人生にゲームをプラスするメディア

レゴの学校向け教育ロボットキット「WeDo 2.0」とは

その他 玩具

レゴ・エデュケーションのブース
  • レゴ・エデュケーションのブース
  • ブース前に展示されていた巨大レゴ
  • 実際の「WeDo 2.0」。5秒間前進するプログラミングが組まれたもの
  • ロボットキット
  • レゴロボット達
  • レゴロボットと学習アプリ
1月6日から9日までラスベガスで開催されたCESにて、デンマークのトイ企業レゴが新たな学校向け教育ロボットキット「WeDo 2.0」を展示していました。

「WeDo 2.0」は、近年重要視されてる「S.T.E.M(サイエンス・テクノロジ・エンジニアリング・数学)」の教育を目的とした学習トイで、楽しみながらロボット工学やプログラミング、無線技術を学べるというもの。従来のレゴブロックに加え、「Bluetooth 4.0」を使用した無線や加速度センサー、モーターを組み合わせることが可能で、専用アプリを使ってプログラミングするのだそうです。

ロボットキットをプログラムできる「WeDo 2.0」学習用アプリは、Windows、Mac、iOS、Androidですでに公開されており、日本語化もされています。CES会場の担当者によると、日本の教育機関へのプロモーションはすでに展開しており、反応も帰ってきているとのこと。

レゴを利用した創造性や英語学習を目的とした教育プログラムは、すでに三重県や神奈川県の一部の学校で実施されていますが、今後「STEM」分野でも大きく注目を集めそうです。
《Daisuke Sato》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. FC『パックマン』カセットにそっくりなモバイル充電器が登場、パッケージ・価格も本格再現!

    FC『パックマン』カセットにそっくりなモバイル充電器が登場、パッケージ・価格も本格再現!

  2. 【昨日のまとめ】『ポケモンGO』最新アプデ情報が公開、『スーパーマリオラン』無料で遊べる範囲が増加、『Bloodstained』Wii U版がキャンセル―スイッチへと開発移行…など(3/22)

    【昨日のまとめ】『ポケモンGO』最新アプデ情報が公開、『スーパーマリオラン』無料で遊べる範囲が増加、『Bloodstained』Wii U版がキャンセル―スイッチへと開発移行…など(3/22)

  3. 『ポケモンGO』や「君の名は。」選ばれる―第20回文化庁メデイア芸術祭受賞作品発表

    『ポケモンGO』や「君の名は。」選ばれる―第20回文化庁メデイア芸術祭受賞作品発表

  4. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  5. 「けものフレンズ」最終回に備える、一挙振り返り放送を実施─ニコニコ生放送にて3月25日に

  6. 『ニーア オートマタ』3枚組のサントラCD発売! 初回先着特典は“秘密の音源”

  7. 「すーぱーそに子 10th Anniversary Book」発売を記念するイラスト展を開催! 高精細出力の複製イラスト30点を掲示

  8. 「このすば」2期最終回にてゲーム化が明らかに!タイトルは『この素晴らしい世界に祝福を! -この欲深いゲームに審判を!-』

  9. 「ガルパン劇場版」秋山殿が制服Verでfigmaに!敬礼が似合う「ドヤ顔」やあの「信号ラッパ」も

  10. 映画「シン・ゴジラ」のクライマックスを再現したソフビフィギュアが登場! 異なる形態を表現する3体セットも

アクセスランキングをもっと見る