人生にゲームをプラスするメディア

スパイ疑惑の米国ゲーム開発者がイランから釈放、一時は死刑判決も下る

その他 全般

Hekmati氏
  • Hekmati氏
米国在住のゲーム開発者Amir Mizra Hekmati氏が、4年間の収監期間を経てイランから釈放されたことが海外メディアを通じて報じられています。イランを訪れていた彼はスパイ容疑で逮捕され、一時は死刑判決を下されていたものの、最終的に「10年間の懲役」を言い渡されていました。

Kuma Reality Gamesに務めるHekmati氏は、過去に米国国防省のトレーニングプログラム「Kuma\War」などを手掛け、CIAと提携した開発事業に携わっていたとのこと。GamePlanetを始めとする海外メディアでは、「Kuma\War」を始めとするゲームおよびトレーニングプログラムの開発経歴が今回の捕縛のきっかけになったと考えられている模様です。

米国総務省は彼のスパイ容疑について「断固として虚偽のものである」と説明しており、「Hekmati氏はイランに住む祖母を訪ねていただけである」とコメント。公的な軍事機関と協力して開発を行っているHekmati氏ですが、彼いわく「イランや世界中の人々に、米国が行っている活動を釈明する」ことが目標であるとのことです。今回は無事に釈放されたものの、4年にわたる収監を経験していたHekmati氏。過去には『ARMA 3』開発陣のうち2名ギリシャ軍事施設での撮影容疑をかけられていましたが、今後はより正確な情報に基づいた対応、そしてセンシティブな国際情勢に配慮した活動が求められるかもしれません。
《subimago》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

    【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  2. 「すーぱーそに子」10周年記念の指輪付き約52万円フィギュアが登場、まさに婚約気分になれる一品に

    「すーぱーそに子」10周年記念の指輪付き約52万円フィギュアが登場、まさに婚約気分になれる一品に

  3. 【hideのゲーム音楽伝道記】第53回:『いけにえと雪のセツナ』 ― 雪の世界の旅を彩る、繊細で切ないピアノの音色

    【hideのゲーム音楽伝道記】第53回:『いけにえと雪のセツナ』 ― 雪の世界の旅を彩る、繊細で切ないピアノの音色

  4. 【日々気まぐレポ】第187回 王の名を冠した鉄華団の悪魔「HG ガンダム・バルバトスルプスレクス」キットレビュー

  5. 共に一時代を築いた“ビックリマン”と“キン肉マン”がコラボ! 「肉リマン(にっくリマン)チョコ」2月28日より発売

  6. 【特集】ゲーム業界の重鎮が夜な夜な集う“住所非公開”の会員制飲食店「84」へ潜入、そこはまさに聖地だった

  7. AC版『ニトロプラス ブラスターズ』12月24日に「すーぱーそに子」「愛乃はぁと」「焔」実装

  8. 【レポート】現実世界で戦うARロボット「メカモン」登場 ― カスタマイズや対戦も可能で、大会もサポート予定

  9. 【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

  10. 「光のお父さん」がTVドラマに! 『FFXIV』上で綴られた親孝行計画が映像化

アクセスランキングをもっと見る