人生にゲームをプラスするメディア

『進撃の巨人』には「鎧の巨人」や「獣の巨人」も登場!オリジナルシナリオの収録も明らかに

ソニー PS4

『進撃の巨人』には「鎧の巨人」や「獣の巨人」も登場!オリジナルシナリオの収録も明らかに
  • 『進撃の巨人』には「鎧の巨人」や「獣の巨人」も登場!オリジナルシナリオの収録も明らかに
  • 『進撃の巨人』には「鎧の巨人」や「獣の巨人」も登場!オリジナルシナリオの収録も明らかに
  • 『進撃の巨人』には「鎧の巨人」や「獣の巨人」も登場!オリジナルシナリオの収録も明らかに
  • 『進撃の巨人』には「鎧の巨人」や「獣の巨人」も登場!オリジナルシナリオの収録も明らかに
  • 『進撃の巨人』には「鎧の巨人」や「獣の巨人」も登場!オリジナルシナリオの収録も明らかに
  • 『進撃の巨人』には「鎧の巨人」や「獣の巨人」も登場!オリジナルシナリオの収録も明らかに
  • 『進撃の巨人』には「鎧の巨人」や「獣の巨人」も登場!オリジナルシナリオの収録も明らかに
  • 『進撃の巨人』には「鎧の巨人」や「獣の巨人」も登場!オリジナルシナリオの収録も明らかに
コーエーテクモゲームスは、PS4/PS3/PS Vitaソフト『進撃の巨人』TREASURE BOX特典アイテムの詳細ほか、最新情報を公開しました。

本作は、同名の人気アニメーションを原作としたタクティカルハンティングアクションゲームです。漫画を原作とする作品ですが、本作ではアニメ版の世界が忠実に再現された作品となっており、人類を喰らう脅威「巨人」に立ち向かう主人公「エレン」たちの死闘が、共闘アクションゲームとして描かれます。

今回、本作の通常版と同時発売予定の「TREASURE BOX」に封入されるアイテムの画像や、強敵となる特殊な巨人の存在、そのほかゲームオリジナル武器の情報などが公開されました。

◆特殊な巨人


本作には「獣の巨人」や「鎧の巨人」や「超大型巨人」といった特殊な巨人が登場します。「女型の巨人」同様、従来の巨人とは違った攻略法が求められる強敵です。「鎧の巨人」や「獣の巨人」は、硬い皮膚や毛に守られているため、正攻法だと有効なダメージを与えられません。攻略するには、弱点を突く戦い方が求められます。

■鎧の巨人

845年、超大型巨人とともにシガンシナ区に現れた巨人です。大砲での攻撃が効かない硬い皮膚に覆われています。


■獣の巨人

体のほとんどが獣のような体毛で覆われている謎の巨人です。「獣の巨人」は周囲の巨人を呼ぶ能力があります。巨人に囲まれることで、プレイヤーは窮地に陥ります。


■超大型巨人
「超大型巨人」はその名の通り、他の巨人とはケタ違いのスケールになります。 直接うなじを狙うことはできず、部位を破壊して高さを奪うことが絶対条件となります。


◆決戦の狼煙


「決戦の狼煙」を発動をすると、キャラクター固有演出が挿入された後、援護に来たキャラクターが一斉に巨人に襲いかかります。


その後、一定時間多数の援軍と共に巨人と戦うことができます。また、「決戦の狼煙」の効果時間内は、攻撃力の増加やガスやブレードが損耗しないなど、様々な恩恵が発生します。


◆オリジナル武器


「キャンプ」で武器を開発することで、日本刀やナイフなどのゲームオリジナル武器を装備することができます。


◆イベント


今回は、隠しエピソード【終章】をご紹介。ここでは【第3章】までのアニメ1期の追体験にくわえ、ゲームオリジナルのシナリオやイベントが楽しめます。

■ストーリー【終章】
兵団の元に「ウォール・ローゼ内地に謎の奇行種が出没した」との報せが届く。 ウォール・ローゼ内地は壁に守られているため巨人が出現しないはずだが…。 報せの真偽を確かめるべく、兵士たちは出撃を開始する。


◆キャンプ


本作では、キャラクターから「依頼」を受けることができます。 「依頼」を達成することで、報酬の獲得や特殊な会話イベントを楽しむことができます。


◆「TREASURE BOX」封入アイテム


■ゲームソフト

■ゲーム「進撃の巨人」公式調査記録集

■ゲーム「進撃の巨人」サウンドトラック

■ゲーム「進撃の巨人」マフラータオル

■ゲーム「進撃の巨人」エレンミカサリヴァイ 缶バッジ2個セット(計6個)

■アルミン「進撃!巨人中学校」コスチュームダウンロードシリアル

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『進撃の巨人』は、2016年2月18日発売予定。価格は、PS4/PS3の通常版が7,800円(税抜)、ダウンロード版が6,762円(税抜)、「豪華特典付きTREASURE BOX」が12,800円(税抜)です。PS Vita版の通常版が6,800円(税抜)、ダウンロード版が6,000円(税抜)、「豪華特典付きTREASURE BOX」が11,800円(税抜)です。

原作/諫山創「進撃の巨人」(講談社刊)
(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会
(C)コーエーテクモゲームス
※画面はPlayStation 4版で開発中のものです。
《ひびき》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『シェンムー3』クラウドファンディング始動から1年、鈴木裕が開発状況を報告

    『シェンムー3』クラウドファンディング始動から1年、鈴木裕が開発状況を報告

  2. 『ストリートファイターV』ゼニー廃止に伴う追加補填が発表、バトルコスチューム配布へ

    『ストリートファイターV』ゼニー廃止に伴う追加補填が発表、バトルコスチューム配布へ

  3. 「PS4本体+ソフトを収納するスタンド」発売決定…レトロゲーム機向けアクセサリーなども

    「PS4本体+ソフトを収納するスタンド」発売決定…レトロゲーム機向けアクセサリーなども

  4. PS4/PS3『ブレイブルー セントラルフィクション』PV公開、初公開のイベントや「Es」のバトルをチェック

  5. 【PS4 DL販売ランキング】『バトルフィールド 4』連続首位、『初音ミク Project DIVA Future Tone』初登場ランクイン(6/29)

  6. 『テイルズ オブ ベルセリア』聖寮の新キャラや秘奥義などを一挙公開、DLC画像もお届け

  7. 【インタビュー】『バレットガールズ2』どう見てもアヘってる“拘りの表情”に迫る…ボツネタも独占公開

  8. 『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』ゴシックな“失敗型”人形兵が登場! 戦闘や合成に関する新要素も明らかに

  9. 『ブレイブルー セントラルフィクション』Esのプレイスタイルが明らかに!スタンダード&スピーディー、山なり空中ダッシュ、自己強化も

  10. 【インタビュー】『バイオハザード7』は“間違いなくバイオだ”と思える作品に!リブート・リセットはしておらず、オープンワールドに匹敵する密度の作品へ

アクセスランキングをもっと見る

page top