人生にゲームをプラスするメディア

「まじかる☆タルるートくん」をVRでリメイクするクラウドファンディング開始! 本丸や伊代菜は高校~大学生に

その他 漫画

「まじかる☆タルるートくん」をVRでリメイクするクラウドファンディング開始! 本丸や伊代菜は高校~大学生に
  • 「まじかる☆タルるートくん」をVRでリメイクするクラウドファンディング開始! 本丸や伊代菜は高校~大学生に
  • 「まじかる☆タルるートくん」をVRでリメイクするクラウドファンディング開始! 本丸や伊代菜は高校~大学生に
かつて「週刊少年ジャンプ」で連載されていた「まじかる☆タルるートくん」は、当時の小学生を中心に多くの読者を獲得し、大ヒットを記録した人気漫画。アニメ化やゲーム化も果たす、非常に注目度の高い作品でした。

そんな「まじかる☆タルるートくん」をバーチャルリアリティ(以下、VR)で楽しめる作品にリメイクするというプロジェクト「まじかる☆タルるートくんREBOOT!」がこのたびスタートしました。


今回立ち上がったプロジェクトが制作に当たる予定のコンテンツは、この企画のための完全オリジナル作品。タルるートくんをはじめ、本丸や伊代菜といったお馴染みのキャラクター達が成長した姿をが、VRという新たな舞台で活躍します。しかも「タルるートくんたちが2010年代前後にいたらどうなるのか?」という世界観を描き、本丸や伊代菜は高校生から大学生になるとのこと。

VRコンテンツの閲覧のために、タッチ操作ができるダンボール製VRデバイス「milbox Touch」の提供もプロジェクトの視野に入っており、組み立て可能な段ボールデバイスにユーザーのスマホを挿入するだけで、簡単にVRコンテンツを楽しむことができます。


このプロジェクトは現在、クラウドファンディングサイト「Makuake」にて、支援者を募集しています。制作されるオリジナルコンテンツは全6話を予定しており、支援してくれた方にはリターンとして1話と2話を提供。残りの3~6話は、有料のダウンロードコンテンツになります。また支援コースにより、「milbox Touch」が付属するもの、全話ダウンロード権が付いたものなどあります。

今回のクラウドファンディングが達成した暁には、コンテンツ制作に乗り出すとともに、出演声優を決定するオーディションを行うとのこと。また河合伊代菜役に関しては、森咲樹さんに決定しています。

「まじかる☆タルるートくん」ファンにとっては、見逃せない新たな動きとなるかもしれません。このプロジェクトに関する映像やストーリーの一部が公開されているので、それらをチェックし、支援するかどうか判断してみてはいかがでしょうか。

■ストーリー
201X年、オリンピックが間近に迫ったネオTOKYO。大学進学はせず、魔法を使える学校に進学した本丸達。魔法の国に帰っていたタルるートを再召喚した本丸は、昔と変わらず楽しく過ごしていた。

ある日、KO学生である原子(はらこ)力(つとむ)が転入してきた。原子はクラス全員を自らが運営する原子ホールディングス子会社HDS(Harako Destiny Studio)へ招待する。

そこにはVRグラスを掛け全身タイツの原子が待っていた。原子は本丸との本当の決着をつ けるために、VR空間での戦いを仕掛けてきたのだ…。



YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=6t5QROm7pt0
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

その他 アクセスランキング

  1. 「タッチ我慢スターター」欲望を刺激し過ぎて“おっぱい修理中”に…詫びパイとして“GカップからIカップに膨乳”

    「タッチ我慢スターター」欲望を刺激し過ぎて“おっぱい修理中”に…詫びパイとして“GカップからIカップに膨乳”

  2. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

    このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

  3. 『マインクラフト』を通して、親子でプログラミングが学べる書籍が登場! 「気軽に楽しく」がキーワード

    『マインクラフト』を通して、親子でプログラミングが学べる書籍が登場! 「気軽に楽しく」がキーワード

  4. 【週刊インサイド】任天堂と「マリカー」の訴訟問題が話題に…『ポケモンGO』や「タッチ我慢スターター」など多彩な記事が賑わう

  5. ゲームフリークの増田順一も登壇するトークライブを開催…ゲームプログラマー学科体験説明会の一環として

  6. 人類、おっぱいの誘惑に敗北か!? パイタッチは800万回を超え、D3P新作発表は100日以上先に…アクセス過多で接続も困難

  7. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  8. 『ファイプロ』復活か!? スパチュンが「謎のサイト」オープン

  9. 【昨日のまとめ】PSVRが再販するも売り切れに、『ゼルダの伝説 BoW』海外ゲーム映像が続々と、「AbemaTV」が女の子が活躍するアニメを一挙7作品配信…など(2/25)

  10. 【新企画】「インサイドちゃんのゲーマー人生相談」―ログボの呪いに悩むゲーマー

アクセスランキングをもっと見る