人生にゲームをプラスするメディア

プログラミングできるレゴブロックが4月1日発売、モデル制作や無線技術も学べる

その他 全般

プログラミングできるレゴブロックが4月1日発売、モデル制作や無線技術も学べる
  • プログラミングできるレゴブロックが4月1日発売、モデル制作や無線技術も学べる
  • プログラミングできるレゴブロックが4月1日発売、モデル制作や無線技術も学べる
  • プログラミングできるレゴブロックが4月1日発売、モデル制作や無線技術も学べる
  • プログラミングできるレゴブロックが4月1日発売、モデル制作や無線技術も学べる
  • プログラミングできるレゴブロックが4月1日発売、モデル制作や無線技術も学べる
  • プログラミングできるレゴブロックが4月1日発売、モデル制作や無線技術も学べる
  • プログラミングできるレゴブロックが4月1日発売、モデル制作や無線技術も学べる
レゴ エデュケーションは、教材「レゴ WeDo 2.0」を2016年4月1日に発売します。

「レゴWeDo 2.0」は、日常生活に関連した科学的問題を題材に、レゴブロックを使ったモデル制作、プログラミング、無線技術が学べる教材です。アイコンのドラッグ&ドロップで簡単にプログラミングができるほか、文章に画像や動画を組み合わせて発表資料を作成することも可能となっています。


この教材を使うことによりモデル制作を手軽に行えるほか、専用アプリでプログラミングを直感的に覚えていくことが可能。また、教師側にプログラミングや情報教育の専門的な知識がなくとも、子供たちが楽しみつつ学ぶことができるようになっています。

なお、内容は小学校理科で扱う内容とリンクしており、完全版ソフトウェアには16のプロジェクトが収録。たとえば「引く力」というプロジェクトでは、バスケットに入れられた物体を引っ張るプルロボットを作り、実験をしながら、釣り合う力や摩擦などについて学ぶことができます。これらのプロジェクトを通し、「調べる」「組み立てる」「発表する」というプロセスを経て、子供たちの意欲を維持したまま学習を進められるとのこと。



◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

「レゴWeDo 2.0」は2016年4月1日発売予定。価格は以下のようになります。

・レゴWeDo 2.0基本セット
24,000円(税別)

・レゴWeDo 2.0カリキュラムパック
38,200円(税別)

LEGO and the LEGO logo are trademarks of the LEGO Group. (C)2016 The LEGO Group.
《すしし》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』のプレイに便利なウェアラブルディスプレイ「Vufine」、ポケモンカラー(?)なバリエーションが登場

    『ポケモンGO』のプレイに便利なウェアラブルディスプレイ「Vufine」、ポケモンカラー(?)なバリエーションが登場

  2. 『艦これ』公式飲食施設「酒保伊良湖」が7月28日オープン!島風モチーフの限定メニューも

    『艦これ』公式飲食施設「酒保伊良湖」が7月28日オープン!島風モチーフの限定メニューも

  3. 『艦これアーケード』藤田咲プレイムービー第3弾が公開、藤田艦隊(?)が新海域で大暴れ!

    『艦これアーケード』藤田咲プレイムービー第3弾が公開、藤田艦隊(?)が新海域で大暴れ!

  4. 「ジョジョ」4部、吉良吉影役は森川智之…仙台にOWSONが期間限定オープン

  5. TVアニメ「学園ハンサム」のキャスト発表! ゲーム版声優陣は「副音声」で登場

  6. 米動物園、『ポケモンGO』風のユニークな説明看板を作成…フラミンゴはCP140

  7. 【昨日のまとめ】『ポケモンGO』レアポケモンを求め多くのトレーナーが江ノ島へ、各チームリーダーのビジュアル公開、相模湾ポケモン生態調査…など(7/25)

  8. 【フィグライフ!】第33回:『ポケモンGO』のせいで眠い眼をこすりながらワンフェスGO!零戦ダンボー限定モデルを無事ゲット

  9. ゲーム禁止とOKな子、成績に差なし…友達の数には意外な傾向

  10. 初代「ベイブレード」12年の時を経て復活! 「ベイブレードバースト」シリーズにてリバイバル

アクセスランキングをもっと見る

page top