人生にゲームをプラスするメディア

「トワイライトプリンセス」漫画化決定、担当は姫川明…過去のコミックス版「ゼルダの伝説」復刊も

その他 全般

「トワイライトプリンセス」漫画化決定、担当は姫川明…過去のコミックス版「ゼルダの伝説」復刊も
  • 「トワイライトプリンセス」漫画化決定、担当は姫川明…過去のコミックス版「ゼルダの伝説」復刊も
漫画家の姫川明氏が以前発表した「ゼルダの伝説」を原作とした新作コミックは、『トワイライトプリンセス」』のコミカライズと判明しました。

ニンテンドウ64ソフト『時のオカリナ』のコミカライズから始まり、2008年『無幻の砂時計』まで、計10冊に渡り『ゼルダの伝説』のコミックシリーズを手がけてきた姫川氏。その人気や知名度は国内に留まらず、アメリカやヨーロッパにも及んでいます。

そんな姫川氏が、昨年の7月に新たな「ゼルダの伝説」新作コミックを発表。当時は「ゼルダの伝説」シリーズのどの作品をモチーフとするのかは明かされていませんでしたが、このたび『トワイライトプリンセス』のコミカライズと判明。また、小学館のマンガアプリ「マンガワン」にて連載されるとの発表も寄せられました。



執筆は去年からすでにスタートしているため、お目にかかれる日もそう遠い話ではなさそうです。なお、3月10日にはWii Uソフト『トワイライトプリンセスHD』がリリースされますが、その動きに合わせたわけではなく、姫川氏曰く「たまたまここで一緒になって、私達的にはここでリンクするとは…という感じなのです」とのこと。

また、てんとう虫コミックス版「ゼルダの伝説」10冊が「パーフェクトエディション」として蘇ることも明らかに。単行本未収録の原稿も今回初収録されるそうなので、買い逃した方にとっては目の離せない展開と言えるでしょう。なお「パーフェクトエディション」は、全5巻となる模様。新作コミック「トワイライトプリンセス」と共に、要注目です。

(C) 2015 AKIRA HIMEKAWA Copyright 2015AKIRA HIMEKAWA All Rights Reserved.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

    【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  2. 【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

    【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

  3. 【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

    【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

  4. 「TGS2017」は9月21日~24日開催に、VR/AR・e-Sports・動画配信などの要素を強化

  5. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

  6. 【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

  7. 【特集】ゲーム業界の重鎮が夜な夜な集う“住所非公開”の会員制飲食店「84」へ潜入、そこはまさに聖地だった

  8. 【レポート】現実世界で戦うARロボット「メカモン」登場 ― カスタマイズや対戦も可能で、大会もサポート予定

  9. 【特集】『ゲームの名シーン・感動編』5選―鮮烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  10. 破壊された“200体の人形”が伝える『ニーア オートマタ』の世界観とは…ヨコオタロウ氏原案のMVをお披露目

アクセスランキングをもっと見る