人生にゲームをプラスするメディア

スパイ疑惑の米国ゲーム開発者がイランから釈放、一時は死刑判決も下る

その他 全般

Hekmati氏
  • Hekmati氏
米国在住のゲーム開発者Amir Mizra Hekmati氏が、4年間の収監期間を経てイランから釈放されたことが海外メディアを通じて報じられています。イランを訪れていた彼はスパイ容疑で逮捕され、一時は死刑判決を下されていたものの、最終的に「10年間の懲役」を言い渡されていました。

Kuma Reality Gamesに務めるHekmati氏は、過去に米国国防省のトレーニングプログラム「Kuma\War」などを手掛け、CIAと提携した開発事業に携わっていたとのこと。GamePlanetを始めとする海外メディアでは、「Kuma\War」を始めとするゲームおよびトレーニングプログラムの開発経歴が今回の捕縛のきっかけになったと考えられている模様です。

米国総務省は彼のスパイ容疑について「断固として虚偽のものである」と説明しており、「Hekmati氏はイランに住む祖母を訪ねていただけである」とコメント。公的な軍事機関と協力して開発を行っているHekmati氏ですが、彼いわく「イランや世界中の人々に、米国が行っている活動を釈明する」ことが目標であるとのことです。今回は無事に釈放されたものの、4年にわたる収監を経験していたHekmati氏。過去には『ARMA 3』開発陣のうち2名ギリシャ軍事施設での撮影容疑をかけられていましたが、今後はより正確な情報に基づいた対応、そしてセンシティブな国際情勢に配慮した活動が求められるかもしれません。
《subimago》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】『ポケモンGO』ドイツの小さな橋に人が殺到…市当局の取った対応とは、島本和彦が「庵野…オレの負けだ…」とツイート、「ダンまち」ヘスティアが1/4スケールフィギュア化、…など(7/29)

    【昨日のまとめ】『ポケモンGO』ドイツの小さな橋に人が殺到…市当局の取った対応とは、島本和彦が「庵野…オレの負けだ…」とツイート、「ダンまち」ヘスティアが1/4スケールフィギュア化、…など(7/29)

  2. 島本和彦が「庵野…オレの負けだ…」とツイート、このシン・ゴジラの  どこががすばらしいのかを  トンコさんに教えてあげたい

    島本和彦が「庵野…オレの負けだ…」とツイート、このシン・ゴジラの どこががすばらしいのかを トンコさんに教えてあげたい

  3. 随所が“ビッグスケール”に…「ダンまち」の「ヘスティア」が1/4スケールでフィギュア化

    随所が“ビッグスケール”に…「ダンまち」の「ヘスティア」が1/4スケールでフィギュア化

  4. とあるゲーム開発者が「ダグトリオ」の"地面下"議論に一石を投じる

  5. 劇場版「モンスト」めくってびっくりのオリジナルシールチラシ完成

  6. 『ダンガンロンパ2』をアニメ化しない理由とは? 小高和剛「あのキャラ達の物語はあれでお終い」

  7. 「刀剣乱舞-花丸-」へし切長谷部のキャラクタービジュアル公開

  8. 「響け!ユーフォニアム2」新ビジュアル公開!爽やかな青空をバックに少女たちが集結

  9. 『イナズマイレブン アレスの天秤』円堂の参戦は? おひさま園はどうなった? 気になる質問に日野晃博が返答

  10. 全編主観視点のFPS風映画「Hardcore Henry」が日本上陸!カナザワ映画祭2016にて爆音上映決定

アクセスランキングをもっと見る

page top