人生にゲームをプラスするメディア

「2016年冬アニメ何見てる?」アンケート第1位は「だがしかし」

その他 アニメ

 
  •  
アニメ!アニメ!では、「2016年冬シーズン」をテーマに、ユーザーからのアンケートを行った。アンケートは2016年1月からスタートする新作アニメで視聴しているもので、視聴を考えているものを聞くものである。
視聴している作品、視聴予定の作品をすべて選択していただいた。その答えからは2016年冬期に対するアニメファンの動向、注目する作品も窺えるのでないだろうか。アンケートの結果から上位10作品を紹介する。

アンケートには925名から回答いただいた。回答者のうち6割が男性、女性が4割となっていた。また半数以上の10代と若い世代の回答が多かった。

■ トップに『だがしかし』、2位に『僕だけがいない街』

1位となったのは、『だがしかし』である。全体の半分以上51%が視聴と答え、関心が高いことが分かる。原作は「週刊少年サンデー」に連載されているが、単行本の既刊は4巻というなかでの注目度の高さである。
2位の『僕だけがいない街』も、50%が視聴と答えた。この2作品はアニメファンの2人に1人が視聴の意向を持っていることになる。『僕だけがいない街』は、実写映画も3月に公開予定で、アニメファンだけでなく一般の層にも周知されている。知名度の高さも理由化もしれない。

3位は『無彩限のファントム・ワールド』。人気のアニメスタジオの京都アニメーションの新作である。2015年は『映画ハイ☆スピード!』や『響け!ユーフォニアム』などヒットが続き、注目を集めている。
4位は『暗殺教室』第2期となった。アニメだけでない幅広い展開でやはり知名度が赤い作品だ。続く5位には『亜人』、2015年11月に劇場アニメが上映され、待望のテレビシリーズを迎えた。

[2016年冬期~新作テレビアニメの視聴動向]

1位 『だがしかし』
2位 『僕だけがいない街』
3位 『無彩限のファントム・ワールド』
4位 『暗殺教室』第2期
5位 『亜人』
6位 『ハルチカ~ハルタとチカは青春する~』
7位 『GATE 自衛隊彼の地にて、欺く戦えり(炎龍編)』
8位 『少女たちは荒野を目指す』
9位 『赤髪の白雪姫』第2期
10位 『デュラララ!!×2 結』

(回答期間:2016年1月9日(金)~2016年1月14日(木))

“2016年冬アニメ何見てる?” アンケート第1位は駄菓子がテーマの「だがしかし」

《animeanime》

その他 アクセスランキング

  1. なんと「信号機」が超リアルにカプセルトイ化…!本物の図面を参考に作られ、すべて点灯する本格仕様

    なんと「信号機」が超リアルにカプセルトイ化…!本物の図面を参考に作られ、すべて点灯する本格仕様

  2. 『ゼルダの伝説 BotW』のカプセルトイ登場! 弓を持つリンクやマスターソードなど全5種類

    『ゼルダの伝説 BotW』のカプセルトイ登場! 弓を持つリンクやマスターソードなど全5種類

  3. 『乖離性ミリオンアーサー VR』がSteamに2017年春登場!―あのソーシャルゲームがVR売り切りタイトルに

    『乖離性ミリオンアーサー VR』がSteamに2017年春登場!―あのソーシャルゲームがVR売り切りタイトルに

  4. 「けものフレンズ」最終回に備える、一挙振り返り放送を実施─ニコニコ生放送にて3月25日に

  5. FC『パックマン』カセットにそっくりなモバイル充電器が登場、パッケージ・価格も本格再現!

  6. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  7. 「ガルパン劇場版」秋山殿が制服Verでfigmaに!敬礼が似合う「ドヤ顔」やあの「信号ラッパ」も

  8. 「このすば」2期最終回にてゲーム化が明らかに!タイトルは『この素晴らしい世界に祝福を! -この欲深いゲームに審判を!-』

  9. 『ニーア オートマタ』3枚組のサントラCD発売! 初回先着特典は“秘密の音源”

  10. 【昨日のまとめ】スイッチのジョイコン認識問題に任天堂が海外声明、スイッチのゲームキューブ風カスタマイズに挑戦、『追放選挙』愛情や復讐が織りなす人間関係とは…など(3/23)

アクセスランキングをもっと見る