最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
【日々気まぐレポ】第132回 咆哮シーンもバッチリキマる!「ほねほねザウルス×モンハン」ティガレックスで遊んでみた

【日々気まぐレポ】第132回 咆哮シーンもバッチリキマる!「ほねほねザウルス×モンハン」ティガレックスで遊んでみた

2016年1月19日(火) 18時11分

インサイドを御覧の皆様、こんにちは。ライターひびきによる週間連載「日々気まぐレポ」、第132回目でございます。

今回は、カバヤから発売されております食玩「ほねほねザウルス×モンスターハンター」のレビュー第3回目をお届けします。恐竜骨格をモチーフとした組み立て式プラモデル食玩「ほねほねザウルス」と、カプコンの大人気ハンティングアクションゲーム『モンスターハンター』シリーズとのコラボで誕生した本シリーズ。ラインナップは各タイトルのいわゆる「パッケージモンスター」となっています。

今回はその中かから「ティガレックス」をご紹介します。ティガレックスは轟竜の名をもつ飛竜種のモンスターで、初登場はPSPソフト『モンスターハンターポータブル2nd』。強烈な咆哮や、高い機動力からくる激しい攻撃モーションが特徴で、文字通り登竜門的存在として多くのハンターを苦しめました。



「ほねほねザウルス」でもその凶烈なフォルムは健在。飛竜種特有の翼を備える特徴的な前腕の構造も巧みに再現されており、カラーリングもあってティガレックスの骨格であるという説得力が全身から滲み出ています。

この前腕下肢から生える翼の軸接続を除くすべての関節はボールジョイント化されており、見た目以上に激しいアクションを取らせることが可能となっています。特に顎の可動はこだわりの構造で、頭蓋内部に1パーツ噛ませることにより大きく口を開閉することが出来るようになっています。これにより轟竜の何相応しい咆哮シーンもバッチリと再現可能です。



個体差なのか、筆者のティガレックスは右前腕関節のポロりが若干目立ちました。どうしても遊びにくい場合は、薄めた木工用ボンドなどでボールジョイントをコーティングして適宜調節してあげると良いかもしれません。



もちろん、「ほねほねザウルス」本来の遊び方である組み換え遊びにも対応。オリジナルモンスターを思うように作ることが可能なほか、お馴染み「部位破壊」遊びも可能となっています。

「ほねほねザウルス」特有の独特な見た目ながら、きちんとモチーフとなったティガレックスの特徴が再現されているあたり、さすがカバヤといったところでしょうか。ティガレックスに思い入れのある方にも是非手に入れて欲しい逸品です。オススメ!

「ほねほねザウルス×モンスターハンター」は発売中。価格は1個380円(税別)です。

(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.




■筆者紹介:ひびき
関西在住のゲームやアニメが大好きな駆け出しひきこもり系ライター。そのシーズンに放送されているアニメはすべて視聴する暇人。ゲームのプレイは基本的にまったりじっくり足が遅い方。2012年からINSIDEにてライター活動を開始。お仕事はTwitterにて随時受付中。




Twitter:@hibiki_magurepo

  • 【日々気まぐレポ】第132回 咆哮シーンもバッチリキマる!「ほねほねザウルス×モンハン」ティガレックスで遊んでみたの画像
  • 【日々気まぐレポ】第132回 咆哮シーンもバッチリキマる!「ほねほねザウルス×モンハン」ティガレックスで遊んでみたの画像
  • 【日々気まぐレポ】第132回 咆哮シーンもバッチリキマる!「ほねほねザウルス×モンハン」ティガレックスで遊んでみたの画像
  • 【日々気まぐレポ】第132回 咆哮シーンもバッチリキマる!「ほねほねザウルス×モンハン」ティガレックスで遊んでみたの画像
  • 【日々気まぐレポ】第132回 咆哮シーンもバッチリキマる!「ほねほねザウルス×モンハン」ティガレックスで遊んでみたの画像
  • 【日々気まぐレポ】第132回 咆哮シーンもバッチリキマる!「ほねほねザウルス×モンハン」ティガレックスで遊んでみたの画像
(Article written by ひびき)

その他アクセスランキング