人生にゲームをプラスするメディア

App Storeに『マインクラフト』続編名乗る偽アプリ出現、相当数のユーザーが誤って購入

モバイル・スマートフォン iPhone

App Storeに『マインクラフト』続編名乗る偽アプリ出現、相当数のユーザーが誤って購入
  • App Storeに『マインクラフト』続編名乗る偽アプリ出現、相当数のユーザーが誤って購入
  • App Storeに『マインクラフト』続編名乗る偽アプリ出現、相当数のユーザーが誤って購入
Mojangが開発したボクセルベースのサンドボックス『Minecraft(マインクラフト)』。多数のプラットフォームでリリースされ、人気を博している本作ですが、iOS版の『Minecraft: Pocket Edition』の続編を騙る偽アプリが海外App Storeにて配信されていたことが分かりました。



偽アプリのタイトル名は『Minecraft: Pocket Edition 2』。開発者の名前には『The Five Night's at Freddy's』の開発者Scott Cawthon氏と誤認させることが目的なのか、Scott Cawtho"r"nの名前で登録されている他、Mojang ABのクレジットも書かれています。

海外メディアEurogamerの報告によると、偽アプリのApp Storeの概要には『Minecraft』の続編らしきことが書かれており、スクリーンショットも本物が使われていますが、実際のアプリの中身は『Minecraft』と欠片の関係性も無いトップダウンスワイプゲームだったとのこと。一時は北米のApp Storeチャートで4位にランクインしており、相当数の被害者がいると考えられます。Scott Cawtho"r"nを名乗る人物は、この他にも『Five Night at Freddy's - All in One Edition』など、存在しないはずのタイトルをApp Storeで販売しているようです。


偽アプリのストア画面「By Scott Cawtho"r"n」と書かれている

この件についてEurogamerがMojangに問い合わせた所、既に著作権と商標権侵害としてアプリの削除申請を行ったとのこと。筆者が確認した所、午前2時45分頃に『Minecraft: Pocket Edition 2』を含む、Scott Cawtho"r"nの配信タイトルが削除されたことを確認しました。

配信アプリの認定システム有しているApp Store。近年では詐欺まがいのアプリも確認されており、その安全性が脅かされつつあります。今回の偽アプリは国内で配信されることはありませんでしたが、こうした隙を突くアプリに騙されないよう注意する必要がありそうです。

記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』2月27日より特別なピカチュウが期間限定で出現!―『ポケモン 赤・緑』生誕21周年を記念して

    『ポケモンGO』2月27日より特別なピカチュウが期間限定で出現!―『ポケモン 赤・緑』生誕21周年を記念して

  2. 『ポケモンGO』進化後ポケモン捕獲時にもらえるアメが増え、新たな音楽も! 配信中の最新アップデート続報

    『ポケモンGO』進化後ポケモン捕獲時にもらえるアメが増え、新たな音楽も! 配信中の最新アップデート続報

  3. 『ファイアーエムブレム ヒーローズ』3月中旬のアップデートで「スキル継承」機能を追加! 育成が更に幅広い形に

    『ファイアーエムブレム ヒーローズ』3月中旬のアップデートで「スキル継承」機能を追加! 育成が更に幅広い形に

  4. 『チェインクロニクル3』公式ニコ生「チェンクロ 2017 春の陣」開催…『アトリエ』コラボ復刻イベントも開催

  5. 『陰陽師』アクセスリクエストに対するユーザーの不安視により規約を改定、個人情報は取得しないとも発表

  6. 『オルタンシア・サーガ』800万DL突破! 最大50個の聖王石がもらえるキャンペーンを開催

  7. アプリ版『けものフレンズ』12月14日にサービス終了…TVアニメの放送を待たずに幕

  8. 【特集】ゴブリン転生RPG『リ・モンスター』で最弱から成り上がれ!魅力を総まとめ

  9. 『陰陽師』式神を入手する新たな方法「百鬼夜行」に迫る! 井澤詩織や桑島法子らが演じる新キャラもお披露目

  10. 『ポケモンGO』公認「ふくしまDEぶらり観光MAP」が公開―賀川市のポケストップ・ジムの場所が記載!

アクセスランキングをもっと見る