人生にゲームをプラスするメディア

『DOA Xtreme 3』ほのかの“生着替え”を1080p/60fpsの映像でお届け! PS Vita版では画面タッチで“胸ゆれ”する

ソニー PS4

 
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
コーエーテクモゲームスは、PS4ソフト『DEAD OR ALIVE Xtreme 3 Fortune』およびPS Vitaソフト『DEAD OR ALIVE Xtreme 3 Venus』の新たな映像を公開しました。

普段は格闘に身を投じている美女たちが、南国の島でバカンスを楽しむというユニークなシリーズの最新作『DOA Xtreme 3』。本作では、プレイヤーが女の子を操作してバカンスを満喫する「女の子モード」と、プレイヤー自身が島のオーナー代理となり、グラビアの撮影などが行える「オーナーモード」が楽しめます。

他の画像はこちら

「オーナーモード」の見逃せないポイントのひとつとして、プレゼントした水着をその場で着替えてくれる“生着替え”があります。こちらが目を閉じている間にそこですぐに着替えるという、胸が高鳴るシチュエーションを味わうことができるのです。

着替えの途中で目を開けてしまうと女の子を怒らせてしまい、「まんぞく度」が下がってしまいます。ですが、着替え途中の着乱れた姿を目にすることができるので、かけがえのない瞬間を選ぶか、着替え終わるまで紳士的に目を閉じたままでいるか、実に悩ましい点と言えるでしょう。

そんな“生着替え”の様子も収録された最新映像「ドキドキ!ショートムービー」第3弾がこのたびお披露目を迎えました。キングサイズのベッドを背にして、“生着替え”に臨むほのか。このやりとりがどんな結末を迎えたのか、気になる方は直接ご覧ください。


YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=pGwfkl6d1nc

また公式サイトには、PS Vita版に搭載される「やわらかエンジンLite」の情報も公開されています。PS4版『DEAD OR ALIVE 5 Last Round』に搭載された「やわらかエンジン」の物理演算をベースに、より快適に動作するようカスタマイズされており、体の動きに合わせた自然な胸揺れを実現。

さらに、画面をタッチすることで、不思議な風が発生させて髪の毛や布、胸を揺らすフリックや、胸をやわらかに変形させるピンチなどの特徴も紹介されているので、こちらが気になる方は公式サイトも合わせてせてチェックしてみましょう。

PS4ソフト『DEAD OR ALIVE Xtreme 3 Fortune』およびPS Vitaソフト『DEAD OR ALIVE Xtreme 3 Venus』は、2016年3月24日発売予定。価格は、PS4のパッケージ版が8,800円(税抜)、ダウンロード版が7,619円(税抜)、PS Vitaのパッケージ版が7,800円(税抜)、ダウンロード版が6,762円(税抜)です。

(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. PS4『仁王』最終体験版のプレイムービーが公開―ウィリアムが雑魚に苦戦…!?

    PS4『仁王』最終体験版のプレイムービーが公開―ウィリアムが雑魚に苦戦…!?

  2. 『FFXV』ゲーム内イベント「モグチョコカーニバル」の開催日時決定!映像も公開

    『FFXV』ゲーム内イベント「モグチョコカーニバル」の開催日時決定!映像も公開

  3. 『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏』最大16人のマルチプレイが可能!特典情報も公開

    『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏』最大16人のマルチプレイが可能!特典情報も公開

  4. 『ファイナルファンタジーXV』米国での発売初月セールスがシリーズ最高記録

  5. 『GOD WARS』PS4向けの新たな体験版を2月9日に配信! 独特な世界観を鮮やかに表現する最新映像もお披露目

  6. 『GOD WARS』早期予約特典の追加シナリオ詳細が公開、ウラシマとモモタロウ一行の戦いなどが描かれる内容に

  7. YouTubeの360度動画がPSVRで視聴可能に! PS4向け『YouTube』アプリがアップデート

  8. 「ニーア オートマタ meets amazarashi」制作の音楽アルバム「命にふさわしい」の詳細が公開

  9. 『仁王』48時間限定で「最終体験版」を配信! 製品版に先駆け“戦国死にゲー”を味わおう

  10. 【レポート】落命の先に待つ達成感…『仁王』には“死にゲー”としての魅力がしっかりとある

アクセスランキングをもっと見る