人生にゲームをプラスするメディア

【日々気まぐレポ】第131回 渋い魅力が満載!「モビルワーカー マッシュ機」で遊んでみた

その他 玩具

【日々気まぐレポ】第131回 渋い魅力が満載!「モビルワーカー マッシュ機」で遊んでみた
  • 【日々気まぐレポ】第131回 渋い魅力が満載!「モビルワーカー マッシュ機」で遊んでみた
  • 【日々気まぐレポ】第131回 渋い魅力が満載!「モビルワーカー マッシュ機」で遊んでみた
  • 【日々気まぐレポ】第131回 渋い魅力が満載!「モビルワーカー マッシュ機」で遊んでみた
  • 【日々気まぐレポ】第131回 渋い魅力が満載!「モビルワーカー マッシュ機」で遊んでみた
  • 【日々気まぐレポ】第131回 渋い魅力が満載!「モビルワーカー マッシュ機」で遊んでみた
  • 【日々気まぐレポ】第131回 渋い魅力が満載!「モビルワーカー マッシュ機」で遊んでみた
インサイドを御覧の皆様、こんにちは。ライターひびきによる週間連載「日々気まぐレポ」、第131回目でございます。

気づけば新年、いやぁ早いものですね。昨年中に第100回を超えた本連載も、このたび無事2016年を迎えることができました。これも偏に読者の皆様の応援あったればこそでございます。どうぞ本年もよろしくお願い致します。

さて新年一発目にご紹介しますは、昨年にバンダイより発売されました「HG GUNDAM THE ORIGIN モビルワーカーMW-01 01式後期型(マッシュ機)」。こちらは、現在第2話まで公開中のアニメ「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」に登場するモビルワーカーのガンプラです。

ガンダムシリーズではよく目にする「モビルワーカー」という機体カテゴリ。その多くは人型の兵器「モビルスーツ」に一歩及ばない戦力、ヤラレ役などとして描かれることが多く、現在テレビ放送中の「鉄血のオルフェンズ」でも歩兵戦闘車のようなマシンとして度々登場しています。

一方で「モビルスーツ」がまだ登場する以前の物語を描いている「THE ORIGIN」では、モビルスーツの始祖としてのモビルワーカーが登場。そのスタイルは、さながら手と足の生えた重機といった様相で、歪な人型ながら「ザク」の血筋を匂わせるデザインが特徴となっています。



HGシリーズのガンプラとしては、「THE ORIGIN」第2話「哀しみのアルテイシア」劇中に登場する後期型のモビルワーカーのうち、マッシュの搭乗機が一般発売。マッシュ機は、いかにも作業マシンといったオレンジ色の機体色が特徴で、各部に配置されたウィンチやライトがより建機感を引き立てています。

ランナーはPCを合わせて全10枚。比較的各パーツが大きめで、見た目ほど部品点数が多くなく組みやすいキットとなっています。ほぼすべてがPS樹脂製ですが、D2ランナーのみ合成ゴム製のランナーで、脚部および背部核融合炉と本体に接続されているパイプがリアルに表現されています。




可動も優秀で、肩部・股関節に引き出し式の関節を採用。脚部もゴム製動力パイプが柔軟に追従し、そのずんぐりむっくりな見た目に反してかなり大胆なアクションもとらせることができます。

武装としては建機を思わせる右腕の巨大クロ―と、左腕に保持する大型のシールドがあるのみで、携行火器などはありません。付属品もシールド保持用の替え手首が一つのみと非常にシンプルです。なお、両腕部のユニットは固定用の爪を外すことにより着脱が可能で、同シリーズの「プロトタイプ グフ」の腕部と互換性があります。組み合わせることによってプレイバリューがかなり広がるので余裕があれば是非揃えたい所です。



「HG THE ORIGIN」ではその原作の性質上、「HGUC」シリーズではあまり展開されてこなかった試作機などが多く発売されていますが、中でも初期型ガンタンクや今回のモビルワーカーのようなモビルスーツ以外のマシンの立体化に恵まれています。スタイリッシュかつヒロイックにまとまった機体もいいですが、無骨な見た目ながら物語を引き立てる重要な役割を担っているそれ以外のマシンにも是非注目してみてください。きっとモビルスーツにはない、渋い魅力を発見することができますよ。



「HG GUNDAM THE ORIGIN モビルワーカーMW-01 01式後期型(マッシュ機)」は発売中。価格は1,944円(税込)です。

(C)創通エージェンシー・サンライズ



■筆者紹介:ひびき
関西在住のゲームやアニメが大好きな駆け出しひきこもり系ライター。そのシーズンに放送されているアニメはすべて視聴する暇人。ゲームのプレイは基本的にまったりじっくり足が遅い方。2012年からINSIDEにてライター活動を開始。お仕事はTwitterにて随時受付中。




Twitter:@hibiki_magurepo
《ひびき》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 「タッチ我慢スターター」欲望を刺激し過ぎて“おっぱい修理中”に…詫びパイとして“GカップからIカップに膨乳”

    「タッチ我慢スターター」欲望を刺激し過ぎて“おっぱい修理中”に…詫びパイとして“GカップからIカップに膨乳”

  2. 世界初の体感型音楽アトラクション「バハムートディスコ」今夏オープン! “450度”の映像空間を構築

    世界初の体感型音楽アトラクション「バハムートディスコ」今夏オープン! “450度”の映像空間を構築

  3. 『Fallout 4』デザインのショットグラスが登場、「ヌカコーラ」や「Vault-Boy」デザインがセットに

    『Fallout 4』デザインのショットグラスが登場、「ヌカコーラ」や「Vault-Boy」デザインがセットに

  4. 『マインクラフト』を通して、親子でプログラミングが学べる書籍が登場! 「気軽に楽しく」がキーワード

  5. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  6. 『にゃんこ大戦争』のポノスがEスポーツ事業を始動、ゲーマー社員も積極採用へ

  7. ゲームフリークの増田順一も登壇するトークライブを開催…ゲームプログラマー学科体験説明会の一環として

  8. 【特集】お手軽にファンタジーな地図を作れるサイトがすごい

  9. 【週刊インサイド】任天堂と「マリカー」の訴訟問題が話題に…『ポケモンGO』や「タッチ我慢スターター」など多彩な記事が賑わう

  10. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

アクセスランキングをもっと見る