最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us

【特集】TPPで“アニメや二次創作”はどう変わる?弁護士×アニメ誌編集長による特別対談

2016年1月29日(金) 22時51分
左から三谷英弘氏、数土直志氏
左から三谷英弘氏、数土直志氏

 業界を代表するWEBメディアの編集長が、TPPの影響について専門家と語る対談シリーズ。第一回目は知的財産権を専門とする弁護士を経て、渡米後はマンガ出版社VIZ Mediaに在籍。12年には衆議院議員に当選し、経済産業委や消費者特別委に所属した三谷英弘氏に、「アニメ!アニメ!」編集長の数土直志氏が話を聞いた。

■TPPが暗黙のルールを可視化する
数土編集長:まずはTPPとは何かということを、簡単におさらいして頂けますでしょうか?

三谷氏:簡単に言うと、海外取引の障壁となっているルールが国によって違うので、それを取り除いていきましょうという話です。いろいろな国での関税障壁、非関税障壁を取り除いていきましょうと、ざっくりそんな感じですね。

数土編集長:障壁が無くなって貿易が増えれば、日本やパートナーの国々が豊かになっていくわけですね。でも、急激な変化を嫌う人もいるわけで、それがここ数年の騒動になっています。それは、著作権やコンテンツを持つ人にも何か影響はあるのでしょうか?

三谷氏:どんな業界にもビジネスを円滑に進めるための仕組みがあって、それぞれの国独自のものなんです。それを共通化するわけですから、業界独自の暗黙のルールが成り立たなくなる。例えば、アメリカの農業で何が暗黙のルールなのかは、日本から分からないわけじゃないですか。それでは投資の妨げにもなるので、他の国でも通用するようにする。それがTPPの目的なんです。後で説明しますけど、日本のアニメや漫画などのコンテンツ産業では、世界でも類を見ない独自のルールがあるわけです。

数土編集長:それも見えないルールが多いですよね。

三谷氏:だからそれをできる限り可視化し、共通化しようという話になっていく。海外から見て、日本独自のルールがどういうものか分からなければ、投資がしづらいわけです。

数土編集長:日本のアニメや映画製作でよく見られる製作委員会と聞いても、海外のかたはみんな分からないと言いますからね。

三谷氏:そもそも日本以外には無いですからね。

■著作権の保護期間延長、キャラクターの立ち位置は?
数土編集長:著作権の長さについては、今までアメリカは独自のルールで運用していると言われていました。これが日本でも適用されることになるのでしょうか?

三谷氏:まずTPPに入ることによる著作権法への影響からお話し致しますが、著作権は3つの点で変わると言われています。一つが著作権の保護期間の話なのですが、日本は元々が50年(映像の著作物は70年)までとされている。今後はこれがすべて70年になるとされています。実はアメリカの場合、個人がクリエイターとして作ったものではなく、会社が営利目的で作った法人著作は、保護期間がもっと長いんです。公開から95年、制作から120年の短い方となっているので、アメリカはもっと先に行っています。

数土編集長:それは今回は適用されないのですか?

次のページへ
  • 左から三谷英弘氏、数土直志氏の画像
(原題:【対談】TPPで変わる著作権、アニメや漫画の現場はどう変わる?)
(Article written by 丸田鉄平/H14)

その他アクセスランキング