人生にゲームをプラスするメディア

スパイ疑惑の米国ゲーム開発者がイランから釈放、一時は死刑判決も下る

その他 全般

Hekmati氏
  • Hekmati氏
米国在住のゲーム開発者Amir Mizra Hekmati氏が、4年間の収監期間を経てイランから釈放されたことが海外メディアを通じて報じられています。イランを訪れていた彼はスパイ容疑で逮捕され、一時は死刑判決を下されていたものの、最終的に「10年間の懲役」を言い渡されていました。

Kuma Reality Gamesに務めるHekmati氏は、過去に米国国防省のトレーニングプログラム「Kuma\War」などを手掛け、CIAと提携した開発事業に携わっていたとのこと。GamePlanetを始めとする海外メディアでは、「Kuma\War」を始めとするゲームおよびトレーニングプログラムの開発経歴が今回の捕縛のきっかけになったと考えられている模様です。

米国総務省は彼のスパイ容疑について「断固として虚偽のものである」と説明しており、「Hekmati氏はイランに住む祖母を訪ねていただけである」とコメント。公的な軍事機関と協力して開発を行っているHekmati氏ですが、彼いわく「イランや世界中の人々に、米国が行っている活動を釈明する」ことが目標であるとのことです。今回は無事に釈放されたものの、4年にわたる収監を経験していたHekmati氏。過去には『ARMA 3』開発陣のうち2名ギリシャ軍事施設での撮影容疑をかけられていましたが、今後はより正確な情報に基づいた対応、そしてセンシティブな国際情勢に配慮した活動が求められるかもしれません。
《subimago》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. FC『パックマン』カセットにそっくりなモバイル充電器が登場、パッケージ・価格も本格再現!

    FC『パックマン』カセットにそっくりなモバイル充電器が登場、パッケージ・価格も本格再現!

  2. 【昨日のまとめ】『ポケモンGO』最新アプデ情報が公開、『スーパーマリオラン』無料で遊べる範囲が増加、『Bloodstained』Wii U版がキャンセル―スイッチへと開発移行…など(3/22)

    【昨日のまとめ】『ポケモンGO』最新アプデ情報が公開、『スーパーマリオラン』無料で遊べる範囲が増加、『Bloodstained』Wii U版がキャンセル―スイッチへと開発移行…など(3/22)

  3. 『ポケモンGO』や「君の名は。」選ばれる―第20回文化庁メデイア芸術祭受賞作品発表

    『ポケモンGO』や「君の名は。」選ばれる―第20回文化庁メデイア芸術祭受賞作品発表

  4. 「このすば」2期最終回にてゲーム化が明らかに!タイトルは『この素晴らしい世界に祝福を! -この欲深いゲームに審判を!-』

  5. 「けものフレンズ」最終回に備える、一挙振り返り放送を実施─ニコニコ生放送にて3月25日に

  6. 『ニーア オートマタ』3枚組のサントラCD発売! 初回先着特典は“秘密の音源”

  7. 『聖剣伝説3』がスイッチで発売か―スクエニが公式ツイート

  8. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  9. 「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」仙台にて3月25日開催─「ロンギヌスの槍」などを展示、三石琴乃による音声ガイドも

  10. 東京・神田明神に「明神カフェ」が4月中旬オープン!様々なアニメ・ゲーム作品とコラボ予定

アクセスランキングをもっと見る