人生にゲームをプラスするメディア

『ワギャン』しりとり特化アプリ開発プロジェクト開始!クラウドファンディングで「読み方提案権」も付与

モバイル・スマートフォン iPhone

『ワギャン しりとりで勝負だ!(仮称)』クラウドファンディングプロジェクト開始
  • 『ワギャン しりとりで勝負だ!(仮称)』クラウドファンディングプロジェクト開始
  • ワギャン
  • マジョーラ
  • マッシュ
  • キューラ
  • バンダイナムコエンターテインメント カタログIPオープン化プロジェクト
ステアシステムは、クラウドファンディングサイト「Makuake」にて、iOS/Androidアプリ『ワギャン しりとりで勝負だ!(仮称)』の開発プロジェクトを開始しました。

『ワギャン しりとりで勝負だ!(仮称)』は、1989年にファミコンソフトとして発売されたアクションゲーム『ワギャンランド』のボス戦で行われる「しりとり」に焦点をあてた、バンダイナムコエンターテインメントが展開する「カタログIPオープン化プロジェクト」参加企画アプリです。「ずっと“しりとり”だけを遊んでいたい」というワガママに応える内容のカジュアルゲームを目指します。


本作の開発プロジェクト始動にともない、ウェブサービス「Makuake(マクアケ)」にて、クラウドファンディングの実施が決定。サポーターを募集します。

ステアシステムの代表取締役・高橋伸夫氏は、子供の頃に『ワギャンランド』をいちプレイヤーとして楽しんでおり、「苦手なアクションパートをやらずに、ずっと“しりとり”だけを遊べたら良いのに」という思いを抱いていたそうです。『ワギャン しりとりで勝負だ!(仮称)』は、そんな高橋氏自身の体験に基づき、更に面白いコンテンツに育つように開発を進めたいとして、クラウドファンディングでサポーターを募集します。


サポーター募集の目的は資金調達だけでありません。『ワギャンランド』の「しりとり」と言えば、1つのイラストに対する多様な“読み方”があり、例えば「ねこ」のイラスト1枚でも「こねこ」「にゃんこ」「やまねこ」としても読むことができます。このようなユニークな読み方を、さまざまな人の発想を取り入れることによって更に面白いゲームにできると考え、「Makuake」のプロジェクトを通じたユーザーからの意見も取り入れます。

「Makuake」を通じて支援された資金は、主にグラフィックの品質向上に使用されます。クラウドファンディングのリターンには、前述の通り「しりとり」のパネルイラスト・読み方が提案できる権利の付与や、音楽を担当する高田雅史氏によるほかでは手に入らない楽曲プレゼントを予定しています。

『ワギャン』と言えば、ボス戦の「しりとり」バトルという方は、ずっと「しりとり」が楽しめる夢のようなアプリ開発プロジェクトを支援してみてはいかがでしょうか。

■懐かしい「ワギャンランド」のしりとりゲームをスマホでもう一度!!
Makuake 詳細URL:https://www.makuake.com/project/stirsystem/

目標金額に到達しなかった場合でも、アプリのリリースは行われます。


『ワギャン しりとりで勝負だ!(仮称)』は、2016年春配信開始予定で価格は未定です。

(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』ドイツの小さな橋に人が殺到し問題に…市当局の取った対応とは

    『ポケモンGO』ドイツの小さな橋に人が殺到し問題に…市当局の取った対応とは

  2. 世田谷公園で『ポケモンGO』によるトラブルが多発…区が「事態の改善」を配信会社に要請

    世田谷公園で『ポケモンGO』によるトラブルが多発…区が「事態の改善」を配信会社に要請

  3. 【ネタバレ注意】『ポケモンGO』海外ユーザーが最大レベルに到達…Bot利用のデータ確認目的で

    【ネタバレ注意】『ポケモンGO』海外ユーザーが最大レベルに到達…Bot利用のデータ確認目的で

  4. 『ウチ姫』目のやり場に困る“アスタロット 抱き枕カバー”登場! 人気キャラを対象とした各種グッズも発表

  5. 【レポート】『オルタナティブガールズ』は3Dバトルあり、サスペンスあり、VRありの美少女RPGだった

  6. 『夢色キャスト』×『アイ★チュウ』コラボ決定!それぞれのアプリでコラボストーリー展開

  7. 『ダービーオーナーズクラブ』4周年記念キャンペーン開催!新レアリティを実装

  8. 『Ingress』で広島の平和公園に巨大折り鶴が描かれる ─ 8月6日の平和記念式典に向け

  9. 『スマッシュドラグーン』サービス終了、『ソウルサクリファイス』チームが開発したアクションRPGが閉幕

  10. JRなど鉄道事業者が『ポケモンGO』に関する要請書を提出…「鉄道施設内にポケモンが出現しないように」

アクセスランキングをもっと見る

page top