人生にゲームをプラスするメディア

『ロードス島戦記オンライン』1月29日よりCBT実施! インサイド読者枠も用意、参加特典は「ぷちでぃーど」

ソーシャル・オンラインゲーム PCゲーム

『ロードス島戦記オンライン』1月29日よりCBT実施! インサイド読者枠も用意、参加特典は「ぷちでぃーど」
  • 『ロードス島戦記オンライン』1月29日よりCBT実施! インサイド読者枠も用意、参加特典は「ぷちでぃーど」
  • 『ロードス島戦記オンライン』1月29日よりCBT実施! インサイド読者枠も用意、参加特典は「ぷちでぃーど」
  • 『ロードス島戦記オンライン』1月29日よりCBT実施! インサイド読者枠も用意、参加特典は「ぷちでぃーど」
ゲームオンは本日1月14日より、ネオクラシックMMORPG『ロードス島戦記オンライン』のプレミアムクローズドベータテストの募集を開始しました。

累計発行部数1,000万部におよぶファンタジー小説「ロードス島戦記」をベースとする、壮大なMMORPG『ロードス島戦記オンライン』。より多くの方がゲームの中で「ロードス島戦記」の世界を楽しめるよう、必要動作環境の敷居が低く設定されているのも嬉しいポイントのひとつ。

もちろんゲーム内容も魅力に溢れており、「ロードス島戦記」で活躍したパーンやディードリットなどお馴染みのメンバーが本作に登場するのはもちろん、共に旅をする7番目の冒険者として、呪われた島「ロードス」の冒険を楽しむことができます。


本作を遊ぶ日を心待ちにしていた方も多いことと思いますが、このたび一足早く体験できる「プレミアムクローズドβテスト」の参加者募集の受付が開始されました。このテストは、負荷テスト及び不具合の発見、調整などを目的としており、参加者にはプレイ内容に応じて「バディ: ぷちでぃーど(鎧)」や「キャラクター名引き継ぎ」といった、オープンサービス時に利用できるゲーム内特典が用意されています。

募集枠は10,000名を予定していますが、インサイド読者向けとして300名分を用意していただきました。本作に興味がある方や原作ファンの人は、まずクローズドβテストでその魅力の一端に触れてみてはいかがでしょうか。

【プレミアムクローズドベータテスト概要】
■募集期間:2016年1月14日(木)~1月25日(月)午前10:00
■募集人数:10,000名
■当選者発表:2016年1月27日(水)
■クライアント先行ダウンロード:2016年1月27日(水)15:00~
■応募詳細http://www.lodossonline.jp/cbt_applicants
■実施期間:2016年1月29日(金)17:00~2月1日(月)正午
※メンテナンスなどで予告なくサーバーを停止する場合がございます

■インサイド枠:300名
■募集URLhttp://www.lodossonline.jp/landing?joinchannel=08-30-118001

■参加特典1:「バディ: ぷちでぃーど(鎧)」

かわいらしい小さなディードが、プレイヤーの後をついてきます。プレミアムCβT実施中に、キャラクターLv15達成でプレゼント。

※プレゼントは今後のオープンサービス以降となります。
※開発中のため、サイズなどが変更になる場合もございます。

■参加特典2:「キャラクター名引き継ぎ」
プレミアムCβT実施中にキャラクターLv12達成で、「オープンサービス」時にキャラクター名を引き継ぐことができます。


(C)水野良・グループSNE  発行:株式会社KADOKAWA
(C)GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved. Developed by L&K Logic Korea Co., Ltd.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソーシャル・オンラインゲーム アクセスランキング

  1. MMO『ツリーオブセイヴァー』OBTは8月24日から! 7次職など新たな追加要素も公開

    MMO『ツリーオブセイヴァー』OBTは8月24日から! 7次職など新たな追加要素も公開

  2. 【特集】夏休み!家から一歩も出ずに旅行気分になれるSteamゲーム10選

    【特集】夏休み!家から一歩も出ずに旅行気分になれるSteamゲーム10選

  3. 『FE』を手がけた加賀昭三のフリーゲーム『ヴェスタリアサーガI』が9月21日公開

  4. 話題の『ヤンデレシミュレーター』をやってみた…物理的にライバルを排除する恋愛ACT

  5. 『RPGツクール MV』では近未来・SF・現代・軍事・ホラーの素材を収録!点数は200%以上増量

  6. Windows PC版『STEINS;GATE 0』DMM.comにて独占配信開始!

  7. 【特集】注目作『ツリーオブセイヴァー』ネクソンが運営する懸念と、ネクソンだからできる運営。キーマンが語る運営方針とは

アクセスランキングをもっと見る

page top