人生にゲームをプラスするメディア

映画「プリパラ」でデヴィ夫人が声優初挑戦、川栄李奈もミニファルル役で出演

その他 アニメ

デヴィ夫人、川栄李奈(c) T-ARTS / syn Sophia / 映画プリパラ製作委員会
  • デヴィ夫人、川栄李奈(c) T-ARTS / syn Sophia / 映画プリパラ製作委員会
  • (c) T-ARTS / syn Sophia / 映画プリパラ製作委員会
映画『プリパラ み~んなのあこがれ♪レッツゴー☆プリパリ』が、3月12日に全国公開となる。人気シリーズの最新作を盛り上げる楽しいニュースが明らかになった。
本作のゲスト声優にタレントのデヴィ夫人と女優の川栄李奈が起用されることになった。二人は映画の終盤に登場する重要キャラクターを演じ、オリジナルストーリーを盛り上げていく。

デヴィ夫人は本作が声優初挑戦で、私立パプリカ学園小学部の大神田グロリア校長の姉・プロリアを演じる。キャラクターデザインも公開されており、妹と同じように巨大な縦ロールが特徴的。身につけている衣装も豪華で、どこかデヴィ夫人を彷彿とさせるデザインに仕上がった。
今回の起用についてデヴィ夫人は「これが私の声優初挑戦となり、今からとてもワクワクしております。私の特徴的な声を生かしてゴージャスでちょっぴりミステリアスなプロリアを演じてみたいと思います」と意気込みを見せた。どのような演技を披露するのか注目である。

川栄李奈はAKB48の元メンバーで現在は女優として活動の幅を広げている。映画では声優初挑戦の彼女はメインキャラクター・ファルルの妹的存在であるミニファルルを演じる。
川栄は「子どもたちに人気がある『プリパラ』の声優をやらせていただくことができてとても嬉しいです。ミニファルルの気持ちで頑張りたいと思います」とコメント。二人の熱演も映画の注目ポイントになりそうだ。

映画『プリパラ み~んなのあこがれ♪レッツゴー☆プリパリ』は2015年3月公開の第1弾、10月公開の第2弾に続く、映画第3弾となる。今回はシリーズ初のオリジナルストーリーで、主人公・真中らぁらが世界中のステージで“いいね”を集めて、プリパラにキラキラを取り戻すストーリーとなっている。
[高橋克則]

映画『プリパラ み~んなのあこがれ♪レッツゴー☆プリパリ』
2016年3月12日(土)全国ロードショー
(c) T-ARTS / syn Sophia / 映画プリパラ製作委員会
《高橋克則》

その他 アクセスランキング

  1. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

    【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  2. 【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

    【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

  3. 【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

    【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

  4. 「TGS2017」は9月21日~24日開催に、VR/AR・e-Sports・動画配信などの要素を強化

  5. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

  6. 【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

  7. 【特集】ゲーム業界の重鎮が夜な夜な集う“住所非公開”の会員制飲食店「84」へ潜入、そこはまさに聖地だった

  8. 破壊された“200体の人形”が伝える『ニーア オートマタ』の世界観とは…ヨコオタロウ氏原案のMVをお披露目

  9. 【レポート】現実世界で戦うARロボット「メカモン」登場 ― カスタマイズや対戦も可能で、大会もサポート予定

  10. 【特集】『ゲームの名シーン・感動編』5選―鮮烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

アクセスランキングをもっと見る