人生にゲームをプラスするメディア

『ブレイブルー セントラルフィクション』新キャラ「冥王イザナミ」バトルシステム判明!能力は「浮遊」

その他 アーケード

『ブレイブルー セントラルフィクション』新キャラ「冥王イザナミ」バトルシステム判明!能力は「浮遊」
  • 『ブレイブルー セントラルフィクション』新キャラ「冥王イザナミ」バトルシステム判明!能力は「浮遊」
  • 『ブレイブルー セントラルフィクション』新キャラ「冥王イザナミ」バトルシステム判明!能力は「浮遊」
  • 『ブレイブルー セントラルフィクション』新キャラ「冥王イザナミ」バトルシステム判明!能力は「浮遊」
  • 『ブレイブルー セントラルフィクション』新キャラ「冥王イザナミ」バトルシステム判明!能力は「浮遊」
  • 『ブレイブルー セントラルフィクション』新キャラ「冥王イザナミ」バトルシステム判明!能力は「浮遊」
  • 『ブレイブルー セントラルフィクション』新キャラ「冥王イザナミ」バトルシステム判明!能力は「浮遊」
  • 『ブレイブルー セントラルフィクション』新キャラ「冥王イザナミ」バトルシステム判明!能力は「浮遊」
  • 『ブレイブルー セントラルフィクション』新キャラ「冥王イザナミ」バトルシステム判明!能力は「浮遊」
アークシステムワークスは、アーケード『BLAZBLUE CENTRALFICTION(ブレイブルー セントラルフィクション)』のタイムリリースキャラクター「冥王イザナミ」を1月28日に実装すると発表しました。

『BLAZBLUE CENTRALFICTION』は、2D対戦格闘ゲーム『BLAZBLUE』シリーズ最新作となるタイトルです。主人公「ラグナ=ザ=ブラットエッジ」の最終章が描かれる内容となっており、これまでの参戦キャラクターに加え、新たに「黒鉄ナオト」「ヒビキ=コハク」「ナイン」といったキャラクターが登場しています。


なお、「冥王イザナミ」が実装される1月28日には、ストーリー(アーケードモード)のAct2が解放されるほか、新モード「スピードスターモード」ややりこみ要素などが追加されます。

◆冥王・イザナミ(CV:ゆかな)
……全てに等しく「死」を与える。それだけだ。

フォトギャラリーはこちら

前作家庭用BBCPではタケミカヅチを使役し、ラグナ達の前に立ちはだかった強敵「冥王イザナミ」。そんな彼女がついに真実の姿を現します。

■バトルスタイル


「イザナミ」は2段ジャンプの代わりに「浮遊」を使う事が出来る特殊なキャラクターです。浮遊中には地上の「通常技」「必殺技」「ダッシュ」なども使用可能で、浮遊は一定時間経過するか、浮遊中にジャンプすると解除されます。



また、ドライブ能力で特殊ユニットである「ヤサカニノ禍魂(やさかにのまがたま)」を展開。通常状態中は各種C攻撃後に追加C攻撃が可能で、方向キー+Dで「ヤサカニノ禍魂」を飛び道具として使用する事ができます。


ただし展開中はガードや追加C攻撃が出来なくなるので、状況に応じて展開・収納を行いオールレンジで戦いましょう。

■技紹介

●必殺技:天蓋の火(てんがいのひ)


禍々しい気を放つ球体を投げ飛ばす飛び道具で、球体は地面に着弾すると火柱を発生。タメると球体と火柱は大きくなり、威力も増大します。

●必殺技:慈愛の悠(じあいのゆう)


相手に噛みつくコマンド投げで、投げが成功すると相手の体力とバリアゲージを吸収。浮遊中に使用すれば、空中投げのようにジャンプした相手を投げられるようになります。

●必殺技:夢重の盾(むじゅうのたて)


イザナミの周囲にバリアを張り、発動中はバリアゲージが徐々に減少しますがが、打撃に対して無敵に。発動中はバリアを消しつつ吹き飛ばす「夢重の剛」を使用可能です。

●必殺技:蘭(あららぎ)


「ヤサカニノ禍魂」を前方に放つ飛び道具。ボタンを離した位置で停滞するので、設置系飛び道具として利用できます。

●オーバードライブ:絶界(ぜっかい)<アークフォース>


「ヤサカニノ禍魂」を展開状態にしなくても使用可能に。通常時とは違い、ガードが可能になります。

●エクシードアクセル:那逝絶(なゆた)<アークドライブ>


無抵抗の相手の胸を腕で貫くエクシードアクセル。黄泉の世界を連想させるド派手な演出にも注目です。

●ディストーションドライブ:覇禅の杭(はぜんのくい)


蹴り飛ばした相手を先回りし、さらに何度も追撃するディストーションドライブ。オーバードライブ版は追撃回数が増加します。

●ディストーションドライブ:仁拾の刻(じんとうのこく)


イザナミ以外の時間が停止。相手の動きが停止するので隙だらけな敵に追撃し放題です。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『BLAZBLUE CENTRALFICTION』は稼働中です。

(C) ARC SYSTEM WORKS
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】『ポケモンGO』最新アプデ情報が公開、『スーパーマリオラン』無料で遊べる範囲が増加、『Bloodstained』Wii U版がキャンセル―スイッチへと開発移行…など(3/22)

    【昨日のまとめ】『ポケモンGO』最新アプデ情報が公開、『スーパーマリオラン』無料で遊べる範囲が増加、『Bloodstained』Wii U版がキャンセル―スイッチへと開発移行…など(3/22)

  2. 『ポケモンGO』や「君の名は。」選ばれる―第20回文化庁メデイア芸術祭受賞作品発表

    『ポケモンGO』や「君の名は。」選ばれる―第20回文化庁メデイア芸術祭受賞作品発表

  3. 「けものフレンズ」最終回に備える、一挙振り返り放送を実施─ニコニコ生放送にて3月25日に

    「けものフレンズ」最終回に備える、一挙振り返り放送を実施─ニコニコ生放送にて3月25日に

  4. 「ガルパン劇場版」秋山殿が制服Verでfigmaに!敬礼が似合う「ドヤ顔」やあの「信号ラッパ」も

  5. 保育所がないなら作ろう!『ファンタジーライフ LINK!』を開発したブラウニーズ、社内に保育施設を設置

  6. アトラス、今年発売する新作タイトルに迫る特別番組を実施! 3DSソフト『ラジアントヒストリア パーフェクトクロノロジー』など登場

  7. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  8. 東京・神田明神に「明神カフェ」が4月中旬オープン!様々なアニメ・ゲーム作品とコラボ予定

  9. 「すーぱーそに子 10th Anniversary Book」発売を記念するイラスト展を開催! 高精細出力の複製イラスト30点を掲示

  10. 「このすば」2期最終回にてゲーム化が明らかに!タイトルは『この素晴らしい世界に祝福を! -この欲深いゲームに審判を!-』

アクセスランキングをもっと見る