最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
【KHUX攻略】『キングダムハーツ アンチェインド キー』のデッキ編成と曜日クエスト攻略のポイント(第5回)

【KHUX攻略】『キングダムハーツ アンチェインド キー』のデッキ編成と曜日クエスト攻略のポイント(第5回)

2016年1月30日(土) 18時00分

ディズニーの世界を冒険できる『キングダムハーツアンチェインド キー』。攻略連載最終回となる今回は、デッキ編成や曜日クエスト攻略のポイントを紹介します。

バトルはキーブレードの使い分けも大切ですが、どのようにメダルをセットするかも重要です。そして、メダルやキーブレードの強化に欠かせない曜日クエストもしっかりとクリアしていきたいところ。敵をバシバシ倒していくために役立つポイントをドドーンと解説していきますよっ。

◆デッキ編成


メダルのアビリティは、「全体攻撃」「単体攻撃」「バフ」「回復」の4タイプに分けることができます。キーブレードには、こうしたアビリティのタイプを考えながらメダルをセットします。

「全体攻撃」

「単体攻撃」

「バフ」

「回復」

基本的に、スロット1~2には「全体攻撃」タイプをセット。3~5には「単体攻撃」タイプをセットします。1~2回目の攻撃で全体攻撃、残った敵を単体攻撃のアビリティで倒していくイメージです。


全体攻撃アビリティは、アビリティゲージの消費量が少ないものがオススメ。ボスに辿りつくまでに何度もアビリティが使えるため、サクサクとクエストをこなすことができます。単体攻撃アビリティはトドメに使うため、威力の大きなメダルを選びましょう。

「バフ」と「回復」のアビリティが必要になりそうな場合は、スロット1~2に仲間を強化するバフのアビリティを持つメダル、スロット3~4あたりに回復のアビリティを持つメダルをセットすると進めやすくなります。スロットに設定されている倍率も考え、メダルの力を最大限に発揮できるデッキ編成を考えてみてください。

メダルはレアリティを上げると強くなりますが、☆6まで上げるとコストが一気に高くなります。コストの関係上、キーブレードにセットできる☆6メダルの枚数が限られているので、☆6までレアリティを上げるメダルは厳選すべし! 火力の高いメダルや汎用性の高いメダルを☆6まで育てましょう。

コストが一気に高くなる☆6メダル


◆曜日クエスト


『キングダムハーツアンチェインド キー』では、曜日によって異なるクエストにチャレンジできます。クリアすることで、メダルやキーブレードの強化素材を手に入れることができますよっ。

・月曜:キーブレード強化素材(ミスリル)、パワーオブヒーロー強化素材
・火曜:パワー強化メダル、パワー進化メダル、ロックスプレンダー強化素材
・水曜:マジック強化メダル、マジック進化メダル、デザイアーランプ強化素材
・木曜:スピード強化メダル、スピード進化メダル、ラストリゾート強化素材
・金曜:☆1~☆5進化メダル、スターライト強化素材
・土曜&日曜:パラメータ強化メダル(チップ、デール、シド)

各強化メダルを入手できるクエストと各キーブレード強化素材を入手できるクエストは、メダルが弱いうちからクリアすることができます。ポイントは、連続攻撃系のアビリティを持つメダルでデッキを編成すること。

デッキには連続攻撃系のアビリティを持つメダルを編成

各強化メダルクエストや各キーブレード強化素材クエストに登場する敵「アイテムエッグ」は、強いメダルも弱いメダルも固定で1ダメージしか与えることができません。

アイテムエッグ

何度も攻撃することで倒すタイプの敵なので、連続攻撃でヒット数を稼ぐことで楽に倒すことができます。アビリティゲージの消費量が少なく、連続攻撃数の多いアビリティを持つメダルをセットしてクエストにチャレンジしましょう。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


『キングダムハーツ アンチェインド キー』は、好評配信中で基本プレイ無料のアイテム課金制です。



(C) Disney Developed by SQUARE ENIX

■筆者 さかまきうさろーる
ファミコンのA/Bボタンが四角だった頃からのゲーム好き。現在はAndroidとアニメにご執心。のんびりライターとして活動しながら、ゲームをプレイ中。アニメを追いかけつつ、ときどきすれ違いを求めて、3DS片手に福岡を徘徊しています。
Twitter:@sakaroll

  • 「全体攻撃」の画像
  • 「単体攻撃」の画像
  • 「バフ」の画像
  • 「回復」の画像
  • キーブレードにメダルをセットの画像
  • コストが一気に高くなる☆6メダルの画像
  • デッキには連続攻撃系のアビリティを持つメダルを編成の画像
  • アイテムエッグの画像
(Article written by さかまきうさろーる)

モバイル・スマートフォンアクセスランキング