人生にゲームをプラスするメディア

海外ゲーマー、「乙女ゲーム」に熱視線 ― 日本産ノベルADVの新展開を望むファン達

ソニー PSV

 
  •  
  •  
「美少女恋愛アドベンチャー」は海外でも大きな賑わいを見せ始めている一ジャンルですが、その一方で静かなブームを起こしつつあるのが「乙女ゲーム」。今回の「海外ゲーマーの声」では、女性視点から男性との恋愛模様を描く「乙女ゲー」ジャンルに熱視線を浴びせているユーザー達にスポットを当ててコメントを紹介します。

海外フォーラム内ではまだまだ注目度の低い「乙女ゲー」ですが、スレッド登場と同時に多くのユーザーから「このスレッドを待ってました!」と反響が届いており、早速『うたの☆プリンスさまっ♪』の熱狂的なファンから、「今でも『うたプリ』『DIABOLIK LOVERS』が(海外に)やってくることを願っています。こちらは私の『うたプリ』神殿です」と、強いファン愛が感じられる写真が寄せられていました。『うたプリ』『OZMAFIA!!』などのタイトルは特に海外向けリリースが期待されており、国産ビジュアルノベルゲームなどのローカライズ団体「MangaGamer」に問い合わせるなどして、積極的に翻訳版リリースを求める動きが見られています。


また、D3パブリッシャーが配信する「乙女ゲー」は主にAndroid/iOS向けタイトルが多いとのことですが、昨年10月には『The Men of Yoshiwara: Kikuya(逆転吉原)』がSteamで移植リリース。日本語/英語ともに「音声収録なし」という仕様が悔やまれていながらも、海外「乙女ゲー」ファンは早速「実況プレイ」に挑戦していたようです。


PC向けにも進出し徐々に海外ゲーマーにも浸透しつつある「乙女ゲー」。しかしながら同じくビジュアルノベルを礎とする「百合ゲーム」に関しては、一定数のファンが存在しているものの、人気作品のローカライズがあまり実現されていないご様子。海外フォーラムユーザーからは、「『Flowers』以外はほとんどローカライズされていません。BLに至ってはもっと少ない。私はこのジャンルが好きで何時間もプレイしてますけど、(英語圏で)他に誰か遊んでる人なんています?英語訳されたゲームも3本くらいしかないのでは?」と、その小規模なマーケット状況を憂うコメントも。


ちなみに、現在Steamでリリースされている「ビジュアルノベル」タグ付きの作品は186本。「Otome」は28本ほど。「百合(Yuri)」においてはタグ自体が存在していない模様。徐々に邁進している「国産ノベルゲーム」ジャンルですが、比較的ニッチな部類に入るサブジャンル作品にも、まだまだ大きな伸びしろがありそうです。

記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》

ソニー アクセスランキング

  1. 【レポート】『龍が如く6 命の詩。』新情報が続々と明らかに…桐生一馬の伝説は最終章へ

    【レポート】『龍が如く6 命の詩。』新情報が続々と明らかに…桐生一馬の伝説は最終章へ

  2. 「PS4システムソフトウェアベータテスト」参加者募集が国内向けに開始…新たな機能登場か

    「PS4システムソフトウェアベータテスト」参加者募集が国内向けに開始…新たな機能登場か

  3. 【レポート】オープンワールドに進化した『討鬼伝2』―“鬼”の手を使い、三次元アクションを駆使して戦え

    【レポート】オープンワールドに進化した『討鬼伝2』―“鬼”の手を使い、三次元アクションを駆使して戦え

  4. コナミとFCバルセロナがパートナー契約を締結、『ウイイレ2017』にホームスタジアムなど収録

  5. 『ベルセルク無双』発売延期、新たな発売予定日は10月27日

  6. 『龍が如く6』実機プレイ映像公開!過去作とは一線を画すほどシームレス

  7. 『龍が如く6 命の詩。』発売日は2016年12月8日に!追加キャストには藤原竜也、小栗旬など起用

  8. PSVRの予約再開は「準備が整い次第」…公式サイトやメルマガで案内

  9. 日本一ソフトウェア、サマーセール第1弾を開始…『ディスガイア』シリーズ3作を1,500円から提供

  10. 【インタビュー】『バイオハザード7』は“間違いなくバイオだ”と思える作品に!リブート・リセットはしておらず、オープンワールドに匹敵する密度の作品へ

アクセスランキングをもっと見る

page top