人生にゲームをプラスするメディア

App Storeに『マインクラフト』続編名乗る偽アプリ出現、相当数のユーザーが誤って購入

モバイル・スマートフォン iPhone

App Storeに『マインクラフト』続編名乗る偽アプリ出現、相当数のユーザーが誤って購入
  • App Storeに『マインクラフト』続編名乗る偽アプリ出現、相当数のユーザーが誤って購入
  • App Storeに『マインクラフト』続編名乗る偽アプリ出現、相当数のユーザーが誤って購入
Mojangが開発したボクセルベースのサンドボックス『Minecraft(マインクラフト)』。多数のプラットフォームでリリースされ、人気を博している本作ですが、iOS版の『Minecraft: Pocket Edition』の続編を騙る偽アプリが海外App Storeにて配信されていたことが分かりました。



偽アプリのタイトル名は『Minecraft: Pocket Edition 2』。開発者の名前には『The Five Night's at Freddy's』の開発者Scott Cawthon氏と誤認させることが目的なのか、Scott Cawtho"r"nの名前で登録されている他、Mojang ABのクレジットも書かれています。

海外メディアEurogamerの報告によると、偽アプリのApp Storeの概要には『Minecraft』の続編らしきことが書かれており、スクリーンショットも本物が使われていますが、実際のアプリの中身は『Minecraft』と欠片の関係性も無いトップダウンスワイプゲームだったとのこと。一時は北米のApp Storeチャートで4位にランクインしており、相当数の被害者がいると考えられます。Scott Cawtho"r"nを名乗る人物は、この他にも『Five Night at Freddy's - All in One Edition』など、存在しないはずのタイトルをApp Storeで販売しているようです。


偽アプリのストア画面「By Scott Cawtho"r"n」と書かれている

この件についてEurogamerがMojangに問い合わせた所、既に著作権と商標権侵害としてアプリの削除申請を行ったとのこと。筆者が確認した所、午前2時45分頃に『Minecraft: Pocket Edition 2』を含む、Scott Cawtho"r"nの配信タイトルが削除されたことを確認しました。

配信アプリの認定システム有しているApp Store。近年では詐欺まがいのアプリも確認されており、その安全性が脅かされつつあります。今回の偽アプリは国内で配信されることはありませんでしたが、こうした隙を突くアプリに騙されないよう注意する必要がありそうです。

記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』アカウント停止の基準が明らかに…該当ユーザーのBAN解除も

    『ポケモンGO』アカウント停止の基準が明らかに…該当ユーザーのBAN解除も

  2. スクエニ、新作アプリ『アカシックリコード』を発表…TGSにてスペシャル生放送を実施

    スクエニ、新作アプリ『アカシックリコード』を発表…TGSにてスペシャル生放送を実施

  3. 立体のパックマンを見て眼のストレッチ!スマホ向け『EYERESH』2016年秋配信

    立体のパックマンを見て眼のストレッチ!スマホ向け『EYERESH』2016年秋配信

  4. 正式発表前なのに!?iPhone 7用ケースがSpigenより発売

  5. 海外ユーザーが『ポケモンGO』をドリキャス「ビジュアルメモリ」に強引移植中

  6. 『Fate/GO』リリース400日突破キャンペーンが9月1日から開催、「呼符」や「叡智の猛火」が配布

  7. 『FFXV』のミニゲーム『ジャスモン』が配信開始!ノクティスたちも遊んでる爽快ピンボール

  8. 【プレイレポ】ガラス越しの体感恋愛ADV『囚われのパルマ』をプレイ!ハルトとの絶妙な距離感に胸キュン♡

  9. フランスで『ポケモンGO』のポケモンを学校から排除するよう大臣が要請

  10. 『グラブル』×『LORD of VERMILION Re:3』コラボ決定!ミリアが登場、詳細は後日

アクセスランキングをもっと見る

page top