人生にゲームをプラスするメディア

『メタルウルフカオス』海外パブリッシャーが復活を熱望、フロムへラブコール

マイクロソフト Xbox

海外パブリッシャーが『メタルウルフカオス』復活熱望―フロム・ソフトウェアへラブコール
  • 海外パブリッシャーが『メタルウルフカオス』復活熱望―フロム・ソフトウェアへラブコール
2004年に初代Xbox向け作品として発売された大統領アクション『メタルウルフカオス』。海外有名パブリッシャーDevolver Digitalが、本作の復活を望む熱いメッセージをSNS上で公開しています。

突如ラブコールを送ったDevolver Digitalは、Twitterで「もし、フロム・ソフトウェアが『メタルウルフカオス』を復活させるための助けが必要なら、私たちが参加するよ」と、本作の画像を添えて発言。日本国内で発売されて10年以上が経過してもなお、アメリカでの発売が見送られていた本作の復活を熱望する旨を明らかにしました。

本作は、アメリカ合衆国大統領が主人公のアクションタイトルで、国内でも流通量の少なさから希少性の高い作品として有名。通常の兵士や戦車、巨大兵器との激しいアクションはもちろん、近未来を舞台にした世界観、随所に挿入されるアメリカンジョークなどが特徴的なタイトルでした。

また、Twitter上では、ハッシュタグ「#FreeMetalWolf」を含んだツイートが定期的に投稿されているようです。

海外パブリッシャーが『メタルウルフカオス』復活熱望―フロム・ソフトウェアへラブコール

《秋夏》

編集部おすすめの記事

マイクロソフト アクセスランキング

  1. Xbox One S本体の開封映像到着…4K出力はアップデートで対応?

    Xbox One S本体の開封映像到着…4K出力はアップデートで対応?

  2. AmazonでXbox One本体の期間限定セールが実施中、『Halo:TMCC』もしくは『BF1』が同梱

    AmazonでXbox One本体の期間限定セールが実施中、『Halo:TMCC』もしくは『BF1』が同梱

  3. 【特集】なぜ今、Xbox Oneで新作STGをリリースするのか…『雷電V』開発者が語るSTGの過去と未来と変化について

    【特集】なぜ今、Xbox Oneで新作STGをリリースするのか…『雷電V』開発者が語るSTGの過去と未来と変化について

  4. ゲーム以外の分野から熱視線!見守りシステムで活かされるKinectセンサー

  5. Xbox One後方互換対応リストに国産RPG『ブルードラゴン』が追加!

  6. 『デッドライジング4』時限独占をMSが認める…海外報道

  7. 【プレイレポ】発売一ヶ月で100万本突破の『デッドライジング3』は全てが前作よりパワーアップ

  8. 世界で人気を博している『Minecraft』のパッケージ版を購入 ― 開けてビックリ、中身はなんと!

  9. 「期間限定 Xbox One 本体セール キャンペーン」実施―最大1万円引き

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top