人生にゲームをプラスするメディア

【台北ゲームショウ2016】成長著しいアジアマーケットにフォーカス、熱いショウが開幕

ゲームビジネス その他

【台北ゲームショウ2016】成長著しいアジアマーケットにフォーカス、熱いショウが開幕
  • 【台北ゲームショウ2016】成長著しいアジアマーケットにフォーカス、熱いショウが開幕
  • 【台北ゲームショウ2016】成長著しいアジアマーケットにフォーカス、熱いショウが開幕
  • 【台北ゲームショウ2016】成長著しいアジアマーケットにフォーカス、熱いショウが開幕
28日より台湾の台北にあるワールドトレードセンターにて、台北ゲームショウ2016が開幕しました。開場に先立って開催されたセレモニーでは、主催の台北コンピューター協会をはじめ関係団体のトップがテープカットに臨みました。

台北ゲームショウは28日~2月2日の会期で、30の国から300社あまりが出展。業界関係者3000人、一般来場者50万人を見込む巨大なショウとなっています。主催者によれば台湾のゲーム市場はアジアのトップ4に入り、Google Play単体では世界のトップ4に入っているとのこと(NewZoo)。人口は2300万人あまりと多くはありませんが、ゲーム熱が高く、情熱的なゲーマーに驚かされる国です。

業界関係者向けのブースが集まるB2Bエリア、一般ユーザー向けのB2Cエリア、カンファレンスのAPGS(Asia Pacific Game Summit)が3本柱で、テーマとしては「バーチャルリアリティ」(VR)「規模の拡大」「多様性」が掲げられています。VRではPlayStation VRの吉田修平氏や、元Oculus韓国法人代表で現在はVRコンテンツを開発するVoler CreativeのDillon Seo氏らがカンファレンスで登壇。日本人からの登壇者を中心にレポートしていきます。

B2Cエリアでは最大級のブースを出展するSCEJAや、去年に引き続き巨大ブースとなったバンダイナムコ、ニューカマーのセガなどが出展。モバイルだけでなく、コンシューマーにおいてもアジア地域の売上は無視できない規模に成長しており、SCEJAのブースやステージでも多数の日本企業が登場します。また、現地開発のコンシューマータイトルも質・量ともに増加しており注目されます。

B2Bエリアでは様々なゲーム関連企業が出展するほか、Indie Game Festaと題してアジアを中心としてインディーデベロッパーが多数出展。こちらも熱いゲームが期待できそうです。

生憎の曇り空でのスタートとなった今年の台北ゲームショウですが、現地から様々な記事をお伝えしていく予定です。お楽しみに。

《土本学》

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  2. 剣や盾を振り回すVRアクション『CIRCLE of SAVIORS』10月1日に体験会が開催決定!「HTC Vive」プレゼント企画も

    剣や盾を振り回すVRアクション『CIRCLE of SAVIORS』10月1日に体験会が開催決定!「HTC Vive」プレゼント企画も

  3. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

    狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  4. 『P.T.』の影響受けた一人称ホラー『Allison Road』開発再開!

  5. バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能

  6. 【特集】中二全開のVR剣戟ACT『CIRCLE of SAVIORS』に脱帽、「やれば分かる」の概念がぶち壊れる

  7. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  8. 「売れるスマホゲームの鍵は?」『消滅都市』『ジョーカー』『ドラゴンファング』のクリエイターが語る

  9. 【TGS2016】二次元美少女に触れられるVRデモ、壊れる

  10. 【インタビュー】『スペースチャンネル5』開発者が語る、VRで復活までの道のり&今だから言える裏話

アクセスランキングをもっと見る

page top