人生にゲームをプラスするメディア

【台北ゲームショウ2016】『ログレス』は台湾でも人気、現地パブリッシャーのGarenaのブースをチェック

モバイル・スマートフォン iPhone

【台北ゲームショウ2016】『ログレス』は台湾でも人気、現地パブリッシャーのGarenaのブースをチェック
  • 【台北ゲームショウ2016】『ログレス』は台湾でも人気、現地パブリッシャーのGarenaのブースをチェック
  • 【台北ゲームショウ2016】『ログレス』は台湾でも人気、現地パブリッシャーのGarenaのブースをチェック
  • 【台北ゲームショウ2016】『ログレス』は台湾でも人気、現地パブリッシャーのGarenaのブースをチェック
  • 【台北ゲームショウ2016】『ログレス』は台湾でも人気、現地パブリッシャーのGarenaのブースをチェック
  • 【台北ゲームショウ2016】『ログレス』は台湾でも人気、現地パブリッシャーのGarenaのブースをチェック
  • 【台北ゲームショウ2016】『ログレス』は台湾でも人気、現地パブリッシャーのGarenaのブースをチェック
  • 【台北ゲームショウ2016】『ログレス』は台湾でも人気、現地パブリッシャーのGarenaのブースをチェック
  • 【台北ゲームショウ2016】『ログレス』は台湾でも人気、現地パブリッシャーのGarenaのブースをチェック
シンガポールを拠点とするインターネット企業で、台湾や東南アジアでゲームパブリッシング事業を展開するGarena Onlineが台北ゲームショウ2016に広いブースを構えていました。

同社は大手企業とタッグを組み、『League of Legends』(Riot Games)、『Alliance of Valiant Arms(A.V.A.)』(Red Duck)、『FIFA Online』(エレクトロニック・アーツ)など著名なPCゲームを展開していますが、今回のショウではマーベラスの『剣と魔法のログレス』とLightspeed Studiosの『雷電突撃』という2つのモバイルゲームを展示していました。







昨年10月22日からGarenaが台湾・香港・マカオでサービスを開始した『剣と魔法のログレス』(剣興魔法王国 遠古の女神→余談ですが台湾では「の」は「of」の意味で平仮名がそのまま使われる事がよくあるそう)はApp Storeのセールスランキングで10~20位に位置しており、好調のようです。ダウンロード数はそう多くないようですが、本格的なオンラインゲームであり、客単価が高いのは日本と同様のようです。





熱いユーザーがいるというのはブースに設置されたメッセージコーナーでも感じられました。立ち寄ったユーザーが残したもので、中には日本語で「ログレス大好き」と書かれたものや、可愛らしいイラストが描かれたものなど多種多様でした。



一方の『雷電突撃』は日本ではサービス展開されていないゲームですが、タッチの簡単操作で遊べるカバーシューターといった趣。画面後方から次々に登場する敵を撃っていきます。なかなか快適なプレイで、良質なゲームだと感じられました。こちらもかなりの人気作品のようで、AppStoreのトップセールスで10位前後を保っているようです。







コンパニオンの皆様も素敵で、グッドなブースでした。

《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. TGSで『スクフェス』ステージイベント実施! Aqoursキャスト陣登場…重大発表も

    TGSで『スクフェス』ステージイベント実施! Aqoursキャスト陣登場…重大発表も

  2. 【げむすぱ放送部特別企画】『シャドウバース』「風林火山!しゃどばす大戦」開催

    【げむすぱ放送部特別企画】『シャドウバース』「風林火山!しゃどばす大戦」開催

  3. 『オルサガ』新章配信開始! URレアリティ「ニーナ」「モーリス」新登場

    『オルサガ』新章配信開始! URレアリティ「ニーナ」「モーリス」新登場

  4. ファン待望のアニメ化プロジェクト発表!『夢100』イベントレポート

  5. 『ディシディア』シリーズ最新作はRPG! スマホ向け『FF オペラオムニア』2016年配信

  6. 全ての課金がいつでも5%還元に!「SMART GAME(スマートゲーム)」で『戦国炎舞 -KIZNA-』をプレイしてみた

  7. 金融庁が『ポケモンGO』のポケコインを調査―資金決済法に関わる問題

  8. PC/スマホ向けカードゲーム『アトム時空の果て』プロジェクト始動!「鉄腕アトム」など手塚キャラを奥浩哉や須田剛一、松山洋らがリメイク!

  9. 『少女前線』にいったい何が?運営と開発に亀裂、元運営が語る真相とは

  10. 不正なしで100万経験値獲得目指した『ポケモンGO』ユーザー、挑戦中にBANされる

アクセスランキングをもっと見る

page top