人生にゲームをプラスするメディア

ゲーマーが選ぶ「VRで体験してみたい作品」…『マイクラ』『P.T.』『閃乱カグラ』など

ゲームビジネス VR

ゲーマーが選ぶ「VRで体験してみたい作品」…『マイクラ』『P.T.』『閃乱カグラ』など
  • ゲーマーが選ぶ「VRで体験してみたい作品」…『マイクラ』『P.T.』『閃乱カグラ』など
  • ゲーマーが選ぶ「VRで体験してみたい作品」…『マイクラ』『P.T.』『閃乱カグラ』など
  • ゲーマーが選ぶ「VRで体験してみたい作品」…『マイクラ』『P.T.』『閃乱カグラ』など
  • ゲーマーが選ぶ「VRで体験してみたい作品」…『マイクラ』『P.T.』『閃乱カグラ』など
  • ゲーマーが選ぶ「VRで体験してみたい作品」…『マイクラ』『P.T.』『閃乱カグラ』など
  • ゲーマーが選ぶ「VRで体験してみたい作品」…『マイクラ』『P.T.』『閃乱カグラ』など
1月7日に「Oculus Rift」が予約受付をスタートして以来、注目を集め続けているVRデバイス。先日には「PlayStation VR」「HTC Vive」の価格設定にフォーカスした海外ユーザーの反応をお届けしましたが、今回は「What's your '[game] VR Edition' dream announcement?(どんなゲームのVRエディションが発表されて欲しい?)」をご紹介。海外ゲーマーが選ぶ人気作品のVR版プレイフィールも想像しつつご覧ください。


既にVR対応がアナウンスされている大作もちらほら見られるものの、やはり外せないのは『Minecraft』や『Half-Life 2』などの超大作。名立たる人気シリーズの中で、「外部アクセサリー付きで『遊戯王』」「すぐ目の前で戦いが展開する『Total War: Warhammer』」といった意外なタイトルも挙げられていました。FPSを始めとするアクションジャンルでのデモンストレーションが眼につきやすいVRデバイスですが、アナログゲームのように遊んだり、「すべてのカードがアニメーション付きで攻撃してくれたら最高!」とアニメ作品を再現するような体験も求められていました。


また、見応えある世界観が魅力的な『メトロイドプライム』、アドベンチャーゲームの金字塔『Myst』などを求めるユーザーも。情緒溢れる景色をのんびり歩ける『ぼくのなつやすみ』や『Everybody's Gone to the Rapture -幸福な消失-』のような“散策ゲー”を期待するゲーマーも散見されました。


その他国産タイトルを望むゲーマーからは「『ペルソナ』の1~3を熱烈希望!コミュニティーを進めたり街やダンジョンを回りたい」「VR版『ドラゴンクエスト』は最高のものになるでしょう。田舎町を歩いて、美しい音楽や自然に耳を傾ける……ターンベース戦闘もきっと楽しくなる」といったコメントも。その他には『P.T.』「小島秀夫とSonyの新作」に加え、「ガンダム」を自在に操作するシミュレーターや『閃乱カグラ』など、夢と希望が直に伝わる声も寄せられていました。現段階では多くのユーザーにとって未知数なVRデバイスの力ですが、ゲーム業界に広く普及すれば、想像を超えるような体験が生み出されるかもしれません。

記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「Zwei」(ツヴァイ)を発表したTango Gameworks、三上真司氏に聞く新作やZeniMaxとのゲーム作り

    「Zwei」(ツヴァイ)を発表したTango Gameworks、三上真司氏に聞く新作やZeniMaxとのゲーム作り

  2. 【レポート】紳士ゲー『ぎゃる☆がんVR』ついにお披露目!窓に挟まった美少女を後ろから覗いてみた

    【レポート】紳士ゲー『ぎゃる☆がんVR』ついにお披露目!窓に挟まった美少女を後ろから覗いてみた

  3. Nintendo Switchは鏡。見る人の心を写し出す【オールゲームニッポン】

    Nintendo Switchは鏡。見る人の心を写し出す【オールゲームニッポン】

  4. 金正男、トランプ移民施策… 話題の陰でプチ進化するゲーム業界【オールゲームニッポン】

  5. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  6. PSVR『クーロンズゲートVR』始動! あの「九龍城」が蘇る

  7. プレイステーションVSセガサターン 「次世代ゲーム機戦争」がゲーム産業を加速させた(2)

  8. セガサミー、『PSO2』好調維持『艦これアーケード』堅調で大幅増益―3Q決算

  9. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  10. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

アクセスランキングをもっと見る