天堂ブースレポート
全国最強のナワバリバトルチームが決するSplatoon甲子園やSplatoon自由研究展示など、見所満載の闘会議2016のSplatoonブースをレポート。会場に行けなかった人も現場の熱気をご堪能ください。


ブース最大の動員を誇るはやっぱりSplatoon甲子園エリア。ご覧くださいこの観客の多さ!30日は関東地区大会A・Bブロックが、31日は関東地区大会Cブロック及び全国大会が行われ白熱のバトルを繰り広げました。


ブース向かって右手側にはSplatoon甲子園用に描き下ろされたイラストパネルの撮影スペースもあります。



イカス号の前には優勝チームに贈られる「金烏賊杯」もありました。


イカス号の背面は記念撮影エリアになっており、トラックに描かれたイラストを背景に撮影が可能。なんとリスポーン地点の上で撮影できてしまうんです。4人で行くと雰囲気が出るかも。シオカラーズのパネルもあり絶好の撮影スペースです。


寄せ書きエリアでは熱心にイラストとメッセージを残すファンの姿が見られました。


Splatoonに関する「自由研究」の発表エリアでは自作ブキや自作グッズなどが展示されていました。





サブウェポンも存在感出してますね。お気に入りのブキはありましたか? 


ガラスケースの中には自由研究による自作のグッズが展示されています。




どれもこれも愛情たっぷり。クオリティも高いです。

Splatoon甲子園で盛り上がるイカス号。その裏では職人たちが技術を愛情を注いだ作品が多数展示されており、甲子園の合間も見て楽しめるブースになっておりました。リスポーン地点の撮影スペースではガール、ボーイ、シオカラーズのコスプレをした方も撮影に来ており、おもいおもいに楽しんでいる様子でした。また、イカTシャツを着ていると高確立でペアルックになったようです。
《みかめ》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. ガンプラ40周年に向けた新プロジェクト始動! 第1弾は“可動を追求”したゼータガンダム

    ガンプラ40周年に向けた新プロジェクト始動! 第1弾は“可動を追求”したゼータガンダム

  2. 【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

    【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

  3. 「雪ミク」デザインの「WAON」カードが北海道で登場!先行販売は2月6日より開始

    「雪ミク」デザインの「WAON」カードが北海道で登場!先行販売は2月6日より開始

  4. マイニンテンドーストアのNintendo Switchカスタマイズ本体、発売日発送分の予約受付終了

  5. 『艦これ』「ねんどろいど Pola(ポーラ)」予約開始、もちろん「酔っぱらい顔」やワイン各種も同梱

  6. あなたの部屋に「エヴァ」の“第3新東京市”が出現! 1/2,500スケールモデルで2017年6月発売

  7. 『ロックマンX』長編ノベルが1月26日発売、ボンボンで連載されていたコミック版の設定をベースに長編小説化

  8. 「figma アーチャー」再販が決定、双剣や「カラドボルグII」などでクールな姿を再現可能

  9. カプセルレスなガシャポン! 約100mmの「ザクヘッド」ディスプレイがワンコインで登場

  10. 【昨日のまとめ】「マイニンテンドーストア」オープンするもアクセス困難に、『バイオハザード』シリーズの軌跡を振り返り、『DARK SOULS III』DLC第2弾が3月28日配信…など(1/23)

アクセスランキングをもっと見る