人生にゲームをプラスするメディア

『牢獄の悪夢』開発者が「人狼ゲーム」を商標登録、目的は「誰でも自由に使えるようにするため」

その他 全般

『牢獄の悪夢』開発者が「人狼ゲーム」を商標登録、目的は「誰でも自由に使えるようにするため」
  • 『牢獄の悪夢』開発者が「人狼ゲーム」を商標登録、目的は「誰でも自由に使えるようにするため」
今や、様々な形で広がりを見せている“人狼ゲーム”。会話主体で楽しむテーブルプレイ形式のみならず、カードゲームやアプリでも遊べるようになり、また“人狼ゲーム”をテーマとした演劇や小説なども展開しています。

ひとつのカテゴリーとして確立している向きもある“人狼ゲーム”ですが、この名称を鈴木カズヒサ氏が商標登録したことが、本人のTwitterアカウントでの報告によって明らかとなりました。


商標登録した理由に関して鈴木氏は、「“人狼ゲーム”という言葉を誰でも自由に使えるようにしようと思って」と説明。また、請求権などを行使する意志はないことも明かしています。

iOSアプリ『人狼ゲーム~牢獄の悪夢~」や小説「人狼ゲーム~人事の悪夢~」といった作品を手がけている鈴木氏。“人狼ゲーム”の世界に関わる人間のひとりだからこそ、よりよい環境作りのため、今回の行動に踏み切ったのかもしれません。
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「タッチ我慢スターター」欲望を刺激し過ぎて“おっぱい修理中”に…詫びパイとして“GカップからIカップに膨乳”

    「タッチ我慢スターター」欲望を刺激し過ぎて“おっぱい修理中”に…詫びパイとして“GカップからIカップに膨乳”

  2. 『Fallout 4』デザインのショットグラスが登場、「ヌカコーラ」や「Vault-Boy」デザインがセットに

    『Fallout 4』デザインのショットグラスが登場、「ヌカコーラ」や「Vault-Boy」デザインがセットに

  3. 世界初の体感型音楽アトラクション「バハムートディスコ」今夏オープン! “450度”の映像空間を構築

    世界初の体感型音楽アトラクション「バハムートディスコ」今夏オープン! “450度”の映像空間を構築

  4. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  5. 【週刊インサイド】任天堂と「マリカー」の訴訟問題が話題に…『ポケモンGO』や「タッチ我慢スターター」など多彩な記事が賑わう

  6. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

  7. 『マインクラフト』を通して、親子でプログラミングが学べる書籍が登場! 「気軽に楽しく」がキーワード

  8. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  9. 『にゃんこ大戦争』のポノスがEスポーツ事業を始動、ゲーマー社員も積極採用へ

  10. 【特集】お手軽にファンタジーな地図を作れるサイトがすごい

アクセスランキングをもっと見る