人生にゲームをプラスするメディア

人工知能ロボット「Musio」日本で初の展示

その他 全般

向かって左から「日本限定ヒノキMusio」「Makuake限定ミニチュアMusio」「Musio」
  • 向かって左から「日本限定ヒノキMusio」「Makuake限定ミニチュアMusio」「Musio」
  • 「ISETAN×Makuake クラウドファンディングPROGRAM」
人工知能ロボットMusioを開発しているAKA LLCは、1月20日から2月16日まで、東京の伊勢丹新宿本店にて「日本限定ヒノキMusio」と「Makuake限定ミニチュアMusio」を展示する。

人口知能ロボットMusioは、人々の生活をより快適に楽しくするという役割を担い、AKAが開発中だ。いつも一緒にいる友達であるように、人間との意思の疎通や感情を分かち合えるロボットを目指す。2016年6月の一般発売を予定。AKAはアメリカに本社を置き、この5年間人工知能エンジンMuseとそのエンジンを基盤にした人工知能ロボットMusioを開発している。日本法人が2015年11月に設立されている。

「日本限定ヒノキMusio」と「Makuake限定ミニチュアMusio」は、サイバーエージェント・クラウドファンディングクラウドファンディングサービス「Makuake」支援のもと、三越伊勢丹ホールディングスが共同で行なう取り組み「ISETAN×Makuake クラウドファンディングPROGRAM」において展示される。

「日本限定ヒノキMusio」はこれから日本で本格的に事業を展開するため、日本人に愛されている素材を使用して作られた。「Musio」同様人工知能エンジンが搭載され、人間のように見たり、聞いたり、感じたりすることができ、それらに基づいて自ら考えコミュニケーションできる。

いっぽう「Makuake限定ミニチュアMusio」は、ミニチュアMusioシリーズの第1弾。Musioのデザインが反映されており、Musioの約1/3の大きさ。お尻にあるボタンを押すと顔が光り、「This is an AI Robot Musio...(私は人口知能ロボットのMusioです…)」と話す自己紹介機能が搭載された。今後は様々なIoT機能を追加し、Musio本体と疎通するシリーズもリリースするという。

「日本限定ヒノキMusio」と「Makuake限定ミニチュアMusio」は3月30日まで「Makuake」サイト内にて支援を募集、販売されている。

人工知能ロボット「Musio」、日本で初の展示

《編集部@東京IT新聞》

その他 アクセスランキング

  1. 「ニコニコチャンネル」有料登録者数が50万人突破!上位5チャンネルの平均年間売上額は1億円台

    「ニコニコチャンネル」有料登録者数が50万人突破!上位5チャンネルの平均年間売上額は1億円台

  2. 『ストリートファイター』の筋トレグッズ発売決定、鍛練次第であの技を習得できるかも!?

    『ストリートファイター』の筋トレグッズ発売決定、鍛練次第であの技を習得できるかも!?

  3. 『イナズマイレブン』新作は7月発表!宇宙には行かず、タイムスリップもせず、主人公は新キャラに

    『イナズマイレブン』新作は7月発表!宇宙には行かず、タイムスリップもせず、主人公は新キャラに

  4. 美少女プラモデルの歴史書「我々は如何にして美少女のパンツをプラモの金型に彫りこんできたか」発売

  5. 「勇者ヨシヒコと導かれし七人」2016年10月放送決定

  6. アニメ「妖怪ウォッチ」米国ディズニーXDで第2シーズン突入

  7. 【昨日のまとめ】美少女プラモデルの歴史書が発売、MD&銃型コントローラーでプレイする「スプラトゥーン ハック!」、“結月ゆかり”が等身大フィギュアに…など(6/25)

  8. 話題の狂気作『Year Of The Ladybug』まもなく初トレイラー公開

  9. “結月ゆかり”が等身大フィギュアに! スピーカー内蔵で価格は128万円

  10. 『レイトン教授』新作も7月発表!超大作かつ映画クラスのキャスティングに

アクセスランキングをもっと見る

page top